街でも活躍するアウトドアフットウェア 〜サンダル〜

街でも活躍するアウトドアフットウェア 〜サンダル〜

近年はファッションでもアウトドアサンダルが注目を浴びています。歩きやすく着脱が楽チンで、スタイルにもすんなり溶け込む。これを持っておけば夏は重宝間違いなしです。

桐田 政隆

2015.06.25

サンダル

元々アウトドアシーンでの用途を考えて作られたサンダル

アウトドアサンダルとは、もうその名のとおりなんですが、元々アウトドアシーンでの用途を考えて作られたもの。脱ぎ履きが楽で水辺にそのまま入れるのはもちろんですが、脱げにくくて動きやすいストラップタイプや、トウがガードされているクロッグタイプなどがあります。またグリップ力が高いのも特徴です。

もはや夏の足元にはマストとなったアウトドアサンダル

川にもじゃぶじゃぶ入れて、街で使えばアウトドアミックスなスタイルも底上げしてくれる。しかも脱ぎ履きが楽チンで、歩きやすいとなると、もう夏は鬼に金棒状態なアウトドアサンダル。今ではいろいろと選択肢も増えていますが、オススメはこの3つです!

Item1『テバ』 オリジナル ユニバーサル カモ

まずは『テバ』からご紹介。ココはなんといっても、グランドキャニオンのリバーガイドが開発した、世界初のストラップ付きのスポーツサンダルで有名です。アイコンでもある「ユニバーサルストラップ」は足と一体化する作りでとにかく歩きやすく、ベルクロ仕様でフィット感を調節できる点もお見事でした。

またこのモデルはユニバーサルストラップとフットベッドにレザーを使った、プレミアムなモデル。フットベッドは履くたびにフィット感も増してくるでしょう。またストラップにカモ柄を採用することで、よりタウンユースにの映える仕上がりとなっていますね。

Item2『シャカ』 mono フリーホール

30〜40代なら思わず「懐かしい〜」と飛び付く人も多い、南アフリカ生まれのシャカ。’90年代はフェスに街に大人気でしたね。一度は消滅しましたが、2013年に日本で復活。また今季登場した、超モダンな2トーンカラーのモデルは必見です。機能性はもちろんアウトドアの本格派で、しかも復活以前よりもさらに進化しています。

地面をしっかりつかむ、爪のようなアウトソール

アウトソールは爪のようなエッジの効いた形状。また一列1列ごとに爪の方向が逆方向となっていて、高いグリップ力を発揮する仕様に。ミッドソールにはEVA素材を使い、復活以前よりクッション性も向上しています。

これほど、いつものカジュアルにマッチするアウトドアサンダルはないかも

写真はブラックアッパーにホワイトソールの2トーンカラー。こちらも都会的なカラーリングで、デニムにも相性ピッタリ。夏らしい抜け感のある、足元の演出にもピッタリです。もちろんよりスポーティなショーツとの相性も文句なしですよ。

Item3『キーン』 ヨギ

最後はクロッグタイプ。これはサンダルの傑作といって過言ではありません。人間工学に基づいた作りにEVAアッパーからカーボンラバーのアウトソール、抗菌防臭加工のフットベッド、爪先を守るトウ・プロテクションと、いたるところまで考えられた作り。『キーン』らしい硬派なデザインも男心に刺さります。

クロッグとは思えないほどの歩きやすさ

アウトソールは歩行時の足の動きに合わせたデザイン。また屈曲性、耐摩耗性にすぐれたカーボンラバー製で、同時に高いグリップ力も実現しています。またブラックのアッパーとアースカラーのソールの地味〜な配色も、男らしくてカッコイイんですよね。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK