カッタウェイシャツが、大人のクールビズスタイルを後押しする

カッタウェイシャツが、大人のクールビズスタイルを後押しする

カッタウェイカラーって聞いたことはありますか? シャツの襟型の中でもっとも襟羽根の開き角度が大きいモノをいいます。実はこのシャツ、クールビズにぴったりなんです!

池田 やすゆき

2015.07.03

トップス
シャツ
クールビズファッション

カッタウェイシャツって、どんなシャツ?

シャツの襟はレギュラー、セミワイド、ワイドの順で開き角度が大きくなっていきます。さらに襟が180度開いているモノをホリゾンタル、さらに襟の開き角度が大きく上向いているモノをカッタウェイカラーといいます。カッタウェイカラーの剣先は鈍角。タイドアップするとノット(結び目)が収まるポケットがなく首に回したループも見えてしまうので、実はビズシーンにはちょっと不向き。7〜8cm程度の剣幅のネクタイでは不格好なのです。というのもこのシャツ、ノットを大きく結んでフォーマルに用いるスタイルから派生したモノ。なのでカッタウェイカラーのシャツには、本来フォーマル用の太幅タイでないと合わせることができないんです。

とはいえ昨今、ネクタイは細幅が主流で太幅のネクタイはあまり見かけません。そのためカッタウェイシャツは、ノータイで着るのが主流となっています。ノータイのままトップボタンを開いても、襟羽根が最初から開いているのでだらしなく左右に大きく開いてしまうことがありません。これがノータイを推奨しているクールビズに最適なんです!

シャツ1枚のクールビズが、どうにも締まらないとお思いだったビジネスマンの方、この夏はカッタウェイカラーのシャツを選んでみてはいかがでしょうか。

カッタウェイカラーなら、オンもオフも上品に装えます

剣先が切り上がっているため、襟羽根が小さいカッタウェイカラーは首元がスッキリしています。そのうえボディとのバランスから首上が小さく見えるので、小顔に見せる効果もあるんです。襟羽根が長かったり大きすぎたりといったシャツはモードっぽく見えるので、ビジネスには不向きなこともあります。ですが、小襟のシャツなら程良く控えめで好印象。とくにジャケットを着ないスタイルの場合襟羽根が遊んで横に広がることもなく、台襟が上品に立ち上がっているので品位を落とすことがありません。ビジネスに使えるのはもちろん、カジュアルに着ても上品なんです。

ファッショニスタに見る、カッタウェイシャツの取り入れ方

実際に、カッタウェイカラーのシャツを着こなしているビジネススタイルをピックアップしました。夏のスタイリングのご参考までにご覧ください。

着こなし1襟元だけでクールビズの涼やかさを演出

トップスが白シャツ1枚のクールビズも、普通の襟型では「ただジャケットを脱いでネクタイを外しただけ」の消極的なスタイル。ですが、カッタウェイカラーのシャツを着るだけで、積極的にクールビズに挑戦している印象を作れます。長袖のシャツを腕まくりするのもクールビズならでは。半袖シャツより、長袖腕まくりのほうが、たくましい腕が強調できます。

着こなし2カッタウェイシャツなら襟の立ち上がりもすっきりスマート!

こちらのカッタウェイシャツは半袖でもスマートに着られるようにシルエットもスリーブも工夫されているので、クールビズもこんなにスマート。前台襟が高いのでトップボタン1つ開けでも襟羽根が立ち上がっていることがおわかりいただけることでしょう。これがレギュラーカラーやセミワイドだと、襟羽根が長いので襟がだらしなく開いているように見えてしまいます。ノータイで着るならカッタウェイという好例ですね。

着こなし3サマージャケットへの収まり具合も良好です

カッタウェイカラーはジャケットを着たときも上品なルックスをキープ。こちらはニットジャケットを羽織っています。短く鈍角の襟羽根がラペルに収まるか心配に思われるかもしれませんが、ご覧のとおりまったく問題ありません。夏場ならニットジャケットやシアサッカー素材など、軽く羽織れるジャケットを合わせることをおすすめします。

着こなし4涼しげな印象のカッタウェイカラーはペールトーンとも好マッチ

こちらは夏らしい素材のジャケットを羽織ったコーディネート。ペールトーンでまとめているので見た目にも涼しげです。また、カッタウェイカラーの襟羽根がきれいにロールしていることがおわかりいただけるでしょう。襟羽根の長さが短くても、剣先きちんとラペルに収まるように着られるカッタウェイシャツは、出来栄えの良いシャツ。こういったシャツは、やっぱりおしゃれの先進国、イタリアのモノに多いようです。

着こなし5ニットタイのラフさが、タイドアップをこなれさせます

「カッタウェイカラーのシャツでタイドアップは難しい」と書きました。ですが、たとえばきっちりドレスアップするのではなくこんなふうにニットタイをあわせてカジュアルに着るなら“アリ”でしょう。ループの部分が見えてもラフにタイドアップしている感じになって、ジャケットスタイルも着流した雰囲気に仕上がります。カジュアルビズと同義語のクールビズ。このぐらい着くずした雰囲気でもOKな職業の方でしたら、ぜひ挑戦を。

上質かつ高品質。大人が持つべきカッタウェイシャツ5選

それでは実際に買えるカッタウェイカラーのシャツをご紹介します。インポートブランドの有名どころからセレクトショップのオリジナルまで、選べる範囲は結構広いんです。

1枚目『ビームス』

『ビームス』のオリジナルのカッタウェイシャツはリネン100%。生地はイタリアの老舗ファブリックメーカー、アルビニ社のリネン素材を使用しています。フィッティングは日本人の体型を考慮しているので細身に絞ってあり、オンからオフまで対応可能。ベーシックなカラーを選べばビジネスにも有効です。

2枚目『ビームスF』

こちらは同じ『ビームス』でも『ビームスF』のほう。よりビジネス使いしやすいドレスラインが揃っています。オンに着ることを前提にした半袖のシャツは、吸汗速乾性のあるクールマックスを織り込んでいるため夏場も快適。裾をアウトしてカジュアルに着ることもできる1枚です。

3枚目『チットラグジュアリー』×『ベレスト』

かつてイタリアの大御所ブランドのシャツファクトリーとして名を挙げた『チットラグジュアリー』と、『エディフィス』が提案するデイリーコレクション『ベレスト』とのコラボシャツ。オープンカラーのデザインをカッタウェイカラーに落とし込んだオン&オフに使いやすい1枚です。

4枚目『ニューイングランド』

ブランド名は『ニューイングランド』ですが、イタリアのブランドです。あえてホワイトではなくネイビーを選んで、シャツ1枚で過ごすことが多いクールビズを引き締めましょう。こちらも定番の麻素材。着こむほどにくったりと体になじんでいくので、夏場のローテーションに組み込むなら早めに着だして洗い込んでおくほうが良いでしょう。

5枚目『ムッシュニコル』

ボタンを2つ外しても、カッタウェイシャツなら襟羽根が開かず上品に着られることがよくわかるこちら。リネンとコットンの混紡で、夏の汗ばむ素肌にもドライなタッチで心地良くなじみます。しかもポリウレタンを混紡しているので伸縮性があり、少しぐらいタイトめに着てもストレスがなく快適です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK