マイルドかつインパクトのあるベージュスーツが使える

マイルドかつインパクトのあるベージュスーツが使える

スーツではほとんどの人が手にしないベージュ。ただ実際には意外とマイルドかつシックな印象で取り入れやすく、周りと差をつけるならこの上ないチョイスになりますよ。

桐田 政隆

2015.06.28

アウター
スーツ

スーツはちょっと手が出ないという方は、ぜひセットアップでトライ

先日月曜のTV番組で「ベージュのスーツはヤ○ザに見える」とはやされてましたが、そんなことはありません。むしろ着こなせたらかなりおしゃれ。またマイルドでいて、ほどよくインパクトがあり、よくあるスーツスタイルに差がつくこと間違いなしです。また春夏らしい素材感の1着を選べば、よりこなれて見えます。

Item1『ラルディーニ』 3Bウォッシュド リネン ヘリンボーン スーツ

そんなベージュスタイルにピッタリなのが『ラルディーニ』のこちら。ベージュのリネン素材に洗いをかけ、ベージュ特有のソフトな表情とリラックス感が増しつつも、スーツ専業ブランドならではの構築的なシルエットを楽しめます。まさにしっかりとドレス感がありながら遊び心も感じさせる『ラルディーニ』らしい1着ですね。

これからの季節にピッタリのアンコン仕立て

仕立ては裏地や芯地などを使わないアンコン仕立て。リネン素材の生地と共に清涼感のある着心地を演出してくれます。また体に吸いつくようなフィット感と、軽く羽織るような着心地も魅力的です。

おしゃれな遊び心のあるブートニエール

フラワーホールには、ラルディーニではお馴染みのブートニエールが付属。こうした度が過ぎない遊び心のある演出も、大人っぽいおしゃれなだと思います。ただわかる人にはいかにもラルディーニ着てますって思われる場合もあり(苦笑)。でも簡単に外して着ることもできます。

Item2『バルバ』 カッタウェイシャツ(ホワイト)

ベージュスーツには、シャツは白とサックスがベース。中でもオススメは『バルバ』のクルトラインの1着。洗いをかけたカジュアルラインのダンディライフに、アイロンをかけてリラックス感とドレス感を兼ね備えた仕上がりが特徴。こちらも『ラルディーニ』のスーツにピッタリで、ストレッチ混の着心地も快適です。

Item3『バルバ』 カッタウェイシャツ(ブルー)

清廉なポプリンの白に対して、サックスはやや素材感のあるツイル素材の方がスーツにも馴染みやすいと思います。こちらも『バルバ』 クルトラインで定番にあたるブルーノ。ベーシックなホリゾンタルカラーも合わせやすく、様々なスーツスタイルにも重宝する1枚になりそうです。

Item4『フランコ バッシ』シルクニットタイ

もしOKな仕事環境なら、これからの季節はノータイでもありかも。ただタイをするなら、ネイビーのシルクニットタイの相性がいいですね。ニットのカジュアル感がスーツのヘリンボーン生地と合うし、シルクの光沢によって上品な印象も兼ね備えます。ホワイトのドットもコーデのアクセントになります。

Item5『フラテッリ ジャコメッティ』 アンライニング スエードローファー

ベージュのスーツには、ベージュと馴染みのいいブラウン系のスエードを使ったコインローファーがオススメです。春夏らしい軽快な印象も演出できつつ、この1足はアンライニングな点もポイント。アメリカブランドとはひと味違った美麗なフォルムで、コーディネートの印象もスタイリッシュにまとめてくれます。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK