芸術とも言える、リリー・エルランドソンのアクセ

芸術とも言える、リリー・エルランドソンのアクセ

神秘的な輝きを放つカラーストーンが特徴的な『リリー・エルランドソン』のアクセ。このブランドの投入で、寂しくなりがちな夏の装いを格上げしてくれること間違いなし。

大中 志摩

2015.06.11

リリー・エルランドソン(LYLY ERLANDSSON)
アクセサリー

謎多きブランド『リリー・エルランドソン』

ユリを中心とした植物モチーフのジュエリーをメインに展開している『リリー・エルランドソン』。作家の国籍や性別などそのほかの情報に関しては、一切公表されていない謎の多いブラントとしても有名だ。そんな同ブランドのジュエリーは繊細さと緊張感を潜ませた佇まいで、もはや芸術とも言える作品ばかり。

鮮やかに彩るカラーストーンがポイント

『リリー・エルランドソン』の特徴は、発色の鮮やかなカラーストーン。このカラーストーンは、ジュエリーほぼすべてに用いられており、カラーも数種類から選ぶことができる。抜群の存在感を放ってくれるのでコーディネートのアクセントにも最適。今回は、カラーストーンの魅力を存分に楽しめるアイテムをピックアップした。

カラーバリエーション豊富な『リリー・エルランドソン』のアクセをご覧あれ

ザ・リリー

緋色に輝く妖艶なカラーストーンが抜群の存在感を放つザ・リリー。花々に囲まれた棺をイメージし、カラーストーン中央には棺を護るかのように鎮座するブランドモチーフである蛇があしらわれている。ボリュームがあり存在感抜群のストーンに目が行きがちだが、緻密な彫刻が施された棺を囲む花々にもぜひ注目してほしい。

ザ・アリア

ひし形のカラーストーンをセットした小ぶりなリング。モチーフに関しては一切秘密とされ、実際に手に取り、デザイナーが込めた隠された物語を感じ取ってほしい。薬指や小指にも合わせやすいデザインで、爽やかなオリーブグリーンのストーンがさりげなく主張してくれる。ほかのリングに比べてリーズナブルな価格もうれしい。

ザ・グラヴィティー

隕石を彷彿とさせる不規則にカットされた形状の、グリーンのカラーストーンが印象的。力強さとアンバランスさが不思議な気品を漂わせる作品に仕上がっている。さらに、ストーンを囲むシルバーの枠がないのでストーンの存在感が一層際立つ。グリーンのグラデーションが美しく、指元を鮮やかに彩ってくれる。

ザ・ウインター

極寒の海にそびえる永久氷壁をイメージしたザ・ウインター。ストーンを囲む重厚感あるシルバーの枠には蝶や花などが落とし込まれている。水の中を覗いているかのような発色のいいアイスブルーのストーンが特徴。ストーンのカラーグラデーションはデザイナーによる手作業なので、すべて違った表情に仕上がっている。

ザ・ミッシング

『リリー・エルランドソン』最大の特徴であるカラーストーンをあえて組み合わせないことで、彫刻の美しさやリングの存在感を際立たせた。シルバーの色味を生かしたデザインは、ほかの作品とは一線を画す、どこか不気味な雰囲気に仕上がっている。ボリュームのあるデザインなので、これひとつで抜群の存在感を放つ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK