今年のクールビズはカッタウェイシャツでスッキリ!!

今年のクールビズはカッタウェイシャツでスッキリ!!

スマートカジュアルがOKなオフィスなら、クールビズはカッタウェイカラーがイチオシ。首周りをスマートに見せて、品も添えるこのシャツの魅力と着こなしを紹介します。

平 格彦

2015.07.03

トップス
シャツ
クールビズファッション

襟先が大きく開いたカッタウェイカラーで首周りをシャープに魅せる

カッタウェイカラーとは、襟先が180度ほど開いた襟型のこと。ホリゾンタルカラーなどとも呼ばれています。首周りがもたつかないので、ノータイでもスッキリした印象にまとまるので、クールビズには持ってこいというわけです。そんなカッタウェイのシャツやポロシャツを使った着こなしサンプルを紹介します。

上のシャツのネイビー版。いずれもブルー系×白のギンガムチェックで、爽やかなムードを醸してくれます。カッタウェイならノータイで首元がゆるめられ、空気の通り路も確保。ジャケットとスラックスのセットアップに合わせても、どこかリラックスして涼し気なムードです。ネイビーを軸にしているため、爽快感が拡大。

実は上のギンガムチェックもこの無地も、イタリアの名門シャツ地メーカー『カンクリーニ』が生産した生地。リネン素材なので通気性に富み、見た目にも涼感があります。気品も感じさせるので、デニムで着くずしても大人な印象はキープ。コインローファーで適度にカジュアル感を加味しつつ、ニットを腰巻きしてアクセントに。

『ギローバー』はイタリアの名門シャツブランド。この1枚は空気を通すメッシュコットンを起用したカッタウェイカラーのシャツで、幅広い着こなしに使える逸品です。タイを締めず、デニムを合わせてもこんなにエレガント。今回はニットではなく、ナローなレザーベルトでシャープなアクセントをプラスしています。

ポロシャツは、上のシャツと同じ『ギローバー』。パイル地のポロシャツも人気を集めています。本来はカジュアルな部類の生地ですが、シャープなシルエットと上質な仕立て、台襟が高めのカッタウェイカラーなどによってONでも使える雰囲気に。ネイビーと白を組み合わせ、爽やかなイメージを強調しています。

上にならって白いパンツをセレクト。ただしトップスはブラックにして、今季らしいモノトーンでまとめています。ポロシャツは当然、カッタウェイ仕様。汗染みを防いでくれる生地を使用しているため、暑い日こそ活躍してくれる優れものです。足元は旬なスニーカーですが、全身がモノトーンならラフ過ぎる印象にはなりません。

吸水速乾、抗菌防臭機能を持つ鹿の子生地を採用したポロシャツ。カッタウェイカラーに加え、フルオープンの前開きや、襟を白で切り替えたクレリック仕様も特徴的で、爽快な個性を放っています。そこで、グレーのスラックスやスリッポンはシンプルなデザインのタイプをチョイス。ポロシャツの魅力を引き立てています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK