ビジネス仕様のポロシャツ。ビズポロこそ不快な夏の救世主だ

ビジネス仕様のポロシャツ。ビズポロこそ不快な夏の救世主だ

クールビズシーズンの定番トップスとして人気を集めているビズポロ。ポロシャツとの違いから着こなし方、さらにはおすすめまで、その魅力を深掘りしてご紹介します。

近間 恭子

2019.04.12

トップス
ポロシャツ
クールビズファッション

ポロシャツをビジネス仕様に進化させた“ビズポロ”

不快指数が年々増しているように感じる日本の夏。特にビジネスマンにとってはツライ季節ですよね。そんなときに頼りになるのが、今や夏の定番トップスとして定着しているビズポロです。簡単に説明すると、鹿の子を使ったシャツのこと。ドレスシャツ同様に前開きのタイプからポロシャツのようなプルオーバータイプまでさまざまですが、いずれも台襟付きであることが共通点。1枚で着るのはもちろん、ジャケットのインナーとしても合わせやすいんです。

ビズポロが支持されている理由

ビズポロ最大の魅力は、シャツのきちんと感とポロシャツの快適な着心地を併せ持っていること。ビズポロに使用している鹿の子は凹凸ある素材ゆえに汗をかいても肌に貼りつかず、吸水速乾性にも優れています。それでいてデザインはドレスシャツのように上品。さらにタイドアップにもノータイにも対応する、暑い時期の理想的なシャツといえるのです。ビジネスマンに支持されるのも納得ですよね。

クールビズに最適なビズポロの選び方

選び方のポイント1ビズポロにおいて台襟付きであることは絶対!

一般的なポロシャツとビズポロの違いは、台襟があるかないか。そもそも台襟は身頃と襟をつなぐ帯状のパーツのことで、いわば襟の土台。これがあるときちんと感が高まり、ノータイでも美しくキマるんです。ビズポロである1つの目安にもなるので、購入時には台襟付きか確認するようにしましょう。

選び方のポイント2ノータイでも様になる襟型であること

ノータイスタイルが多くなるクールビズシーズン。となると、ノータイでも様になる襟型であることも重要です。おすすめは、ホリゾンタルカラーやボタンダウンのビズポロ。これらはノータイだけでなく、タイドアップにも対応するので、着まわし力もグッと高まりますよ。

ビズポロを使った着こなし実例

きちんと見えて快適な着心地というのに加え、ビズポロは着まわし力にも優れています。それを証明するべく、さまざまな着こなし実例をご紹介。クールビズスタイルの参考にしてみては?

コーデ1ビズポロが際立つシックなジャケパンスタイル

ビズポロとタイの相性が良いことを証明してくれている彼の着こなし。スタイリングのポイントは、小襟に合わせてタイの結び目をコンパクトに仕上げていること。さらにジャケットとタイの色をグレーで揃えることで、シックで洒脱な印象も与えています。

コーデ2ブルートーンでまとめた涼感漂うビズポロコーデ

ネイビーのビズポロを軸に、ボトムスやバッグもブルー系で統一。ビズポロをタックインすることで、軽快な着こなしながらもきちんとした印象に仕上がっています。黒で揃えたベルトやローファーはスタイリングを引き締めるだけでなく、きちんと感を倍増させる効果も。

コーデ3初心者でも真似しやすい! チノパンとのシンプルな合わせ

ポロシャツ×チノパンは休日のお父さんのようなイメージがありますが、ビズポロなら話は別。カジュアルさのなかに適度なきちんと感もあり、裾をタックアウトしていてもラフに見えすぎる心配はありません。ちなみに合わせるチノパンはクリース入りがベターです。

クールビズに取り入れたい。ビズポロ6選

最後に選びのポイントを網羅し、かつ着まわし力も高いビズポロを厳選。半袖や長袖、前開きタイプやプルオーバータイプなど、バラエティに富んだラインアップなのでチェック必須です。

アイテム1『ラコステ』

鹿の子のポロシャツといえば『ラコステ』ですが、もちろんビズポロも展開しています。こちらは糸から独自で開発してコットンの混率を高めており、通常の鹿の子よりも品のある表面感。さらに何箇所か縫い糸にもストレッチ性をもたせているので、より快適な着心地が味わえるはず。

アイテム2『ギローバー』

鹿の子をシャツに取り入れた先駆者としても評価されている、イタリアを代表するシャツブランド『ギローバー』。前開きタイプのビズポロはカッタウェイの襟型なのでノータイでも様になり、かつ洒脱な印象を与えられます。肌触りと通気性に優れた鹿の子を採用。

アイテム3『フレッドペリー×ビームス』

毎年定番で『ビームス』が別注しているカッタウェイカラーのビズポロから、スタイリッシュなクレリックタイプをセレクト。吸汗速乾・抗菌防臭加工が施された機能的な鹿の子を使用しているので、より快適な着用感を獲得できます。すっきりとしたシルエットも魅力。

アイテム4『リーセンシィオブマイン』

クールビズシーズンに欠かせないクールマックスを混紡した鹿の子を用いているので、不快な夏でも涼しく快適な着用感が味わえる1枚。ホリゾンタルカラーと細身で短丈のすっきりとしたシルエットが相まって、ビズポロスタイルをスタイリッシュに演出します。

アイテム5『ザ・スーツカンパニー』

見た目の清涼感をアップさせるなら、爽やかなストライプ柄のビズポロがおすすめ。肌当たりソフトなコットンをメインにポリエステルを混紡した鹿の子により、心地良い着用感と型崩れしにくい機能を両立。美しくロールしたボタンダウンにも注目です。

アイテム6『シップス』

イタリアの老舗生地メーカー、アルビニ社製のソフトな肌触りの鹿の子を使用。滑らかさと光沢感も持ち合わせているので、より上品なビズポロに仕上がっています。肩線と脇線はシャツの縫製で採用される巻き縫いにするなど、縫製にもこだわりが光る1着です。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    着用マナーも解説! ボタンダウンシャツの着こなしガイド

    この春はカジュアルにもきれいめにも使えるボタンダウンシャツに注目。今回は、ボタンダウンシャツの基本的な選び方からおすすめのアイテム、着こなし方までお届け。

    大中 志摩

    今一度おさらい。ワイシャツの襟型の種類と適したシーン

    今一度おさらい。ワイシャツの襟型の種類と適したシーン

    シャツの顔でもある襟は、デザインによってふさわしいシーンが異なります。正しいシャツ選びができるよう、どんな襟型があってどんなシーンに適しているのかご紹介します。

    近間 恭子

    チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

    チェックシャツを厳選。5つの柄から選ぶおすすめ10ブランド

    チェックシャツといえば日常着における基本の“き”。ただ、そのなかにも多彩な種類があり、それぞれで持ち味も異なります。その特性と、おすすめブランドをまとめました。

    山崎 サトシ

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    カジュアル着の定番であるジーンズと、誰もが認める『グラミチ』。弱点が見当たらない、“大人の好物”を合わせた1本をご紹介します。

    編集フカザワ

    BACK