3大スポーツブランドを代表する名作スニーカー

3大スポーツブランドを代表する名作スニーカー

『ナイキ』『アディダス』『プーマ』と、スポーツブランドのハイテクスニーカーが大人気の昨今。ただ旬のベーシックな装いには、やはり流行り廃りのない名作も似合います。

桐田 政隆

2015.06.07

ナイキ(NIKE)
アディダス(adidas)
プーマ(PUMA)
スニーカー

いずれもスタイルを問わず、1足持っておくと便利

ここでは『ナイキ』『アディダス』『プーマ』の3大スポーツブランドの名作を紹介。いずれも飾り気のないシンプルなモデルで、ファッションのスタイルを選ばず1足持っておくと便利。そしてスニーカー好きなら、ぜひ1度は足を通しておきたい傑作です。

『ナイキ』からは2足の名作ローテクスニーカーをお届け

Part1『ナイキ』 コルテッツ ベーシック レザー 06

1971年、『ナイキ』の歴史のはじまりと共に発表されたコルテッツ。まさにいわずとしれたランニングシューズの名作です。トウの切り替えとミッドソールのライン、ヘリンボーンパターンのソールが特徴的ですが、デザインはきわめてシンプルで、デニムにも合うモデルとしても人気。また同足は日本未発売のレザーモデルです。

Part2『ナイキ』 エア フォース1

『ナイキ』には数々の名作がありますが、コルテッツ同様に合わせやすい名機といえばこれ。ちなみに米国大統領専用機の「Air Force One」にちなんで名付けられ、エアを初めて搭載したバッシュってのも、スニーカー好きなら必修の知識(笑)。ストリートな印象がありますが、オールホワイトは意外とスタイルを選びませんよ。

トレンドのど真ん中をいく『アディダス』の名作といえばこれ

Part3『アディダス オリジナルス』 スタンスミス

『アディダス』はやはり世界一売れたスニーカーとされる、スタンスミスがハズせません。2年前の復活から話題ですが、20〜30代なら今季登場のガラスレザータイプにより親近感がわくはず。’90年代に夢中になった自分もそんな一人で、やっぱり光沢のあるアッパーとスムースレザーのヒールタブの方がしっくりくるな〜。

Part4『アディダス オリジナルス』 スーパースター 80s ヴィンテージ デラックス

こちらも『アディダス』の名作に欠かせないスーパースター。今季から’80年代のヴィンテージを復刻した新作が登場し、改めて人気となっていますね。新作ではインラインと違い、生成りがかったプレミアムレザーのアッパーに、スリーストライプスにはヌバックを使用。そして何よりうれしいのが金と黒の配色の"金ベロ″では!?

『プーマ』といえばこれを知っておかないと!

Part5『プーマ』 スエードクラシック+

最近ではコラボモデルや復刻のディスクブレイズが人気ですが、『プーマ』はこのスエードを知らないと大恥をかくことになります。オールスターやスタンスミスと並ぶデニムの似合う名作であり、ワンスターと双璧をなすスエードスニーカーの傑作といえるでしょう。1968年の誕生以来の、数々のエピソードも面白いですよ。

スエードクラシック+はデニムとの相性はもちろん、とにかくパンツを選ばない

素材感のあるスエードアッパーなので、スエードはデニムをはじめ、チノやショーツなどにも相性がよく、とにかくパンツを選びません。今どきのシックなブラックなら、スラックスのハズしなんかにも使えそうですね。

知っています? スエードとクライドの微妙な違い

ちなみに『プーマ』にはスエードとうりふたつのクライドというモデルがあります。この2足はまぁほぼ一緒なんですが(話すと長いので割愛…)、違いの見分け方もあります。アッパーのネームロゴも違うのですが、マニアックなのがヒールタブのキャットマークの有無。ちなみにスエードにはあって、クライドにはありません。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して

    レトロダッドなアーカイブに、近未来の空気を宿して

    東京・上野を拠点にして日本、ひいては世界のスニーカーシーンを牽引する「ミタスニーカーズ」と『プーマ』とのコラボモデル「セルヴェノム“ステルス”」がゲリラリリー…

    Freeamericanidol編集部

    足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

    足元もTPOをわきまえて。革靴のデザインの違いと履き分け方

    大人の男性であればTPOはわきまえてしかるべき。衣類は考慮しがちですが、足元への注意を怠ってはいませんか? TPOにそった革靴を選べるよう、基本を押さえましょう。

    池田 やすゆき

    光るのは東京・浅草の職人技術。エンダースキーマの製品を知る

    光るのは東京・浅草の職人技術。エンダースキーマの製品を知る

    名作スニーカーを革靴として再構築するオマージュラインで有名な『エンダースキーマ』ですが、秀作はそれだけにあらず。数々の珠玉作より、おすすめをお見せします。

    山崎 サトシ

    チャッカブーツといえばこの10足。注目ブランドも着こなし方も解説します

    チャッカブーツといえばこの10足。注目ブランドも着こなし方も解説します

    スエードやスムースレザーを採用した上品なルックスながらも、カジュアルな雰囲気を持つチャッカブーツ。幅広い着こなしに取り入れられるので、1足あると確実に重宝する。

    大中 志摩

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    定番を攻略せよ。無地スウェットをおしゃれに着こなす3つのヒント

    あっさりとした表情の無地スウェットは合わせやすい反面、センス良くコーディネートするのが意外と難しいアイテム。どう着こなすとおしゃれに映るのか、解説します。

    山崎 サトシ

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    『ナイキ』が誇るエアマックスを、より進化させたエア ヴェイパーマックス。同ブランドらしい最新テクノロジーを掘り下げつつ、今購入できるラインアップに迫る。

    小林 大甫

    BACK