ニューバランス vol.2 サイズと最旬モデルの選び方

ニューバランス vol.2 サイズと最旬モデルの選び方

Freeamericanidolでも紹介するたびに人気の『ニューバランス』ですが、魅力をもっとお伝えしたく急遽企画。第2回はスニーカーの選び方から最旬の型番モデルまでご紹介します。

編集イトウ

2015.06.17

ニューバランス(NEW BALANCE)
スニーカー

自分の足に最適なスニーカーの選び方

『ニューバランス』に限らず、スニーカーを選ぶポイントは足長と足囲、足幅にあります。足長は普段履いているスニーカーからおおよそ見当がつくと思いますが、問題は足囲と足幅。足のもっとも出っ張っている部分をメジャーで計測し、足幅と足囲を計測してみましょう。

自分の足に最適なスニーカーの選び方 2枚目の画像

計測したら上記の表と照らし合わせて、ウィズ幅を確認してください。ウィズ幅と足長が分かれば、サイズ選びの下準備完了です。

ウィズがDやEはやや細身のSL-1、EからEE以上ならやや幅広のSL-2

ウィズがDやEはやや細身のSL-1、EからEE以上ならやや幅広のSL-2

『ニューバランス』は革靴のようにラスト(靴型)がいくつかあり、なかでもSL-1とSL-2が多く存在します。SL-1はブランドのシューズにおける基本。やや細身のフォルムなので、旬の細身パンツと相性◎。主な採用モデルはM996やM1500。SL-2はやや幅広でゆとりある履き心地が特徴。主なモデルはM576やM1400です。

あらゆるスタイルにコーディネート可能なベーシックデザインを選びたい

プレミアムな履き心地の『ニューバランス』は前述のように多くのモデルが存在するゆえに、その中からタウンユースに最適な1足を選ぶのはなかなかの至難。そこで、トレンドやファッショニスタが街中でよく履いているモデルをピックアップしてお届け。初心者から上級者までご覧下さい。

Item1M576

ロングセラーとしてファンから愛されるM576。元来はオフロード用のランニングシューズとして1988年に登場しましたが、さまざまなバリエーションが展開されて主戦場はトレイルからストリートに。カジュアルシーンに浸透し、今に至ります。特徴は丸みのあるつま先。ボリュームのあるパンツと相性◎です。

Item2ML574

上のM576の廉価版として誕生したML574。今もっとも人気の高いモデルと言っても過言でないML574の特徴は、シーズンごとに多数展開されるカラーバリエーションと手ごろな価格帯。紹介する他モデルの約半額で購入することができるので、『ニューバランス』の入門機としてもおすすめしたいモデルです。

Item3M996

「1000点満点で990点の出来栄え」と完成度の高さをアピールする雑誌広告を出稿するなど、1982年にリリースされたM990はブランドをネクストステージへと押し上げる重要なプロダクトでした。先進性際立つM990、M995を経て誕生したM996は、優秀性を決定づけたモデル。スリムなフォルムが今のトレンドにもハマります。

Item4M998

990番台シリーズで初めてアブゾーブテクノロジーを採用したM998。たぐいまれなるクッション性が『ニューバランス』らしい本機は、アメリカで絶大な人気を誇る『J.クルー』向けのスペシャルモデルがリリースされるなど、今なお人気の高いモデルです。クラシックとハイテクの中間をいくデザインが特徴。

Item5M1400

後ほど紹介するM1300の後継モデルとして1980年代後半に開発されるも、当時の技術が追いつかず、94年にM1500に遅れる形で製品化されたM1400。機能性とデザイン性をバランス良く備えた名品は、『J.クルー』の別注モデルが『ニューバランス』ブームの火付け役ともなり、名実ともにブランドの顔となった1足。

Item6M1500

M1300の後継機は、今まで紹介したモデルと異なり小さなNマークを採用したハイテク顔。89年のデビュー時、当時の最新技術である一体成型ミッドソールを初めて搭載した1足として注目されたハイテクノロジーモデル。ややクセのある表情は、きれいめな着こなしの崩しとして今も大人気。ジーンズとも意外に合うんです!

Item7CM1700

1999年に登場したM1700は、アブゾーブテクノロジーに加えてクリアラバーのアウトソールを採用するなど、適度なハイテクテイストと重厚感あるデザインが高次元で融合したモデル。アメリカでは医師や弁護士といった層に人気が高いモデルですが、日本ではストリートシーンでヒット。人気ながら現在は入手困難のモデルです。

Item8M1300

最後に紹介するのは、スニーカーフリークなら誰もが憧れるM1300。衝撃吸収性と安定性を両立するテクノロジー、そして一体成型のエンキャップを初採用したモデルで、驚愕の履き心地を実現。現在レギュラーとしての販売はなく、1991年、1995年、2000年、2005年、2010年、2015年に復刻版をリリース。プレミアムな1足です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

    山崎 サトシ

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    グラミチのショーツで今季マストハブな10点とシルエットの違いを解説

    今ではすっかり春夏の定番と化した『グラミチ』のショーツ。その魅力やシルエットの違いについて詳しく紹介するとともに、おすすめのモデルもお届けします。

    山崎 サトシ

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK