インテリアにもなるデザイン扇風機

インテリアにもなるデザイン扇風機

扇風機は欲しいけど、部屋の景観を壊すのが嫌…。心配ご無用! 景観を壊すどころか、部屋のイメージをぐんとアップしてくれるおしゃれな扇風機が続々登場しています!

CANADA

2015.07.23

電化製品

扇風機選びのポイントをおさらい

Point1音が静かかどうか

音が静かかどうか

扇風機選びで音を重視する人も多いと思いますが、安い扇風機(ACモーター搭載の機種)は基本的にはうるさい。反対に高い扇風機(DCモーター搭載の機種)は非常に音が静かです。

Point2風がなめらかかどうか

風がなめらかかどうか

基本的に羽の数が多くなればなるほど、より自然ななめらかな風が作れます。安い扇風機は4枚羽が主流ですが、高い扇風機になると7枚羽のモデルが多くなってきます。

Point3省エネ性能

省エネ性能

値段の安いACモーター搭載扇風機に比べ、値段の高いDCモーター搭載扇風機のほうが節電効果は高い。ただし、月々の電気代の差は数百円適度なので、それぞれの使い方に合ったほうを選択しましょう。

Point4旬のデザイン

旬のデザイン

従来の形の扇風機は収納に困る…、という声に応えた、スリム&スタイリッシュなモデルがトレンド。デザイン性と性能を両立する製品が増えているんです。

以上をふまえ、最旬デザイン扇風機をチェック!

Item1mood タワーファン

快適と省エネを当時に実現する「DCモーター」を搭載。一般的なタワーファンの筒状のデザインとは違い、独特なくびれがスタイリッシュ。そのデザイン性の高さから、狭い部屋でも置き場所に困らないコンパクトで優れた扇風機です。

Item2Mercury ボックスファン

ポップな四角フォルムでコンパクトで、お手ごろプライス! メインの冷房にはちょっと力不足ではありますが、置く場所を選ばないスリム設計で、ちょこっと使いに活躍します。小型なので棚などに置いて空気を循環させ冷暖房の効率を上げるサーキュレーターとして使ったり、窓際に置いて換気扇としてもお使い頂けます!

Item3HUGOGATE ポータブルツインファン

6インチポータブルツインファンは、用途やシーンに合わせて電源をACアダプターと乾電池の2つから選択が可能。夏のアウトドアや、急な停電、災害などの緊急時にも快適な空調コントロールができます。

Item4プラスマイナスゼロ テーブルファン

持ち運び便利なコンパクトサイズながら、羽根径30cmなので風量はしっかり確保。微風も選べる4段階の風量調節とリズム風を搭載し、ON/OFFタイマー設定でおやすみ時も快適です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

    足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

    大人の男性であればTPOはわきまえてしかるべき。衣類は考慮しがちですが、足元への注意を怠ってはいませんか? TPOにそった革靴を選べるよう、基本を押さえましょう。

    池田 やすゆき

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    レザーリュックなら、オフの着こなしもシックにキマる

    手も空いて機能的な反面少し子供っぽさもあるリュックですが、レザー製を選べば大人の日常着ともマッチ。Freeamericanidol世代に似合う上質な革リュックをレコメンドします。

    山崎 サトシ

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    3WAYビジネスバッグ20選。おすすめブランドを集めてみました

    見た目も重要だけど、やっぱりビジネスバッグは使い勝手で選びたいもの。今選ぶなら、シーンやスタイルに合わせて使い分けができる3WAYバッグが狙い目です。

    Freeamericanidol編集部

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    『ナイキ』が誇るエアマックスを、より進化させたエア ヴェイパーマックス。同ブランドらしい最新テクノロジーを掘り下げつつ、今購入できるラインアップに迫る。

    小林 大甫

    BACK