まわりの視線を釘づけにする格上げ財布と便利財布

まわりの視線を釘づけにする格上げ財布と便利財布

女性との会食では、お店選びやトークなどアピールする要素は多分にある。そして、決定打となるのが会計時に取り出す財布。大人なら、一目置かれる財布はやはり必携だ。

菊地 亮

2015.06.27

財布・ケース
財布

選ぶなら、格上げにひと役買う長財布か、扱いやすくて便利なミニマム財布

身に着けるアイテムがエレガントでも、トークにユーモアがあっても、会計時、手にする財布がイケてなければそれも台なし。さり気なく小物にも気を遣う度量が、女子たちのハートを掴むのだ。ならば、気品漂う長財布、もしくはサブ使いとしても、うってつけなコンパクト財布が望ましい。

自信と風格を手にできるアイテムなら、いつまでもつきあえるロングウォレットが理想型

接待やショッピングなど、財布を懐から取り出すシーンは日常から数多くある。そこで胸を張れるアイテムであれば、概ね好印象を得られるだろう。そこで手にするなら、やはり圧倒的存在感と優美な雰囲気の長財布に限る。下手に色めかず虚栄もはらないうえ、相手からも「オッ」と思われる財布こそ大人が持つべき理想型。

Item1『ボッテガ・ヴェネタ』

1966年、イタリアのヴィチェンツェで誕生して以降、追い求めてきたもの。それは控えめな美しさ、品質、技である。そんなイタリアの革職人たちが築き上げてきた伝統が、同ブランドの革小物には凝縮されている。代表的なのは柔らかなシープスキンのイントレチャートだろう。その緻密で崇高な意匠に誰もが魅了される。

Item2『ロエベ』

ロエベのルーツは、1864年にスペインのマドリッドで立ち上げられた皮革工房にある。それから多くの貴族、王室に認められ今に至るのだ。ただ、紳士向けのメンズプレタポルテが展開されたのは1983年と、歴史としてはまだまだ浅い。それでも、これまで紡いできた伝統と技術はこのアイテムにも脈々と受け継がれているのだ。

Item3『サンローラン』

昨今、あのエディ・スリマンがクリエイティブディレクターに就任したことでも知られる名ブランド。これまで革新的なデザインと話題性でシーンを牽引してきたこちらは、革小物においてもその一端が見て取れる。上質なカーフスキンにエンボス加工でブランド名を配したこの凛とした佇まいに、思わず誰もが息をのむに違いない。

Item4『セリーヌ』

子供靴からはじまり、ウィメンズファッションの一時代を築いたブランドだからか、やはり背景にあるのは女性。ただ、革職人の技術を活かした革製品はジェンダレスな魅力を備え、感度の高いファッショニスタはこぞってこの小物を手にする。滑らかな革の触感と気の効いた配色は男女を問わず我々を虜にするのだ。

レギュラーでもサブでもいける、オールマイティなコンパクト財布が欲しい

ポケットに入れてももたつかないから持ち運びも便利なコンパクト財布は、会食時や家族と過ごすアクティブな休日など、さまざまなシーンで重宝する。レギュラー使いもいけるうえ、小銭専用のサブ的活用も問題なく、むしろふたつに分けて使ったほうがスマートだったりもする。そんな配慮が大人としての余裕を生むのだ。

Item1『トッズ』 2つ折り財布

独自の手法で作り上げられるトッズの小物。そこには伝統と素材への熱い想いが込められている。裁断から縫製に至るまでをすべて手作業で行い、使い手を考慮した機能的なデザインも実に優秀。この財布もそのひとつで、小さくまとまってはいるがコインポケットやオープンポケットが無数に存在し、普段使いには申し分ない。

Item2『ホワイトハウスコックス』 スモール財布

1875年に創業し、高品質の馬具にはじまり今では上質な革ものも提供し続けている『ホワイトハウスコックス』。その最たる特徴は、強さと上級感を兼ね備えたイングリッシュブライドルレザーだ。自然の草木を使い、約10週間もの間丁寧に鞣された革から生まれたこちらは、つきあいが長くなるにつれ味わい深い表情に。

合わせて読みたい:
信頼できる逸品揃い。ホワイトハウスコックスの財布が愛される理由

Item3『ジミーチュウ』2つ折り財布

マレーシア出身の同名のデザイナーと元イギリス版ヴォーグの編集者が生み出すジミーチュウの斬新なデザインや意表突く仕掛けは、セレブリティの間で常に話題となる。それはこのウォレットを見ても一目瞭然だろう。必要な機能を完備し、スタースタッズのインパクトを加えた趣には誰もが注目せずにはいられないだろう。

よりクラス感を演出し、スマートさを加速させるマネークリップもおすすめ

決して財布ほど容量も用途もあるわけではない。ただ、エレガントさやリッチ感は他の追随を許さないのがマネークリップだ。フォルムはスマートで、大人としての威厳もたっぷりなだけに、男の憧れと言ってもいい存在。それを手にするなら、やはり素材感や見た目にこだわりたい。作りがシンプルな分それが顕著に表れるからだ。

合わせて読みたい: キャッシュレス派に。マネークリップなら支払いもスマートにキマる!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何がおすすめ? エッティンガーの財布パーフェクトガイド

    何がおすすめ? エッティンガーの財布パーフェクトガイド

    英国王室御用達ブランドとして知られ、ビジネスマンたちからも高い評価を得ている『エッティンガー』。その魅力とおすすめの13アイテムを紹介する。

    大中 志摩

    土屋鞄製造所の革小物。8シリーズの人気者を一挙紹介

    土屋鞄製造所の革小物。8シリーズの人気者を一挙紹介

    革の品質やディテール、使い勝手にとことんこだわっている『土屋鞄製造所』。バッグや財布など、革小物の人気シリーズにスポットをあて、その魅力を紹介します。

    近間 恭子

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    コムデギャルソンの財布で目立とう! 個性を演出できるおすすめ10選

    大人が選ぶ財布は、伝統的なブランドや大人気のメゾンブランドがほとんど。周囲と差をつけたいなら、選択肢に『コムデギャルソン』を加えてみては?

    平 格彦

    大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

    大人の男なら持っていたい。コインケースのおすすめ20選

    財布のスマート化が進む昨今、あらためて注目されているコインケース。選び方と合わせて、大人にふさわしいコインケースを3つのニーズ別に紹介します。

    ai sato

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    BACK