宿すは米国の矜持。50年ぶりとなるアメリカ製タイメックスが注目の的に

宿すは米国の矜持。50年ぶりとなるアメリカ製タイメックスが注目の的に

2019.06.16 07:00

タイメックス(TIMEX)
腕時計

効率化やコストカットの波に押され、今では希少となったMADE IN USA。それは大量生産・大量販売が当たり前な世の中において仕方がないことかもしれない。ただ、その反動もあってか、近年はクラフトマンシップに満ちた米国製アイテムが改めて見直されつつあるのも事実だ。そんな中飛び込んできたのが、今回のビッグニュース。なんと、あの『タイメックス』がおよそ50年ぶりに本国アメリカでの生産を再開させるというのだ。

1854年に創業し、現存する最古の米国時計ブランドとして存在感を示し続けている『タイメックス』。かのビル・クリントン氏が大統領就任演説の際にも着用した由緒正しき老舗だ。そんな名門が今季50年ぶりに米国生産を復活させ、特別なコレクション「アメリカン・ドキュメンツ」をリリース。アメリカ国内で調達・製造したパーツを使用して同国の工場で組み上げる“オールUSメイド”が最大の特徴となっており、スモールセコンドタイプのミニマルなドレスウォッチに米国の矜持を宿らせている。

例えば風防はマサチューセッツ州で生産された、スマートフォンにも採用されているゴリラガラス。針・裏蓋・リューズなど真鍮製パーツはニューイングランド州の工場で鍛造し、ベルトレザーは米国産原皮を使いミネソタ州のS.B.フット社がなめしている。その他の部品もすべてが質実剛健なアメリカ製だ。そして、それらのパーツはコネチカット州にある自社工房に集められ、同社の職人により丁寧に組み立てられる。米国内に『タイメックス』が定める基準を満たすものがない関係で例外的にクオーツムーブメントのみスイス製だが、これにより高次な精度・耐久性も確保した。

加えて特筆しておきたいのが、チェリー材で作り上げた雰囲気たっぷりな木製パッケージ。本体だけでなくこちらもちゃんとMADE IN USAだ。さらに、米国人写真家ブライアン・シュトマート氏がこの「アメリカン・ドキュメンツ」のために全米各地で撮り下ろした写真をダウンロードできる専用ページへのアクセスコードも付属する。どこまでもアメリカにこだわり抜いたコレクション背景には、単なる米国製産の復活といった事実以上の熱意が感じ取れる。ちなみに今後は自動巻きやクロノグラフといったバリエーションも展開予定とのこと。期待は高まるばかりだ。

量産的アイテムが身の回りに溢れかえる時代だからこそ、手間暇かけた正真正銘のアメリカンウォッチが一層愛おしく感じられるはず。『タイメックス』が手掛ける他の時計と比べて値は張るが、それ以上の価値が凝縮されている逸品と言って差し支えないだろう。米国のクラフトマンシップに想いを馳せながら、一緒に時を刻んでいきたい。

Text_Satoshi Yamasaki

DATA

タイメックス・トウキョウ・ストア

03-6427-6551

https://www.timexwatch.jp

READ MORE合わせて読みたい
永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

その歴史は160年以上。古き良き米国精神が詰まった『タイメックス』はなぜこんなにも男たちを魅了するのか。ルックスやコスパの高さだけではない味わい深さを堪能しよう。

小林 大甫

シンプルイズベスト。タイメックスのキャンパーがやっぱり気になる

シンプルイズベスト。タイメックスのキャンパーがやっぱり気になる

キャンパーとは、アメリカンウォッチブランド『タイメックス』を代表するシンプルなミリタリーウォッチ。大人の男性の気取らない休日に、ぴったりのミリタリーモデルです。

黒野 一刻

タイメックスのウィークエンダー。男をとりこにする都会派ミリタリーウォッチ

タイメックスのウィークエンダー。男をとりこにする都会派ミリタリーウォッチ

男のオフに欠かせないのが、リボンベルトの腕時計。その代表格といえるのが、バリエーションも豊かで入手しやすい『タイメックス』のウィークエンダーです。

横山 博之

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    それいいね! おしゃれに見られる腕時計20選

    おしゃれは自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“洒落者”として認められるには腕元でおおいに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要です。

    黒野 一刻

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    ボーナスで手に入れたい、憧れの名作腕時計30選

    今年こそ、ボーナスで腕時計を。そう考える大人にプッシュしたい間違いない逸品を、大ボリュームで厳選。3つのカテゴリから、自分のスタイルに見合う1本を探してほしい。

    編集ムタガミ

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    チープに見えない。1万円以下で買える大人の腕時計

    少ない予算でも大人らしい雰囲気の腕時計が欲しい。そんなニーズに応える、1万円以下の腕時計を厳選。選び方のポイントやおすすめのモデルも合わせて紹介します。

    Hiroshi Watanabe

    腕時計も“より、自分らしく”。老舗ブランドによるパーソナライズ体験とは?

    腕時計も“より、自分らしく”。老舗ブランドによるパーソナライズ体験とは?

    どこもかしこも“改革”だらけ。ビジネスにおいては、長時間労働や非正規と正社員の格差是正など、働き方改革が適例だ。勤務時間のフレックス化や副業を肯定する企業も増え…

    増山 直樹

    「忘れないで」。半永久的な機械式時計に込められた、海へのメッセージ

    「忘れないで」。半永久的な機械式時計に込められた、海へのメッセージ

    海の日は過ぎたが、依然として雨が多い。東京の梅雨明けは7月下旬までずれ込みそうだ。8月になればようやく思いっきりビーチで遊べる、かもしれない。さて、今回はそんな…

    増山 直樹

    BACK