ストールは秋・冬だけじゃない! 夏には夏ストールを

ストールは秋・冬だけじゃない! 夏には夏ストールを

冬の防寒としてストールを使う人は多いけど、夏には夏のストールがあるんです! コーデのアクセントとしてはもちろん、夏でも意外と寒い冷房の効いた室内でも役立ちます。

CANADA

2015.07.16

小物
ストール

夏ストールの特徴は?

夏ストールの特徴は?

冬場のストールはカシミヤやウール、フリースなどの暖かい素材が中心ですが、夏のストールは薄手のコットンやレーヨン、シャリ感が涼しいリネン素材がメイン。素材を間違えると季節感がなく野暮ったく見えるので、素材選びは慎重に行って。

■参考: ストールの巻き方5種を覚えて、こなれた着こなしを楽しもう

色はモノトーンを揃えておくと便利!

色はモノトーンを揃えておくと便利!

暗くなりがちな冬コーデには、ポイントとなる色のストールを差したりしますが、反対に明るい色合いが多い夏コーデにはモノトーンのストールを合わせるのが正解。モノトーンカラーがコーデを引き締めてくれて、大人っぽくまとまってくれます。

厳選! 夏に使いたいストール5選

Item1『アニエスベー オム』

コットンにレーヨン素材を織り交ぜ、柔らかな肌触りを実現。2種類のチェックを組合わせているので、巻き方によっていろんなチェックの見え方をするのがポイントです。

Item2『ハイダウェイ ニコル』

レーヨン100%のさらりとした素材感がつけ心地のいい仕上がりになっているストール。さりげないアクセントとして、スタイリングにおしゃれなムードをプラスします。薄手なのでストール初心者の方でもアレンジしやすいところがポイント。

Item3『パシフィックステート』

ギンガムチェックとストライプをかけ合わせたリネン100%のストールは、巻き方によって柄の出方や表情が変わるので、さまざまなバリエーションが簡単に楽しめます。シックな色合いも大人のデイリースタイルにマッチしそう。

Item4『ブリューワー』

1892年創業の歴史あるフランスブランドのストールは、コットンとリネンを混紡し、極上の触り心地を実現。上品なグレーチェックなので、カジュアルスタイリングのアクセントとしてはもちろん、ビジネスシーンでも役立ちます。

Item5『ナノ・ユニバース』

小紋柄と民族柄の生地をコンビにした、巻き方で表情が変わるストールは、コットン100%と通気性に優れています。サラッとシンプルコーデに重ねるだけで一気にこなれ感が出るので、スタイリングの完成度も高まります。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    MA-1のすべて。今買いのブランドと真似したいコーデ術

    男の鉄板アウターとして定着したMA-1。アイテム自体はプレーンなタイプを選ぶのがセオリーですが、ディテールや選び方、コーデ術はアップデートしていきましょう。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    BACK