コスパの高い本格靴。バーウィックって知ってる?

コスパの高い本格靴。バーウィックって知ってる?

品質・デザインともに優れたドレスシューズをリーズナブルな価格で提供している『バーウィック』。その歴史や特徴、おすすめモデルまで迫ります。

近間 恭子

2018.08.26

レザーシューズ

スペイン生まれの靴ブランド『バーウィック』をご存じですか?

『バーウィック』というブランドの知名度はそれほど高くないかもしれませんが、実は1707年にスペインで創立した老舗。そもそもカジュアルシューズを生産していましたが、1900年代半ばから本格的なドレスシューズブランドとしてリスタートしました。イギリスのクラシックなテイストとイタリアやフランスの色気を絶妙に融合させた、スペインらしいバランスのとれたデザインが支持されています。それがリーズナブルなプライスで手に入るのも特筆すべき魅力。

職人技が光る、こだわりのモノ作り 

『バーウィック』のドレスシューズは、普遍的なデザインながらもこだわりが満載。それは見た目の美しさや履き心地にもつながっています。

こだわり1効率をアップさせる手作業と機械の両刀使い

グッドイヤーウェルト製法は複雑な裁断工程が多く、手間がかかるもの。そこで『バーウィック』では従来のナイフによる裁断に加え、機械を用いた手法も取り入れています。素材によってそれを使い分けることで、生産スピードのアップに成功しました。

こだわり2熟練職人の技が光る、丁寧で確かな縫製

ドレスシューズの見栄えを大きく左右するのがアッパーの縫製。『バーウィック』では手先の器用な熟練職人が縫製を担当し、細かなディテールまで気を配って丁寧に作られています。それゆえにリーズナブルなプライスとは思えない、美しい仕上がりを実現しているのです。

そして、本格靴なのにお手頃な価格帯にも注目を

グッドイヤーウェルト製法で作られるドレスシューズは、手間がかかるので値が張りがち。しかし、『バーウィック』は300年以上もの歴史で培った確かな技術と、革新的な技術を組み合わせた高効率な生産ラインによってコスト圧縮を実現。それによって高品質でいてコストパフォーマンスが高いドレスシューズが提供できるのです。

『バーウィック』の人気モデルをピックアップ

高品質ながらも低価格を実現している『バーウィック』のラインアップから、Freeamericanidol世代におすすめのモデルを厳選。デザインの種類も豊富なので、購入時の参考にしてみてください。

アイテム1タッセルローファー

コシの強いボックスカーフを使用したことによる、重厚感ある見た目が魅力のタッセルローファー。アウトソールにはグリップ力の高いラバー素材を用いているので、路面状況にかかわらず安定した歩行を提供します。カジュアルはもちろん、ビジカジやジャケパンスタイルにもおすすめですよ。

アイテム2ストレートチップシューズ

ビジネスシーンから冠婚葬祭まで活躍する内羽根式のストレートチップシューズ。品格ある見た目とは裏腹に、アウトソールはイギリス製のラバーソール、ダイナイトソールというのがミソ。耐久性とグリップ力に優れ、突然雨が降っても安心です。艶感が美しいボックスカーフを採用。

アイテム3プレーントゥシューズ

オーソドックスなプレーントゥにバーガンディカラーが引き立つ1足。こちらもイギリス製のダイナイトソールを使用しているので、グリップ力や耐久性も抜群です。程良いボリューム感で、ビジネスからカジュアルまで幅広い着こなしに活躍するはず。

アイテム4Uチップシューズ

品のあるUチップシューズながら、コバ部分の張り出しに幅を持たせることでカジュアルスタイルとも相性の良い1足に。アウトソールはビブラム社のタンクソールを使っており、インパクトある見た目に加えて安定した歩行を実現します。

アイテム5ダブルモンクストラップシューズ

程良くラウンドした型により、クラシックな雰囲気をキープしつつトレンド性も意識。ダークブラウンのレザーとゴールドカラーのバックルが相まって、足元に適度な高級感を醸し出します。アウトソールは耐久性とグリップ力に優れたダイナイトソールを使用。

アイテム6チャッカブーツ

アッパーに用いた上質なコードバンが、お馴染みのチャッカブーツに重厚感と気品をプラス。履き込む程に艶感がアップするという、コードバンならではの経年変化が楽しめます。シンプルなデザインなので、あらゆるシーンやコーディネートに対応してくれるはず。

アイテム7サイドゴアブーツ

どこから見ても美しいフォルムのサイドゴアブーツ。コシの強いボックスカーフを使用しているので重厚感がありますが、ロングノーズ気味なので足元をスマートに演出してくれます。ボリュームが増える秋冬のコーデにバランス良くハマります。

アイテム8ホールカットシューズ

革のつなぎ目がかかと部分のみの1枚革で作られたホールカットシューズは、洗練された足元を構築してくれます。アンティーク調のムラ感あるアッパーのボックスカーフも引き立ちます。機能性に優れたダイナイトソールは、高級靴にも用いられるイギリス・ハルボロラバー社製。

アイテム9ウイングチップシューズ

トラディショナルなムードを醸す厚めのタンクソールによって、ほかのモデルよりもさらに存在感あるルックスに。メダリオンやパーフォレーションといった穴飾りがドレッシーさを高め、足元を華やかに見せてくれます。上質なボックスカーフを使用。

アイテム10パンチドキャップトゥシューズ

キャップトゥにパーフォレーションを施したクラシカルな佇まい。上質なボックスカーフならではの美しい艶感が、リーズナブルな価格とは思えない高級感を演出します。スタンダードなストレートチップとは一線を画す、洒落感が手に入るのもうれしいポイント。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    カジュアル着の定番であるジーンズと、誰もが認める『グラミチ』。弱点が見当たらない、“大人の好物”を合わせた1本をご紹介します。

    編集フカザワ

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    ミリタリーアイテムのなかでも人気のカーゴパンツ。なかなか知ることのないその歴史や着こなすコツ、大人になじむ1本まで、カーゴパンツにまつわる情報を網羅します。

    Freeamericanidol編集部

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    大人の足元にはまる。ニューバランス574の魅力とは?

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    大人の万能靴。ポストマンシューズの魅力とおすすめ10選

    革靴ならではのかっちり感とカジュアルな要素を併せ持ったポストマンシューズ。幅広いスタイリングになじむ万能靴の魅力とおすすめのブランドをお届けする。

    大中 志摩

    BACK