アスリートから支持されるピークパフォーマンスをタウンユースでも

アスリートから支持されるピークパフォーマンスをタウンユースでも

厳しいフィールドシーンに対応する本格機能と、洗練された北欧デザインを兼備する『ピークパフォーマンス』。その歴史と街使いできるアイテムを紹介します。

山崎 サトシ

2018.09.20

アウター

スキー用ウェアに端を発する『ピークパフォーマンス』

日本でも知名度が高まりつつある『ピークパフォーマンス』ですが、その出自はスウェーデン。モーグルスキーヤーのステファン・エングストローム氏、スキー雑誌編集者のピーター・ブロム氏、アートディレクターのクリステル・マーテンセンという、スキーをこよなく愛する3人により美しい山村オーレで設立されました。誕生したのは1986年のことで、日本市場には2008年に上陸。スキーウェアからスタートし、今ではトータルアウトドアブランドとして成長しました。さらに、カジュアルウェアにも定評があります。

アスリートから一般層まで、幅広く愛される『ピークパフォーマンス』の魅力

スキーヤーやゴルファー、登山家など多くのプロアスリートから絶大な支持を集める一方で、タウンユースアイテムとしても人気を誇る『ピークパフォーマンス』。ブランドの魅力がどこにあるのか、ここで解説していきましょう。

魅力1人間工学に基づいた高い機能性

スキー・ゴルフ・トレーニング・アウトドア・スイム・カジュアルの6カテゴリで展開されている『ピークパフォーマンス』のメンズコレクション。そのいずれもが人間工学に基づいて設計されており、優れた機能性を誇っています。本格ブランドらしく、ゴアテックスを筆頭にハイスペックな素材を用いたアイテムが多いのも特徴的。

魅力2北欧ブランドならではの洗練されたデザインワーク

スウェーデン生まれのブランドらしい、洗練された北欧デザインも大きな魅力。アウトドアアイテムとして十分なスペックを持ちながら、スポーティかつスタイリッシュなルックスなのでワードローブとして使ってもおしゃれなんです。大人っぽいスポーツMIXコーデにはうってつけ!

『ピークパフォーマンス』で押さえておきたいアイテム13選

『ピークパフォーマンス』のアイテムは、フィールドはもとより日常シーンでも映えるモノばかり。機能的なうえに街でもセンス良く身にまとえる良作を、一気にレコメンドします。

アイテム1パンモア ポロ

リサイクルポリエステルを活用したアースフレンドリーな逸品。吸水速乾性に長けた機能派ポロシャツなので、汗をかいてもサラサラ感をキープできます。胸元には大ぶりのロゴマークがあしらわれていますが、同系色なのでスマートに着こなすことが可能。

アイテム2リアクト ティー

体の熱がたまりやすい首元と脇下にメッシュ地を配置して通気性を確保。さらに、先ほどのポロシャツと同様に吸水速乾機能を備えるのでアクティブなシーンにうってつけです。余計な装飾性を省いたミニマルなルックスにつき、大人のカジュアル着としても役立ってくれること間違いなし。

アイテム3ガスト チェック ロングスリーブ シャツ

オーガニックコットンと化繊のミックスによって、ナチュラルな風合いと吸水速乾性を見事に融合。下半分が比翼仕立ての隠しボタンとなっているなど、細かな箇所へのこだわりからも“らしさ”を感じます。ベーシックなチェックシャツゆえ、さまざまなスタリイングにマッチ。

アイテム4ロンバード ベスト

主役としてもインナーベストとしても使えるオールラウンダー。しかも、キルティング面とのリバーシブル仕様となっているのでコストパフォーマンスも良好です。無地面にはハンドポケットが付き、キルティング面には胸元にポケットが付属します。

アイテム5シビル ミッド ジャケット

ポリエステルをベースに、ポリウレタンとウールもMIXした薄手のジャージー素材。肌触りは実に滑らかで、速乾性&ストレッチにも富んでいます。袖口のサムホール部分にはしなやかなソフトシェル素材を用いており、雨や風が浸入しにくい構造に。すらりとシャープな形状も高ポイント。

アイテム6パックジャケット

ゴアテックス素材を貼り合わせたポリエステルジャケットのため、防水透湿性は折り紙付き。その耐水圧は2万8000mmにまで及びます。サムホールや止水ジッパーをはじめとした実用本位なディテールも印象的。なお、裾と袖にはストレッチ素材が使われフィット感も良好です。

アイテム7スタークジャケット

こちらも高機能なゴアテックス素材を採用。軽量な仕立てのうえコンパクトに収納できるので、トラベルなどのお供にもうってつけです。サイドポケットの内側にはメッシュが使われ、ジップをオープンすればベンチレーションとしての役割を果たします。

アイテム8ヘリウムフードジャケット

羽毛が偏りにくいウェーブ状のキルティング構造となっているのが斬新。中には700フィルパワーを誇る良質なダックダウンが封入されています。身体のラインに沿ったフォルムだから、インナーダウンとしての着用もOK。ライトウェイトなのでサラッと気軽に着られます。

アイテム9トラック タイツ

ぴたっと足にフィットするナローシルエットのパンツ。細身ですが立体裁断で仕立てられており運動性はハイレベルです。DWR加工を施した撥水性のあるナイロン×ポリエステルをメインファブリックとして、前身頃は膝、後ろ身頃は腿から裾までがタイツ素材で切り替えられています。

アイテム10バロー パンツ

クリーンな風貌が印象深いストレッチポリエステル製の5ポケットパンツ。タイトフィットの1本なので、テーラードのようなきれいめのトップスとも好相性を見せてくれます。耐久性撥水加工が施された生地を採用している点も、同ブランドならではの魅力ですね。

アイテム11デツアー II 35L

型崩れしにくい、地厚なナイロン生地が使われたダッフルバッグ。内側にポケットが2つ、外側にジップポケットが1つ付いているため、小物を簡単に整理できます。ショルダーストラップが付属し、2WAYで持ち運べるというのもメリット。程良い容量なのでジムバッグとしても活躍します。

アイテム12ライト トートパック

手持ちトートとしても、バックパックとしても使用できるフレキシブルなデザイン。メインコンパートメントはジップ開閉式で、内側には小物用ポケットが装備されます。余計なディテールを削ぎ落としたミニマルなバッグのため、合わせやすさは申し分ありません。

アイテム13アセレレート キャップ

乾きやすいポリエステル100%製のスポーティなキャップは、ドローコードでフィット感を調整できる仕様。サイドにはレーザー加工によるパンチングがあしらわれ、アクセントになるとともに通気穴としても機能します。小ぶりの「P」ロゴもさりげないアイキャッチ。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アノラックに注目。旬デザインのパーカーを着こなしに取り入れよう

    アウトドアウェアの定番であるアノラックが注目されています。その理由を解説しつつ、押さえておきたいアイテムやタウンユースに落とし込む方法をご紹介。

    編集フカザワ

    スノーボードウェアだけにあらず。街で着るバートン

    スノーボードウェアだけにあらず。街で着るバートン

    スノーボード業界で人気を誇る『バートン』。ギアからアパレルまで展開する同ブランドですが、今アウターやリュックなどタウン使いできるアイテムも注目されています。

    近間 恭子

    七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

    七つの海を渡るがごとく。逸品が集う名店ナナミカに行こう

    目の肥えた高感度な大人たちが多く集まる、代官山の人気ショップ「ナナミカ」。アウトドアでも街でも使えるアイテムを多く展開する同店は、今のトレンドにも似合います。

    山崎 サトシ

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック20

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    ダウン級! 軽くて暖かいインサレーションウェアに注目

    真冬から春先まで活躍するインサレーションウェアに注目。「インサレーションとは」という基本や特徴、選び方、おすすめなどを多角的に紹介します。

    平 格彦

    大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

    大きさも防寒性も怪物級。真冬にはモンスターパーカーがあればいい

    多くのブランドが今季こぞってリリースしているモンスターパーカー。ビッグシルエットと圧倒的な保温力が特徴の同アイテムの魅力と、着こなし方を紹介します。

    平 格彦

    BACK