川と街の垣根を越える。日本産アウトドアブランドの新ラインに興味津々

川と街の垣根を越える。日本産アウトドアブランドの新ラインに興味津々

2018.10.30 21:00

トップス
ベスト・ジレ

山と街。まったく違うフィールドだが、歴史をたどればアウトドアがファッションシーンに及ぼしてきた影響は小さくないことがよく分かる。もはやダウンアウターは真冬のマブダチで、クライミングパンツも今となっては休日の頼れる相棒。でも、さすがに「釣り」は難しいかもしれない。専門性の強さがアダとなり、ディテールをそぎ落とせば“らしさ”を失い、そのまま着てはコスプレになってしまう。そんな高き垣根を飛び越えようとしているのが『フォックスファイヤー』である。

『フォックスファイヤー』は、1982年創業の知る人ぞ知る日本産アウトドアブランド。自然との共生をテーマにアウトドアクロージングやギアを展開してきたが、今秋、街での着用も視野に入れた新ライン「スプルースライン」を世に送り出す。ファーストシーズンでは同社を象徴するオールラウンダーベストもスタンバイ。設立当時に採用されていたカモ柄を裏地にあしらい、釣り具としての意匠を落とし込みつつも、スマートとさえ思える現代的なカッティングにリファイン。街でも生かされるようにデザインされている。またバックヨークにあしらわれた起毛感のあるスエードの切り替えも、上質な雰囲気を静かに伝える。

とにかく「逃した魚は大きかった」と嘆く前に、一度手に取ってみてはいかがだろう。モダンでありながらもしっかりオーセンティックなその姿が、貫禄と味わいをもたらしくれることが分かるはずだ。こんなアイテムが、長きにわたりワードローブに定着していくような気がする。手に入れたならばやはり、リリースはご法度だろう。

Text_Ryo Kikuchi

DATA

株式会社ティムコ

03-5600-0121

READ MORE合わせて読みたい
鮮度抜群。フィッシングベストを街着に加えたい

鮮度抜群。フィッシングベストを街着に加えたい

フィッシングベストの街着活用が増加中。一見難易度が高そうだが、意外にも幅広いスタイルに馴染んでくれるので、単調になりがちな夏の着こなしに加えてみては?

大中 志摩

季節の狭間はアウトドアブランドのベストで乗り切る!

季節の狭間はアウトドアブランドのベストで乗り切る!

夏の終わりから秋へかけて大活躍するアイテムと言えば、ずばりベスト! アウトドアブランドなら、機能もデザインも◎なベストがざくざく見つかります!

CANADA

1枚でコーデ格上げ! ニットベストの旬な着方と選び方

1枚でコーデ格上げ! ニットベストの旬な着方と選び方

この秋冬、トレンドアイテムとして要注目のニットベストは、実はいろいろな着こなしに使える便利アイテム。その選び方と着こなし方をレクチャーします。

編集オカダ

    KEYWORD関連キーワード

    BACK