この冬人気のアイテム! フリースベストの上手な着こなし方

この冬人気のアイテム! フリースベストの上手な着こなし方

アウトドアウェア人気の影響から、フリース素材のアイテムが注目されています。なかでも手軽にレイヤードが楽しめるベストがおすすめ。着こなしのコツを解説していきます。

ai sato

2018.12.26

トップス
フリース
冬の着こなし・コーデ

アウトドアのテイストは、フリースベストで取り入れましょう

アウトドアウェアの流行により、今シーズンはフリースアイテムが充実。防寒力の高いジャケットやパンツも人気ですが、今買い足すならフリースベストにも注目したいところ。というのも、ジャケットに比べてコンパクトなベストは、シャツやニットと重ねたり軽めアウターにしたりとレイヤードが幅広く楽しめるから。普段の着こなしにアウトドアテイストをMIXさせたい時にも便利ですよね。また、「冬になると外は寒いのに、室内は暖房が強くて暑い」というケースも多いため、体温の微調整に適したベストが重宝するんです。

アウターとしても、中間着としても有効。フリースベストの着こなし方

さっと羽織れてコンパクトに持ち運べるフリースベスト。アイテム単体では魅力十分ですが、着こなしに取り入れられなければ宝の持ち腐れですよね。どのように活用すべきか、実例をチェックしましょう。

▼着こなしパターン1:フリースベストをアウターとして着用

冬のはじまりや終わりなど、比較的暖かい時期は軽めのアウターとして役立ちます。ニットやパーカーの上に羽織ったレイヤードスタイルなど、フリースベストをアウターとして着こなしているコーデをピックアップしました。

コーデ1アメカジにアクティブ感をプラス

パーカーとブルーのパンツというシンプルなアメカジコーデに、フリースベストを重ねて今年らしいスポーティな印象に。すっきりとコンパクトなベストとゆったりとしたパーカーというレイヤードで、着こなしにメリハリを出しているのもポイントです。

コーデ2上品コーデにアウトドアテイストをプラス

フリースベストはきれいめな着こなしのハズしアイテムとしてもぴったり。白シャツと黒スキニーという上品なスタイルに、あえて男らしいカーキのフリースベストを重ねることで、アウトドアテイスト漂うMIXコーデに仕上げています。

コーデ3ダークトーンに“ほっこり感”を加えて冬仕様に

ダークトーンでまとめたカジュアルに重ねたベージュのフリースベストが、温かみを感じさせるアクセントとして効いている好例。ニット×フリースというほっこり素材同士のレイヤードで、優しげな表情を演出している点も季節感がありますよね。

▼着こなしパターン2:フリースベストを中間着として着用

真冬にフリースベストを楽しむなら、普段のアウターの下に、中間着として取り入れるのが正解。どんな種類のアウターと合わせるのが今季的なのかを見ていきましょう。

コーデ1白のフリースベストで抜け感を演出

ダウンジャケットの中間着として着用した白のフリースベストをのぞかせ、防寒しながら抜け感を出すという上級テクニックを披露。インナーには同色の白Tシャツを重ね、立体感のある襟元を作り出しています。ニット帽とスリッポンにネイビーを選び、全体を引き締めているのも参考に。

コーデ2タフなモッズコートはネイビーのフリースベストで今季的に

ミリタリーを出自とするモッズコートは武骨なイメージに偏りがち。より今季らしく仕上げるには、フリースベストを中間着として取り入れてアウトドアテイストをMIXさせるのが近道です。カーキとネイビーという好相性な配色のため、違和感なく着こなせるはず。

コーデ3明るめのフリースベストでジャケットスタイルをカジュアルダウン

クリーンなジャケットスタイルをラフに着こなしたい時にも、フリースベストは有効です。明るめのカラーをセレクトすることで、渋い色みのジャケット&パンツという着こなしが軽快な印象に。ニット帽でフリースベストとリンクさせ、きれいめとアウトドアのテイストMIXを実践しています。

手軽に挑戦できる。この冬狙いたいフリースベスト

アウトドアブームもあって、今季様々なタイプが登場しているフリースベスト。その中から、手軽に普段の着こなしに取り入れられるモノを厳選しました。

アイテム1『ナノ・ユニバース』ボアフリーススタンドジップベスト

ソフトで贅沢な起毛感のあるボアフリース素材を使用。スタンドカラーで、首元の防寒力を高めているのもポイントです。ミニマルなデザインと、クールな単色カラーで合わせやすい点も魅力。

アイテム2『フリークスストア』ウェブ限定 ボアフリースベスト

肉厚で、ボリューム感のあるデザインが魅力のボアフリースベストです。軽くて暖かいので、冬のレイヤードスタイルにはぴったり。ややゆったりとしたシルエットのため、旬のオーバーサイズのスウェットやパーカーにも重ねやすいですよ!

アイテム3『スノーピーク』ウールフリースベスト

イングランド製のウールを、ポーランドのウールフリース専門工場で製造したこだわりの1着。上質なウール素材は、軽やかさと暖かさを両立し、普段のお手入れも簡単なのでヘビロテ間違いなし。すっきりとしたVネックはインナーとしてもアウターとしても、重ねるアイテムを選びません。

アイテム4『チャンピオン』シェルパフリースベスト

毛足が長めのシェルパフリースを使った、ふんわりとした肌触り良好なベスト。左胸のロゴ刺繍テープや襟後ろにあしらったロゴワッペンなど、さりげなく『チャンピオン』らしさも加味しています。

アイテム5『シーグリーン』ストラダエスト別注 フリースベスト

ベロアタイプの起毛を両面に施したリッチなフリース素材は、ストレッチ性も高くストレスフリーな着心地が自慢。胸より上にはハリ感のあるディバイバークロスと呼ばれる素材を切り替えデザインに取り入れ、スタイリッシュな表情を演出しています。

アイテム6『パタゴニア』メンズ クラシック レトロ-Xフリースベスト

表地は厚手のシェルパフリース、裏地は通気性に優れたポリエステルメッシュ、そして間には防風性バリヤーを挟んで冷気の侵入を防ぐという、防寒力の高さはアウトドアブランドならでは。襟とチェストポケットには撥水加工のナイロン素材をあしらい、デザイン性と機能性を高めています。

合わせて読みたい: パタゴニアのフリースで作る、大人の日常コーデ

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    サマーニットなら夏も快適。今、大人が狙うべきアイテムとは?

    サマーニットなら夏も快適。今、大人が狙うべきアイテムとは?

    夏はTシャツ1枚のスタイルが多くなりがちですが、大人なら適度なきちんと感をもたせたいもの。そんなときは、おしゃれ度が高まるサマーニットを取り入れてみてはいかが?

    近間 恭子

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

    山崎 サトシ

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

    山崎 サトシ

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

    菊地 亮

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    BACK