スーパークールビズ期間はポロシャツで過ごすのが正解

スーパークールビズ期間はポロシャツで過ごすのが正解

戦闘力でなく気温の上昇によりスーパークールビズへと進化した昨今。社会の戦闘民族とも言える会社員の皆さま、戦闘服(スーツ)からポロシャツに衣替えしてみませんか?

編集イトウ

2015.06.16

トップス
ポロシャツ
クールビズファッション

ポロシャツを制する者がスーパークールビズを制する

ポロシャツを制する者がスーパークールビズを制する

環境省におけるスーパークールビズの服装として、ノータイにノージャケット、アロハシャツ、パンツとしてはチノパンが推奨されています。ネクタイとジャケットに関してはワードローブから外すだけ、パンツはチノパンとあるので簡単ですが、問題はトップス。アロハは派手すぎるので、ポロシャツがベターではないでしょうか。

ポロシャツの無地orワンポイントデザインで、モノトーンやネイビーがベター

これはずばり、華美すぎないデザインが基本となります。ド派手なデザインは避けて、胸元にワンポイントあるタイプやモノトーンやネイビー、淡いカラーを選んだり、襟先や袖にポイントがあるタイプがよいでしょう。これらの条件を踏まえつつ、ビジネスマンの皆様にオススメのポロシャツをご紹介します。

Item1『ラコステ』プレミアムコットン BIZ ポロ

厳選したシルキーな超長綿、ホワイトアクアを採用したビズポロ。艶やかな表面感と卓越した肌触り、コットン100%ながら優れたストレッチ性を兼ね備えているので、オフはもちろん、ビジネスシーンも快適に過ごせます。

Item2『ドルモア』ウォッシュドコットン鹿の子ポロ

洗いをかけた生地にシンプルなデザイン。適度なコシを持たせた襟はジャケットのインに着ても収まりが良く、台襟の高さも申し分無し。前立ての雰囲気や深さも絶妙で、ドレス感もしっかりと持ち合わせた1枚は、夏の主戦力として活躍してくれます。

Item3『ジョンスメドレー』ニットポロ

ブランドの定番ポロであるアイシス(ISIS)に台襟を与え、より衿立ちのいいカッチリした印象に仕上げたアドリアン(ADRIAN)。コットンの中でも特に肌触りのよいシーアイランドコットンを採用することで、これだけでも高級感を十二分に楽しむことが可能。大人のための1枚です。

Item4『ルトロワ』ポケット付きポロ

快適な着心地の秘密は、ポロシャツのボディにあり。採用するカットソー生地は、昔ながらの丸編み機を使用することで伸縮性に富み、やわらかく、継ぎ目のない生地を生み出します。そのため適度にフィットし、ジャケットのインナーとしてももたつきません。

合わせて読みたい:
その心地良さはやみつきに。ルトロワのウェアを着よう

Item5『サイ』鹿の子ポロ

毎年ブランドの定番として展開されている鹿の子ポロシャツ。ソフトでふっくらとした鹿の子に仕上がっているので、着心地も快適。胸元にはブランドのアイコンであるサイが鎮座。シンプルながら胸元のワンポイントが目を引くポロシャツです。

Item6『ギローバー』ボタンダウンポロ

シャツに定評のある『ギローバー』のコットンポロ。襟のロールが美しいボタンダウン、左裾に入るブランドロゴの刺繍など、嫌味なくデザイン性のある1枚は、オン・オフ問わず愛用したくなります。

クールビズのポロシャツの着こなしは、清潔感、きちんと感を最重視して

クールビズスタイルの核となるポロシャツは、アイテム選びはもちろんですが、着こなし方も大事。急な来客や商談にも対応できるよう、相手への敬意を忘れてはいけません。リラックスしながらも失礼のない品位を表現できる着こなし方をここでご紹介しましょう。

Style1ネイビー×グレーのコンビはハズせない!

ビジネスマンなら1枚は持っているグレーのスラックスは、ネイビーのポロシャツと相性バツグン。清涼感のあるコンビなので見た目にも涼しげで、かつ知的さも漂わせることができます。胸元のボタンは1つ開けて、ラフになり過ぎないよう注意して。

Style2ベージュチノを取り入れるときは少しデザインのあるポロをチョイスして

ポロシャツとチノパンのコンビは、着こなしによっては"THEおじさん"というイメージが強く出てしまう恐れも。チノパンは細めをチョイスし、襟やそでにラインが入る程度のデザインがあるポロシャツで、サイズはやや細め&ショート丈を選べば、その心配も必要ありません。

Style3会社の規定が許すなら、トレンド色の強いコンビに挑戦!

旬のホワイトパンツにインディゴブルーの組み合わせは、清涼感とトレンドを強く打ち出せる組み合わせ。上下ともにスリムフィットのサイズ感に統一すれば、ややカジュアルな組み合わせでもだらしなく映りません。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK