ニューバランス vol.5 1000番台の特徴とモデル紹介

ニューバランス vol.5 1000番台の特徴とモデル紹介

Freeamericanidolでも紹介するたびに人気の『ニューバランス』ですが、魅力をもっとお伝えしたく急遽企画。第5回は極上の履き心地とハイテクな表情が特長の1000番台をご紹介!

編集イトウ

2015.07.03

ニューバランス(NEW BALANCE)
スニーカー

M1300以来、ブランドを象徴するフラッグシップシリーズとなった1000番台

1985年に誕生した伝説のモデルM1300以来、ブランドを象徴するフラッグシップモデルが展開されてきたのが、1000番台のプロダクト群です。『ニューバランス』が誇るテクノロジーをいち早く搭載されてきたこと、そして今までにないハイテクなデザインがそれを証明しています。

すべての人に愛される、プレミアムな履き心地を提供

エンキャップやアブゾーブ、エナジーカートリッジといった『ニューバランス』が誇るテクノロジーを搭載する1000番台。比類なきクッショニングを誇るこのシリーズは、ユーザーにプレミアムな履き心地を約束。決して手ごろではないプライスながら、その理由は1度足を通せば分かるハズです。

厳選! 1000番台の『ニューバランス』スニーカー

ほかのスニーカーブランドの1足では体験できない履き心地が楽しめる1000番台は、子供には似合わない、大人のためのモデル。なかでも今日的な“上品な着崩し”が履くだけで簡単にできる、“なう”バランスな1000番台をお届けします。

Item1M1300

『ニューバランス』が展開するプロダクト群のなかでも極めて人気が高く、スニーカーフリークの的であり、唯一無二のプレミアムな履き心地とデザインを備えるM1300。登場したのは1985年。当時130ドルという驚愕のプライスで登場したもののその履き心地に中毒者続出。現在も5年ごとに復刻されては即完売の大人気モデルです。

Item2M1500

本来、先に登場するはずだったM1400より以前に登場したM1500。今作はファッション感度の高い人から支持を集めるイギリス産のシャープなフォルムが特徴。ちなみに、576や996のようなクラシックなデザインとは異なり、パーツごとに最適な素材を採用するハイテク系デザインは、1500番以降に多く見られます。

Item3M1400

サンプル生産は可能だったものの、当時の技術では製品化が難しかったM1400は、M1500の後となる1994年に登場。以来、ロングセラーを続けている名機です。M1300を継承する機能性とデザイン性を兼ね備えたアメリカ製の名品は、アッパーがメッシュのタイプから新作のオールスエードまでラインアップも豊富。

Item4M1600

1994年発売のM1600は、前モデルであるM1500を踏襲するスペック、デザインを採用。さらにTPUヒールスタビライザー搭載のインソール、衝撃吸収性、反発弾性に特化したアブゾーブをソールユニットに搭載することで、それまで以上の履き心地を実現しました。

Item5M2040

アウトソールにドレスシューズのようなステッチワークが施されるなど、重厚感たっぷりのモデル。現在の『ニューバランス』の最高峰モデルであるMR2002の後継機として登場したこのモデルは、エンキャップミッドソールに加えて、安定性を高めるカーボンファイバー、そして全面にヌバックを使用したハイエンドな1足。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK