3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

3万円で買える大人シック。腕時計もレトロ顔が良い

ネイビー、小ぶり、シンプル……、ウェア同様に腕時計も新トレンドが続々登場しています。今熱いジャンルの1つが、“レトロ顔”。人気の秘密と買いの6本をお届けします。

夏目 文寛

2019.03.12

腕時計

今、古き良き薫り漂う“レトロ顔”の時計がアツい

飾らないルックスが装いを選ばないシンプルウォッチブームは、依然として続く気配。比較的プライスが控えめのモデルが多いこともあって、既存ブランドからもここ数年で次々とリリースされている状態です。ただ、最近はそのシンプルさの方向性にも少し動きがあり、いわゆる“レトロ顔”の腕時計が注目を浴びつつあります。

レトロ顔ウォッチの売りは、いつもの腕時計と着け替えるだけで着こなしにムードを演出してくれる手軽さ。アンティークウォッチブームの再燃なども背景にあるかもしれませんが、シーンに広く受け入れられた要因はここにあります。以下にも紹介しますが、サイズなのか、色なのか、はたまた古き良き時代の腕時計を彷彿とさせるディテールなのかというほんの少しの遊びがあるだけで、腕元が見違えて見えてくるんです。

具体的には? レトロ顔ウォッチを見極める3つのポイント

着けるだけおしゃれに見せてくれるレトロ顔ウォッチ。ここでレトロ感を味わうためのポイントを3つお届けします。そのうちのどれか1つだけでも、またはすべてを叶えている腕時計なら、きっと腕元から着こなしを変えてくれるはずです。

ポイント1ケース径はアンティークウォッチにも多い40mm未満が望ましい

ケースが40mm以上の腕時計は当たり前のように存在しますが、大型化したのはここ20年のことなんです。アンティーク時計屋さんに行けば分かりますが、その昔、ほとんどの腕時計は40mm以下でした。レトロ顔ウォッチは基本的にアンティークデザインが元なので、当然サイズも小ぶりです。小ぶりであることの長所は、腕元で悪目立ちしないこと。つまり、どんなコーデにも似合ってくれるんです。

ポイント2文字盤はシンプルな3針。フェードがかったカラーのダイヤルがムードを醸成

アンティーク時計はシンプルな3針がほとんど。デイト(日付)表示があったり、秒針だけインダイヤルで表示するスモールセコンドなどバリエーションもありますが、今レトロ顔を買うにしても往年の雰囲気を存分に味わえる3針がおすすめです。そして、文字盤の色合いも大切です。褪色感のあるオフホワイト、深みのあるバーガンディやグリーン文字盤を選べば、腕元から違いを生み出してくれること請け合いです。

ポイント3ドーム型風防にボンベダイヤル、曲げ針などディテールが凝っているとなおGOOD

懐かしさを感じさせるディテールの1つがドーム型風防です。風防がアクリルで作られていた時代は、強度を出すために丸みを帯びたドーム型が一般的でした。現在の時計の多くは、アクリルより強度が高いサファイアクリスタルやミネラルガラスを風防に採用していますが、あえてフォルムはドーム型を選ぶと腕元から風合いを生み出せるでしょう。風防に合わせて丸く盛り上がったボンベダイヤルと、ダイヤルに沿ってカーブした針を持つなどディテールにもアンティーク感を反映した時計なら雰囲気も満点です。

3万円以下でもアンティーク調。おすすめの6本をピックアップ

いよいよレトロ顔ウォッチのアイテム紹介に移りましょう。3万円以下でアンティークな雰囲気満点の6ピースを厳選ピックアップしました。

1本目『オリエント』バンビーノ オートマチック

ジャパンブランド『オリエント』はレトロ顔ウォッチを多数ラインアップすることで有名です。アンティークらしい楔形インデックスやドーフィン針を採用し、ドーム型風防にボンベダイヤルとただならぬレトロ感を醸し出しています。しかも、ムーブメントは昔ながらの機械式でもちろんMADE IN JAPAN。ハズしに最高なルックスとこの上ないコスパ感を実現しています。

オリエントのおすすめ20選。日本発マニュファクチュールをその手に

オリエントのおすすめ20選。日本発マニュファクチュールをその手に

品質の高さと、それを良い意味で裏切る価格設定が魅力の国産時計ブランド『オリエント』。ブランドの魅力から代表モデルまでを網羅した、永久保存版としてお送りしよう。

菊地 亮

2本目『マスターワークス』TiCTAC別注 クアトロ

職人技が光るジャパンブランド『マスターワークス』によるレトロ顔ウォッチが、人気時計店「チックタック」コラボで登場しました。淡いホワイトとゴールドの組み合わせが、アンティークライクな味わいを醸し出し、コーデのポイントとなってくれそうです。ゴールドケースはとっつきにくいと感じるかもしれませんが、実にシンプルな3針時計のため、さまざまなコーディネートにマッチします。

この価格でここまでするか。新鋭マスターワークスの腕時計に脱帽

この価格でここまでするか。新鋭マスターワークスの腕時計に脱帽

2018年6月のデビューより、4万円アンダーとは到底思えない驚異の作りこみにより人気を博している『マスターワークス』。注目されているその理由を、細かく解説していこう。

編集ムタガミ

3本目『エル ラーセン』LW43

デンマーク産かつ今流行りのミニマルな北欧顔ウォッチですが、モダンさにレトロ感をブレンドしているハイブリッドさが魅力。この手の時計はフラットな風防が多いなか、ミネラルガラスのドーム型を採用、またバーインデックスは色褪せた蓄光塗料を思わせる色みを再現し、さり気なくアンティーク感を演出しているんです。ただシンプルなだけでない、随所に光るさりげない差別により北欧ブランドのなかでも頭1つ抜けています。

デンマーク製にこだわった新鋭!ラースラーセンの腕時計

デンマーク製にこだわった新鋭!ラースラーセンの腕時計

シンプルなデザインと手頃な価格帯で日本に定着した北欧ウォッチ。本記事で着目するのは、2016年に日本に初上陸した新鋭ブランド『ラースラーセン』です。

編集ウエダ

4本目『フォッシル』ミニマリスト

サイズはやや大ぶりながら、雰囲気は申し分ないのが『フォッシル』のシンプルウォッチ。もともと古き良きアメリカンテイストが持ち味のブランドなので、レトロ感のさじ加減は流石です。クリーム色のダイヤルと、使い込んだかのような風合いあるレザーストラップの組み合わせは、渋い味わいを感じさせます。

5本目『トモラ』T-1603

ニュークラシックを標榜するジャパンブランド「トモラ」によるレトロ顔ウォッチ。昔ながらのアクリルドーム型風防を採用し、それに合わせ文字盤もカーブしたボンベダイヤルに。さらにダイヤルのカーブに合わせて針先も曲げるというこだわりのアンティーク風ディテールを施しています。デザインもバウハウスのテイストを活かしており、視認性も抜群。見た目も機能性もバッチリな逸品です。

6本目『タイメックス』ミジェット

最後の1本は少々異質ですが、こちらもれっきとしたレトロ顔。1917年にアメリカ軍のために製造されたミリタリーウォッチの復刻モデルなんです。往年のミリタリーウォッチに特徴的なコブラ針やオニオンリューズが醸し出す懐古的な雰囲気はコーデのアクセントに最適。『レッド・ウィング』も使用するエス・ビー・フット社製のレザーベルトはプロテクターが取り外せるので、シンプルに使うこともできるんです。

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

永世定番品、タイメックス。カジュアルウォッチの金字塔を手に入れる

その歴史は160年以上。古き良き米国精神が詰まった『タイメックス』はなぜこんなにも男たちを魅了するのか。ルックスやコスパの高さだけではない味わい深さを堪能しよう。

小林 大甫

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    一度ハマったら抜けられない。ベル&ロスの名作と人気モデルを解説

    フランス生まれの腕時計ブランド、『ベル&ロス』。歴史こそ古くありませんが、優れたデザインとその裏側を支える信頼性は老舗・名門にまったく引けを取りません。

    増山 直樹

    モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

    モビルスーツ並みに高性能なプロスペックス。“男のロマン”仕様でお届け

    スペシャリストたちを虜にする高い機能性、洗練されたデザイン、何よりもメモリアルで数量限定という希少価値……。すべてがプレミアムな逸品。それが『セイコー』プロスペ…

    Freeamericanidol編集部

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド12選

    腕時計の本場がスイスというのは、否定できない事実。しかし、実用性においては日本が世界一といっても過言ではありません。その理由と、日本のブランドを語り尽くします。

    Freeamericanidol編集部

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    BACK