街用も山用も網羅。今年狙いたいカリマーのダウン

街用も山用も網羅。今年狙いたいカリマーのダウン

アルピニズム発祥の国であるイギリスで生まれた『カリマー』。リュックが有名な同ブランドは、ダウンも負けず劣らず秀作揃い。山&街、どちらのシーンもイケちゃうんです。

山崎 サトシ

2018.10.11

カリマー(karrimor)
アウター
ダウン
ダウンジャケット
アウトドアファッション

イギリス生まれの老舗アウトドアブランド『カリマー』

『カリマー』は1946年にチャールズ氏とメアリー氏のパーソン夫妻により設立されたアウトドアブランドで、その名は“carry more(=もっと運べる)”に由来します。創設当時はサイクルバッグのメーカーでしたが、クライミングバッグ、さらにはクロージングとラインアップを次第に拡大していき、今日では世界でも有数の総合アウトドアブランドに。エベレスト北東稜遠征隊をはじめ、数多くの登山遠征隊に装備品として採用された実績を持つなど信頼性は高く、ここ日本においてもトップブランドのひとつとして揺るぎない支持を獲得しています。

デザインと品質を好バランスで両立した『カリマー』のダウン

バッグからスタートした同ブランドですがアウトドアウェアの評価も非常に高く、とりわけダウンは『カリマー』屈指の人気銘柄です。その理由のひとつが、申し分ない機能性。撥水性・耐久性などに優れたファブリックが駆使されているほか、中の羽毛も欧州産を筆頭に厳選されたモノを使用しており優れた防寒性を誇ります。本格アルパインに対応するモデルからタウンユース向けまでスペックは実に幅広いですが、いずれもプライス以上の品質を備えているので安心して袖を通すことができます。

さらに、ヨーロッパブランドらしい洗練されたデザイン性も大人たちを惹きつける大きな要因に。シルエット&ディテールとも妥協なく美意識を宿らせた『カリマー』のダウンを用いれば、こなれたアウトドアスタイルが実現できます。定番的な単色モデルはもちろん、大胆なマルチカラー仕様もスタンバイするなどバリエーションが豊富なのもうれしい限り。自身のスタイルやシチュエーションに合わせてセレクトしましょう。

シチュエーション別に選ぶ『カリマー』のおすすめアイテム

ここからはタウン&フィールド、それぞれのオケージョン別でおすすめのダウンウェアをお届け。どれも長年使っていける高品質なモデルばかりです。また、そもそもダウン自体が今シーズンも旬なアイテムなので、押さえておくのが吉!

▼タイプ1:気軽に着られて見た目もGOODな街用モデル

まずはアウトドアMIXスタイルに役立つタウンユース向けモデルからフォーカス。街用として紹介していますが、もちろんちょっとしたアウトドアであれば何ら問題なく対応できるポテンシャルです。シャツなどのきれいめのインナーと合わせやすい点も魅力。

アイテム1イーデイ ダウン ベスト

思わず目をひくマルチカラーで、着こなしの主役としてぴったりな1着。表地には軽量でありながら強度に秀でる機能素材、セボナーを使用し、中綿には良質なハンガリー産ダウンを封入。左胸にはクラシカルなデザインのオリジナルワッペンをセッティングしています。

アイテム2ボイジャー ダウン ベスト

ヘンリーネックを意識したユニークデザインが目をひく今作は、インナーダウンとしても役立つ万能アイテム。中には欧州産の上質ダウンがたっぷりと詰め込まれています。密に織り上げられたファブリックは、高強度で知られるパーテックス カンタム。

アイテム3イーデイ ダウン パーカー

毎年好評を得ている『カリマー』を代表するロングセラーモデル。先程紹介した「イーデイ ダウン ベスト」と同様に、表地にはセボナー、中綿にはハンガリー産ダウンを使っています。また、フロントポケット内には起毛裏地が配されており、ハンドウォーマーとしても重宝。すっきりとしたシルエットもタウンユースには魅力です。

アイテム4フェザーライト ダウン パーカー

エントリーモデルとして展開されている1着。ただし、良質な700フィルパワーの羽毛に撥水加工のリップストップナイロンを採用するなど、機能性はしっかりと確保されています。付属するスタッフバッグに入れてコンパクトに収納できるので、旅のお供にもうってつけ。

▼タイプ2:タフなフィールドシーンにも耐える本格ダウン

続いては、本気のアウトドアでも着用できるハイスペックモデルをレコメンド。アクティブライフを送る大人の欠かせないパートナーとなってくれます。街で着用する場合には、インナーで温度調節しましょう。

アイテム1ネビス パーカー

厳冬期登山に対応するアルピニスト御用達の1着。防水透湿性のある2レイヤー素材や、770フィルパワーのハイクラスなダウンが過酷な環境から身を守ります。背面は伸縮性と通気性に長けた機能マテリアル、ポーラテックネオシェルで切り替えており、コンフォート性を一層向上させています。

アイテム2アルピニステ ダウン

効果的な保温を叶えるボックスウォール構造により、高次元な防寒性を実現したダウン。撥水性&軽量性のレベルも高く、しかもスタッフバッグに入れられるので携行性も充分です。フードはヘルメット着用時にもかぶることができ、不要な場面ではロールアップして収納できます。

アイテム3グローバル ダウン ジャケット

ブランドが独自に開発した防水透湿素材、ウェザーライト2Lを採用しており、雨への強さは折り紙付き。さらに、640フィルパワーの良質なグースダウンが寒い日でも保温性を確保してくれます。収納式フードを備える2WAYデザインや、小物の仕分けが容易な多ポケット仕様も見逃せないポイント。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    ハンターのレインブーツで雨の日もおしゃれを楽しもう!

    大切なシューズが濡れてしまうのが、雨の日の悩み。かと言って雨の日もおしゃれはしたい……。そんな方におすすめしたい、『ハンター』のレインブーツをご紹介。

    CANADA

    雨が待ち遠しくなる。おしゃれで実用的なレインウェア20選

    雨が待ち遠しくなる。おしゃれで実用的なレインウェア20選

    雨が多い日本の気候からか、レインウェアが改めて注目を浴びてきている。そこで、今回は幅広く活躍してくれるおしゃれで機能的なレインウェアを徹底解説。

    大中 志摩

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    BACK