旬のスポーツサンダル、大人はモノトーンを選べ!

旬のスポーツサンダル、大人はモノトーンを選べ!

スポーツミックススタイルの全盛を迎えた今シーズン。足元のチョイスはやっぱりスポーツサンダル。子どもっぽくならないよう、色はシックなブラックがおすすめです。

CANADA

2015.07.27

サンダル
スポーツサンダル

モノトーンを選ぶべき理由

主にスポーツブランドやアウトドアブランドからリリースされているので、どうしても蛍光色や総柄などを使いがち。それをチョイスしてしまうと夏休みの学生と同じに見えてしまうので、シンプルなモノトーンを選ぶことが逆に大人アピールになるのだ。

どういう形を選ぶといい?

スポーツサンダル数あれど、今年一押しなのはアンクルストラップの付いたタイプ。ストラップがあることでカジュアルな中にもきちんと感を出せるだけでなく、旬のソックス×サンダルコーデもおしゃれに組み合わせることが可能だ。

モノトーンのスポサン5選

Item1『ボイコット』

『ボイコット』

MAGASEEKMAGASEEK

お気に入り追加

甲、足首、かかとの3点をベルクロでしっかりとホールド。素足感覚を保ちながら適度なクッションを持っているので、アクティブな動きにも対応できます。

Item2『TK』

『TK』

MAGASEEKMAGASEEK

お気に入り追加

底がフラットなので履きやすく歩きやすいのがポイントで、長時間履いても疲れにくい仕組みに。素足で履くのはもちろん、より今年っぽく履きたいのなら、ソックス合わせでもGOOD。

Item3『スイコック』

『スイコック』

MOONLOIDMOONLOID

お気に入り追加

アッパーは耐久性に優れた調節可能なナイロンストラップを使用。ビブラムアウトソールで衝撃吸収に優れ、さらに、人間工学的に成形されたクッションフットベッドで非常に快適な履き心地を実現している。

Item4『ベース コントロール』

『ベース コントロール』

MAGASEEKMAGASEEK

お気に入り追加

コーデュラナイロンを使用しているので、タウンユースはもちろん、足場の悪いアウトドアシーンでもしっかり活躍してくれる。シンプルなデザインなので、どんなコーデにも取り入れやすいのも◎。

Item5『チャコ』

『チャコ』

HighballHighball

お気に入り追加

滑りにくいラバーを使用したチャコエクスクルーシブデザインのビブラムアウトソールが特徴。いかなるコンディションでも一定のフィット感を維持するストラップは、速乾性が高いのもうれしいポイントだ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

    ザ・ノース・フェイスのマウンテンパーカーが、大人に愛される3つの理由

    『ザ・ノース・フェイス』のマウンテンパーカーといえば、外遊びのみならず街でも使える最強アイテム。魅力や注目作、着こなしから大人に愛される理由を読み解きます。

    山崎 サトシ

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    気温25度の日は、どんなコーデで何を着る? 服装選びのハウツー

    コーディネートの大きな指針となるのがその日の気温。では、25度の日はどんな服を選べば良いのか。メインとなるアイテムを提案しつつ、実例とともに着こなしを解説します!

    平 格彦

    BACK