雨の日でも履ける上品顔の革靴。梅雨に備えて狙うべき7足

雨の日でも履ける上品顔の革靴。梅雨に備えて狙うべき7足

上品顔でありながら、雨の日にも対応する革靴の選び方からおすすめ品、お手入れ術までをご紹介。本格的な梅雨シーズン到来の前に、雨の日用の革靴を新調しましょう。

近間 恭子

2019.06.07

レザーシューズ

雨で革靴が台無しに……。そんな失敗ありませんか?

雨で革靴が台無しに……。そんな失敗ありませんか?

ZOZOTOWNZOZOTOWN

雨の日に革靴を履いて、アッパーもソールも傷んでしまった……なんて失敗を誰しも経験したことがあるのでは? とはいえ、かっちりとしたスーツスタイルに長靴やスニーカーを合わせるわけにはいきませんよね。そんなときに頼りになるのが、雨に強い革靴です。撥水加工が施されたレザーや雨ジミが目立ちにくいレザーなど、最近では雨の日に適した革靴が充実。本格的な梅雨シーズンに備えて、今から雨にも対応する革靴を準備しておきましょう。

アッパーとソールに着目。“雨に強い”革靴選びのポイント

雨用の革靴には、いくつか選びのポイントがあります。アッパーの素材からソールの素材や形状まで、雨の日でも快適に過ごすために購入時の参考にしてみてください。

▼ポイント1:雨に強いレザーを使ったアッパー素材を選ぶこと

雨用の革靴選びで重要なのがアッパーの素材です。革靴の顔でありながら、雨の影響を直接受けてしまうパーツなので、雨に強い素材を選びましょう。

素材1ケアも簡単な防水処理が施されたレザーが安心

ケアも簡単な防水処理が施されたレザーが安心

ZOZOTOWNZOZOTOWN

雨用の革靴の代表ともいえるアッパー素材が、防水や撥水などの加工が施されたレザーです。雨の日に履くことを前提に作られているのでその機能は折り紙付きなうえに、レザーの上質な風合いをキープしているところが優秀。梅雨時期に備えて1足持っていると確実に重宝します。しかも通常の革靴と同じお手入れでOKなのも特筆すべき点。

素材2実は雨ジミがつきにくいスエードが万能

実は雨ジミがつきにくいスエードが万能

ZOZOTOWNZOZOTOWN

かつてスエードは雨に不向きとされていましたが、実はその逆。そもそもヨーロッパでは、スエード=レインシューズというほど雨の日に履かれている素材なんです。フラットな素材感の表革とは違い、スエードは起毛素材ゆえに雨ジミがつきにくいのがポイント。さらに防水スプレーを活用すれば、雨の日もより安心して履けるはずです。

素材3学生靴に多用されているガラスレザーが雨に効く

学生靴に多用されているガラスレザーが雨に効く

ZOZOTOWNZOZOTOWN

美しく強い光沢が特徴のガラスレザーですが、水を弾くことにも長けています。なぜなら、レザーの表面を紙やすりでこすり、さらに合成樹脂などでコーティングして仕上げられているからです。そのコーティングによってレザーが硬く強くなるため、汚れや水の染み込みを防いでくれます。

素材4ビジカジならオイルドレザーという選択も

ビジカジならオイルドレザーという選択も

ZOZOTOWNZOZOTOWN

スーツなどのドレッシーな着こなしには不釣り合いですが、ビジカジスタイルがOKの会社ならオイルドレザーの革靴をセレクトするのもあり。耐久性が高いことから水にも強く、多少の雨なら靴の中に入ることもありません。ただし、油分が抜けたら効果は半減してしまうので、定期的にオイルを注入することも忘れずに。

▼ポイント2:ラバー製であることは絶対。滑りにくいソールを選ぶこと

▼ポイント2:ラバー製であることは絶対。滑りにくいソールを選ぶこと

ZOZOTOWNZOZOTOWN

せっかくアッパーが雨に強くても、ソールがレザーやハーフラバーだと意味がありません。水の染み込みを防ぐなら、雨用の革靴はラバーソールの一択です。さらにダイナイトソールやビブラムソールなどの凹凸感ある形状だとグリップ力が高く、滑りにくいので安心です。

梅雨に向けて備えておきたい。雨の日に履ける上品顔の革靴7選

雨用の革靴選びのポイントをご紹介したところで、ビジネススタイルに適したおすすめ品をピックアップ。梅雨を快適に乗り切るためには必須ですよ。

アイテム1『マッキントッシュフィロソフィー』

『マッキントッシュフィロソフィー』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

『マッキントッシュ フィロソフィー』は、英国の老舗ブランド『マッキントッシュ』のセカンドラインとして誕生。本モデルは、“出張に1足あると便利な靴”をテーマに掲げる定番人気の「トロッター」シリーズより、防水透湿機能で仕上げられた1足です。アッパーに撥水レザー、裏地にブーティーライニングを用いることで、雨の日でも快適な履き味を実現しています。

アイテム2『パラブーツ』

『パラブーツ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

1927年にフランスで創業した『パラブーツ』の代表モデルの1つである「シャンボード」。本モデルのために開発されたオイルをたっぷりと含んだカーフレザーは、耐久性があって雨にも強いのが特徴です。オリジナルのPARA-TEXラバーソールやL字型の二重ステッチで仕上げたストームウェルトも、防水性を高めるのに一役買っています。

アイテム3『グロスター』×『ハルタ』

『グロスター』×『ハルタ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

学校制定靴を作るメーカーとして国内トップシェアを誇る『ハルタ』に、『グロスター』が別注。このローファーに使用されているやわらかくて上質なフラクタルレザーは、染色の段階で撥水剤を浸透させ、繊維の一つひとつをコーティングしているため、表面に撥水剤を施したものに比べると撥水の持続性が高いのが魅力です。

アイテム4『サットアンドシルバ』×『ビームスライツ』

『サットアンドシルバ』×『ビームスライツ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

2017年にデビューした『サットアンドシルバ』は、機能性と履き心地を追求した靴作りが持ち味です。『ビームスライツ』の別注モデルは、キメ細かなスエード素材に、通気性を確保した耐水性特殊フィルムACQUA STOP(R)を搭載した優れモノ。衝撃吸収インソールを採用しているので、長時間歩いても疲れにくいというのも高ポイントです。

アイテム5『バーウィック』

『バーウィック』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

1707年に創業した靴工場で作られているスペイン発の『バーウィック』。ボックスカーフスエードを用いたストレートチップシューズは、エレガントな見た目とは裏腹にイギリス製のダイナイトソールで仕上げられています。耐久性とグリップに定評があるので、晴れの日はもちろん、雨の日でも安心して着用できますよ。

アイテム6『スピングルムーヴ』×『メンズメルローズ』

『スピングルムーヴ』×『メンズメルローズ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

『スピングルムーヴ』というとスニーカーがお馴染みですが、『メンズメルローズ』の別注では上品顔の革靴を展開。スニーカー同様のバルカナイズドステッチダウン製法で作られ、履き口に入ったスポンジやカップインソールによって快適な履き心地を実現しています。アッパーに使用された超撥水レザーに加え、抗菌処理の施されたライニングで吸湿・透湿性に優れているのも優秀。

アイテム7『アーバンリサーチ ロッソ』

『アーバンリサーチ ロッソ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ファッション感度の高い大人に向けて発信している『アーバンリサーチロッソ』からピックアップしたのは、木型からオリジナルで作り込まれたプレーントゥシューズ。アッパーに耐水性と耐久性に優れたガラスレザー、ソールに軽快な履き味と高いグリップ性をプラスするべくEVA樹脂が使われています。ソールが厚めなので、ビジカジスタイルにおすすめ。

長く愛用するために知っておきたい。雨に濡れたときの対処法&お手入れ法

いくら雨に強いといっても、やはりお手入れは必要です。雨に濡れた際の対処法を紹介します。お気に入りの1足を長く愛用するには欠かせませんよ。

対処1雨で革靴が濡れてしまったときにすべきこと

まずは靴ひもを外し、軽く絞った濡れタオルで濡れた部分と乾いた部分の境界線がなくなるよう水分をにじませていきましょう。これは雨によって溶け出した染料などを分散させる効果があり、乾いたときの雨ジミを防止してくれます。次に風通しのいい場所で陰干しを。ドライヤーを使ったり、直射日光で干したりすると急激に水分が蒸発してヒビ割れの原因にもなるので避けてください。一晩干して半乾きの状態になったら、シューツリーを入れて2~3日陰干しすればOKです。

対処2雨ジミができてしまったときは、思いきって丸洗い

雨ジミができてしまったときは、思いきって丸洗い

銀座大賀靴工房銀座大賀靴工房

濡れたまま放置して雨ジミができてしまった場合、基本的には前述した方法が有効です。それでも消えない場合は、思い切って丸洗いするのがおすすめ。

まずはステインリムーバーで汚れを落とし、スポンジを使って靴全体をぬるま湯で濡らしていきます。その後、サドルソープを泡立て表面をやさしく洗い、サッと水で流すか、乾いたタオルで泡を拭き取ります。泡に保湿剤が含まれているので、しっかり洗い流す必要はありません。その後はシューツリーを入れて陰干しすればOKです。ただし、丸洗いできない、または避けたほうがいいレザーもあるので、洗う前に確認しましょう。

対処3防水スプレーでの事前ケアも忘れずに

雨ジミを作らない手っ取り早い方法が、履く前に防水スプレーをアッパー全体に施しておくこと。防水・撥水加工のレザーは必要ないですが、そのほかのレザーはスプレーしておくのが安心です。購入してすぐ行うのが理想的ですが、一度でも履いたものにスプレーするなら、しっかりブラッシングしてホコリを落としてから行うようにしましょう。ホコリがついた状態のままだとコーティングが剥がれやすく、防水効果が短くなってしまいます。なお、スプレーする際は必ず風通しのいい屋外で行うようにしましょう。

【番外編】革靴のようなルックスのオールラバー製も狙い目

【番外編】革靴のようなルックスのオールラバー製も狙い目

ZOZOTOWNZOZOTOWN

ここまで雨用の革靴を紹介してきましたが、最後に番外編としてオールラバー製のシューズをご紹介。というのも、最近はアッパーにもラバーを使っていながら、本物のレザーのようなリアルな仕上がりのモノも多く揃っているんです。こちらは『ナノ・ユニバース』の1足で、アッパーとソールのつなぎ目のない一体成型製法で作られているため、雨が染み込む心配は無用。オールラバー製も選択肢の1つに入れてみてはいかがでしょうか。

防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

防水スニーカー12選。見た目GOODなアイテムで雨の日も快適に

どんな季節であれ、足元の“雨対策”は必要。晴れの日に履くようなルックスかつ防水性を兼備した防水スニーカーが1足あれば、突然の雨天でも困ることはありません。

Freeamericanidol編集部

ハイスペックでおしゃれな防水バッグなら、とっさの雨にも動じない

ハイスペックでおしゃれな防水バッグなら、とっさの雨にも動じない

突然雨に降られることが多い季節は、多少濡れても安心な防水バッグが役立ちます。街使いからレジャーまで活躍する、スタイリッシュなデザインの逸品をピックアップ。

山崎 サトシ

高防水性腕時計を厳選! アクティビティで用いたい人気モデル10

高防水性腕時計を厳選! アクティビティで用いたい人気モデル10

休暇を屋外で過ごすことが増える、夏。水辺のレジャーやアウトドアの相棒として最適な、高い防水性能を備えた腕時計を5万円以内で厳選した。

小林 大甫

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    スタイル不問のコインローファー。買いの10ブランド

    1960年代に大流行して以来、定番シューズとして愛されているコインローファー。歴史や使い勝手の良さやからその理由を探りつつ、おすすめブランドを紹介していきます。

    近間 恭子

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    大人のシルバーリング講座。つける指の意味とおすすめ

    普段なにげなくつけているシルバーリング。実はつける指には、各々意味があるって知ってました? ここではその意味とともに、おすすめブランドのシルバーリングをご紹介!

    近間 恭子

    着こなし別に提案。雨の日に重宝するレインシューズ

    着こなし別に提案。雨の日に重宝するレインシューズ

    梅雨や台風、突然の天気雨など、雨天対策に機能的でおしゃれなレインシューズは必須。そこでオンとオフの着こなし別にレインシューズを厳選しました。

    宮嶋 将良

    何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選20モデルを紹介

    何が人気? 新作は?? 人気スニーカーブランドから厳選20モデルを紹介

    スニーカー好きの大人におすすめしたいスニーカーをピックアップ。人気ブランドの定番はもちろん、新作、注目作も合わせて紹介します。10ブランド、全20モデルは必見です!

    本間 新

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    ハンターのローファーは雨でも晴れでも履ける万能シューズ

    雨の日に重宝するレインブーツ。ですが、着こなしを考えるとなかなか取り入れづらいもの。そこでおすすめしたいのが、英国生まれのブランド『ハンター』のローファーです。

    八木 悠太

    BACK