1年を通して活躍する、ソフトシェルをゲットせよ!

1年を通して活躍する、ソフトシェルをゲットせよ!

登山やアウトドアウェアのアウターを「シェル」と呼びますが、中でも、1年を通して快適に着られるソフトシェルが、街でも着られると人気を呼んでいます。

CANADA

2015.06.23

アウトドアファッション

そもそも、ソフトシェルとは?

ゴアテックスなどの防水透湿性素材を用いたアウターをハードシェルと呼ぶのに対して、完全防水や完全防風ではないが、透湿性やストレッチ性などの快適性に重きを置いたアウターをソフトシェルと呼びます。

街着として着るポイントは?

ビビッドカラーのアウターが多いアウトドアウェアの中で、大人の男性が街で着るならブラックやグレー、ネイビーなどの落ち着いたカラーリングのものがおすすめ。街でも悪目立ちせず、スタイリッシュに着こなせます。

厳選! 街着にも最適なソフトシェル

Item1『ザ・ノース・フェイス』のシャープエンドブレザー

ハイベントR3層構造素材を使用した防水透湿シェルジャケット。タウンスタイルを取り入れたデザインに高い機能を持たせることで、日常的な使い方はもちろん、旅を楽しむロングトレイルなどのシーンに適した1着。

Item2『ザ・ノース・フェイス』のノベルティーグローブトレッカージャケット

落ち着いた雰囲気を基調に、防風性や軽さなど、行動を快適にするスペックを搭載したジャケット。ヴィンテージ調のシワ感のある素材を用いているため、ラフな着こなしでもコーディネートしやすい仕上がりになっています。収納式のフード付き。

Item3『ザ・ノース・フェイス』のグローブトレッカーベスト

上で紹介したジャケットのベストver.。ジャケットと同様に、付属のスタッフサックに入れて旅行などに容易に携行できます。収納式のフード付き。

Item4『ヘリーハンセン』のウィンドコーチジャケット

撥水加工を施した1枚仕立てのコーチジャケット。フロントは白い金属ドットボタンを使い、マリンテイストな表情を作っています。季節や場所を問わず軽く羽織れるベーシックなアイテムで、きれいめなコーデとも相性バツグンです。

Item5『ヘリーハンセン』のヴァーレベスト

冷たい風から体温を守りながらアクティブに動く状況下でも快適さが続く軽量なシェルベスト。日常のコーディネートにも使いやすい落ち着いた色合いのカラーバリエーションがあり、コットンライクな風合いに仕上がっています。

Item6『ホグロフス』のGECKO LITE HOOD

撥水性があり磨耗に強い4方向ストレッチ素材を使用し、やわらかなニットの裏地がさらさら感をキープ。生地は一見ゴワゴワしそうに見えるが、ストレッチが利いているため、とてもやわらかな着心地です。

Item7『アークテリクス』のEPSILON LT HOODY

耐摩耗性に優れた『アークテリクス』のソフトシェルジャケット。ポリステルグリッドフリースを採用しており、軽量で保温性に優れ、悪天候時に高いプロテクションを発揮します。ミッドレイヤーとしての使用用途にも適しているので、3シーズン活躍することができます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    欲しい靴べらはロングか携帯か。革靴同様に愛したいシューホーン8選

    欲しい靴べらはロングか携帯か。革靴同様に愛したいシューホーン8選

    革靴と付き合っていくためには、メンテに加え“履き方”も大事な要素。靴べらをきちんと使えば長持ちします。自分に合った靴べらの探し方、おすすめをご紹介しましょう。

    山崎 サトシ

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    大人の日常着。ディッキーズの定番874と別注モデルを徹底紹介

    『ディッキーズ』の定番「874ワークパンツ」の魅力とともに、同ブランドが誇るパンツのラインアップを整理。大人のカジュアルに効く『ディッキーズ』を幅広く紹介します。

    編集フカザワ

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    BACK