買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

買わない手はない。ニューハッタンのキャップ&ハットがとにかく高コスパ!

日本上陸から日が浅いながら、巷で高いシェア率を誇るヘッドウェアブランド『ニューハッタン』。圧倒的なコスパを誇る同ブランドを、持たない手はありません。

山崎 サトシ

2019.05.10

ニューハッタン(NEWHATTAN)
帽子

とりあえず買う、なら『ニューハッタン』がベストです

2005年にNYで生まれ、“伝統的でスタンダードなアイテム”をテーマにシンプルなデザインとバリュー価格を両立したアイテムを発信している『ニューハッタン』。日本法人の設立は2016年と本格上陸から日が浅いものの、そのコストパフォーマンスの良さが受けてストリートで瞬く間に人気を獲得しました。『ビームス』や『ビューティ&ユース』といった有力セレクトショップとのコラボレーションが示すように、その実力はお墨付き。『ニューハッタン』の帽子はそのミニマルさからどんなコーデにも合わせやすく、カラバリも豊富なので「とりあえず被りモノを持っておきたい」という人にもぴったりなんです。

プチプラに見えない。『ニューハッタン』のまじめな作り

誰もが手に取りやすいリーズナブルなプライスで発信される『ニューハッタン』のヘッドウェアは、作りが非常にしっかりしています。例えばブランド屈指の人気アイテムであるローキャップ(浅被りのキャップ)は、帽子の“顔”となるバイザー部分に丁寧かつ正確なステッチングが施されており、コスパに優れた仕上がりになっています。

マテリアルも品質の良いものが使われていて、このローキャップではスエードライクな上質感あるポリエステル生地を採用。それでいてアンダー3,000円という価格を実現しているのだから脱帽です。もちろん、王道のコットンツイル素材を使用したキャップも多くラインアップされています。ちなみに、『ニューハッタン』はローキャップだけで年間100万個以上の販売実績を残していますが、それも作りや素材の良さがあってこそ。

バックにはアジャスターをセット。低価格のキャップでは、コストを最小限に抑えるためにこの部分が省略されることも多いのですが、『ニューハッタン』ではきちんとあしらわれており、使い勝手も◎。加えて、耐久性が高く雰囲気も良いメタルバックルを使用するなど、ちょっとしたディテールに至るまで妥協なく作り上げられています。

大人のかぶりものに新提案。ローキャップを上手に取り入れるために

大人のかぶりものに新提案。ローキャップを上手に取り入れるために

敏感な大人たちがこぞって取り入れているローキャップ。そもそも何かという疑問に答えつつ、取り入れ方やチェックしておきたい新作まで全方位的にナビゲートします。

山崎 サトシ

有名ブランドと遜色なし。見た目だってイイ感じ!

いくらプライスがお手頃で仕立てが良いからといっても、見た目が微妙ならすべて台無し。しかし、ご安心を。『ニューハッタン』の帽子はご覧の通りルックスも端正そのもので、普段の大人カジュアルにすんなりと取り入れられます。計算された美しいシルエット&無駄のないミニマルデザインは、さすが目の肥えたニューヨーカーに愛されるブランドといったところでしょう。有名ブランドのキャップと比べても、何ら遜色ありません。

オール3,000円以下。『ニューハッタン』ではこれを買おう!

3,000円以下のロープライスでも、さまざまな種類のキャップ&ハットが揃う『ニューハッタン』。そのなかから、大人のスタイルと親和性が高い9モデルを厳選してピックアップしました。被りモノの新たな買い足しはここから見つけましょう!

アイテム1ローキャップ

浅めのシルエット&程良くカーブしたバイザーがスポーティなローキャップは『ニューハッタン』を代表する人気アイテム。余計なデザインが入っていないぶん汎用性は抜群で、カジュアルスタイルにはもちろんきれいめコーデのハズしとしても重宝するはず。素材には肉感の良いコットンツイルを用いています。1,800円(税抜)

アイテム2ピグメントローキャップ

定番のローキャップを、ピグメント染め(顔料染め)によって長年使い込んだかのように味出し。ベーシックなデザインながらも、素材感でこなれたニュアンスを漂わせます。Tシャツ×ジーンズのような、シンプルな初夏コーデのアクセントとして取り入れたいアイテムです。ワッペンやバッジでカスタムするのもあり! 1,900円(税抜)

アイテム3スエード調ローキャップ

大人っぽいジャケットスタイルにも難なく合わせられる、シンセティックスエード製の1品。上品さがありながらも素材自体はポリエステル100%なので、リアルスエードと違ってケアもイージーです。また、フロントとツバには芯が入っており、シルエットを崩すことなく着用できます。2,500円(税抜)

アイテム4ジェットキャップ

5枚パネルで構成されるジェットキャップは、ローキャップと同じく浅めのフォルムが特徴。別名“キャンプキャップ”とも呼ばれ、アウトドアシーンでよく着用されるタイプです。こちらのモデルは、カモフラージュ柄を採用してミリタリーテイストに仕上げられています。ストーンウォッシュ加工による味付けもポイントです。2,800円(税抜)

ジェットキャップとは? 旬アイテムのおすすめとコーデ

ジェットキャップとは? 旬アイテムのおすすめとコーデ

アクティブな装いが人気の昨今において、キャップはマストハブ。中でも現在注目株なのがジェットキャップです。ベースボールキャップに食傷気味な人こそ、是非トライを!

山崎 サトシ

アイテム5フラットバイザーキャップ

フラットバイザーとはその名の通り、直線的でカーブしないバイザー(ツバ)のこと。雰囲気的にはカーブバイザーのキャップよりもストリート感が強くなるので、旬な90’sコーデなどと合わせるのがおすすめです。なお、ボディにはデニム素材を使用しており、使い込むほどに奥深いニュアンスへと変化します。1,980円(税抜)

アイテム6バケットハット

『ニューハッタン』の人気銘柄の1つであり、今季引き続きトレンドのアウトドアテイストにもマッチしてくれるバケットハット。オールホワイトの1品であれば、クリーンに被れるので何かと重宝します。マテリアルはお得意のコットンツイルで、シルエットは被り浅め&ツバ短めの設定に。2,000円(税抜)

かぶるだけでこなれ感アップ。バケットハットで作る大人コーデ

かぶるだけでこなれ感アップ。バケットハットで作る大人コーデ

夏の着こなしに取り入れたいバケットハット。ラフな装いの格上げや、きれいめコーデのハズシにうってつけなんです。そこで参考にしたいおしゃれコーデを一挙ご紹介!

平 格彦

アイテム7ピグメントバケットハット

ローキャップと同じく、バケットハットでもピグメント染めのモデルがスタンバイ。ヴィンテージ風の雰囲気を最初から楽しめるのがメリットです。しかも、着用するたびに表面の染料が落ちていき一段と趣のある表情に育ちます。シルエット自体はいたってベーシックなので、人を選ばず気負いなく被れます。1,500円(税抜)

アイテム8リバーシブルバケットハット

表面は夏らしいフローラルプリントとなっているのに対し、裏側はシンプルなネイビー単色となったリバーシブル仕様。コーディネートに合わせてデザインをアレンジできるため、使い勝手は抜群です。ウォッシュドコットン素材なので、風合いは使い初めからソフト。2,400円(税抜)

アイテム9サファリハット

存在感あるシルエットのサファリハットも、この価格帯ならチェックしておきたいアイテムの1つ。ドローコードが付属しており、実用面にも秀でています。また、サイドのボタンを留めるとツバが持ち上がり、テンガロンハット風にアレンジ可能です。洗いの入ったコットンボディならではのソフトな生地感も魅力! 1,900円(税抜)

アウトドアハットは街でレジャーで大活躍。おすすめ品と大人のコーデ術

アウトドアハットは街でレジャーで大活躍。おすすめ品と大人のコーデ術

アウトドアアクティビティで役立つだけでなく、普段のコーデにもアクセントを加えてくれるアウトドアハット。ワードローブに追加して、着こなしの幅を広げましょう。

那珂川廣太

大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

キャップはシーズンを問わずおしゃれに活用できる優れモノ。そこで、大人ならではのかぶり方や選び方、そしてコーデへの取り入れ方を徹底的に紹介します。

Freeamericanidol編集部

買うなら今!3,000円以下で購入できる“安くて価値ある”帽子15選

買うなら今!3,000円以下で購入できる“安くて価値ある”帽子15選

夏に欠かせない小物の筆頭が帽子! サマーセールも終盤に差し掛かった今の時期だからこそ、3,000円出せば優秀なかぶりものが見つかる可能性があります。

平 格彦

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

キャップはカジュアルコーデに好相性な小物として、きれいめな着こなしのハズし役として重宝するマストハブ。より大人に馴染むブランドと各アイテムを厳選しました。

編集フカザワ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    初心者歓迎。夏フェスファッションとスナップ集

    フェスのためのメンズファッションを紹介。フェスに着るウェアの選び方やおすすめのアイテム、コーデサンプルなど、フェスのためのコーデのポイントを幅広く解説します!

    Freeamericanidol編集部

    大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

    大人らしいキャップのおしゃれなかぶり方と選び方

    キャップはシーズンを問わずおしゃれに活用できる優れモノ。そこで、大人ならではのかぶり方や選び方、そしてコーデへの取り入れ方を徹底的に紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK