この夏は、服はシンプル、アクセ盛り盛りが気分

この夏は、服はシンプル、アクセ盛り盛りが気分

今夏は例年に増して、多彩なアクセ使いがコーディネートの鍵になりそう。すると必然的に洋服はシンプルになるので、トレンドのサイズ感や色にも気を配りたいものです。

桐田 政隆

2015.06.28

夏の着こなし・コーデ

とっても着こなしが簡単で、かつ今の気分を取り入れられます

洋服は夏らしくTシャツ&ショーツのみ。またTシャツはアクセを引き立たせるため、シンプルなポケTに。そしてここ数年、あまり1stチョイスにならなかったブラックで、サイズ感はややゆとりのあるものを選ぶとストリート感があって旬です。また代わりにアクセはネックレスからバングルまで、ゴリッと盛っちゃいましょう。

Tシャツはシンプルかつ、肉厚タイプを『カーハート』 ポケットTシャツ

『A.P.C.』などのコラボでも注目を集める、『カーハート』のヨーロッパラインのポケT。Tシャツはシンプルかつ、アクセに負けないよう肉厚なタイプを選ぶのがベターです。こちらは『カーハート』らしい無骨さがありつつも、ヨーロッパらしい都会的な雰囲気が魅力。胸ポケはテンプルチラ見せのサングラス収納にも便利です。

合わせて読みたい:
タフで都会的。カーハートのウェアが大人ストリートにハマる

奇をてらわず、流行に左右されないチノショーツで『J.クルー』チノショーツ

ショーツは特に奇をてらわず、ベージュのチノショーツでOK。またチノショーツは汎用性も高いので、今年だけでなく、トレンドに左右されず使い続けることができ、一本持っておくと便利です。また特にこだわるポイントもないので、シルエットもキレイでベーシックかつリーズナブルな、『J.クルー』なんかはいかが?

夏にマストのサングラスは旬のボスリントンタイプを『オリバーピープルズ』サングラス

夏にはやはりサングラスが欠かせません。なかでも注目といえばウェリントンとボストンの良いとこどりの"ボスリントン″。ウェリントンのように掛けやすく、ボストンの知的な印象も併せ持ちます。またこの『オリバーピープルズ』のデミ柄はとてもキレイで味わい深さもあり、サングラス自体の掛けやすさもいうことなし。

今季は長めのビーズネックレスが気分ですキングマンターコイズ ヒシネックレス

シンプルな服にアクセ、その象徴的なアイテムといえるのがネックレスでしょう。ネックレスといってもいろいろありますが、今季は特に長めのビーズネックレスが気分。そして良作を見つけました。作家ものではないのですが、ナバホ族によるキングマンターコイズのヒシネックレス。しかも1万円台で買えるのも見所ですね。

アクセはゴリッと存在感抜群のバングルを『アーロン・アンダーソン』 バングル

ある意味、今回のスタイルは本作のためにあるといってもいいほど。個人的にも大好物なアーロン・アンダーソンのバングルです。トゥーファキャスト製法による質感、そして氏ならではのデザイン性、しかも上質なビズビーターコイズをセットしてあるすばらしい作品です。存在感もバッチリで、夏コーデの主役を張れます。

主張控えめかつ華奢過ぎないリングもプラス『シッピー・クレイジーホース』 シルバーリング

コチティ族の酋長で巨匠でもあるシッピー・クレイジーホースのリング。バングルの存在感が強い分、リングは細めで主張控えめがいいですが、華奢過ぎて印象が薄いのもバランスが悪い。そこで主張のバランスもよく、作品として持つべき価値もあるのがこちら。このスタンプとラインのデザインも、氏を代表するものです。

ベーシックなスニーカーを選べば着こなしがまとまる『リーボック』 ツアーエリート

足元は日本未発売の『リーボック』ツアーエリートをチョイス。単純に人とかぶらない利点もあるのですが、ベーシックで合わせやすく、ブラックアッパーにゴールドの色使いがなかなかカッコイイ。しかもトップスの黒、ショーツのベージュとほぼ色合わせになり、コーデにもまとまりが生まれるのが最大のポイントです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK