夏の男をアクティブにする。快適でおしゃれなマリンシューズ11選

夏の男をアクティブにする。快適でおしゃれなマリンシューズ11選

夏真っ盛りのこれからのシーズンは、水辺のレジャーへ繰り出す機会が増えるもの。なら、その足元には海や川もへっちゃらなマリンシューズが適役です!

山崎 サトシ

2018.07.31

アウトドアファッション

水辺でのレジャーに欠かせないマリンシューズ

夏真っ盛りの今、休日に水辺のレジャーやマリンスポーツへ向かう人も少なくないはず。水辺での履き物といえばビーサンが主流ですが、脱げやすかったり、アッパーがないぶん思わぬケガを負うリスクも。特に川や海の岩場などでアクティブに動き回るなら、足がすっぽりと覆われるマリンシューズが断然おすすめです。ウォーターシューズやアクアシューズとも呼ばれますが、いずれもソールは濡れた岩場を想定して作られているので滑りにくく、安心してアクティビティに没頭できます。今では街中でも履ける程デザイン性の高い水陸両用モデルが多数登場しているので、活用シーンの幅が広いのも魅力。1足持っていて損のないアイテムです。

サイズが肝心。マリンシューズを選ぶときのポイント

マリンシューズは水中で歩くのはもちろん、軽量なモノなら履いたまま泳げる、ウォーターレジャーの頼もしい味方。ですが水の抵抗が大きいぶん、サイズが合っていないとすぐに脱げて、かえって動きづらくなってしまいます。水中での利用をメインに考えるなら0.5cm程度サイズを落とした方がベター。

高機能で見た目も良し。水陸両用のマリンシューズ11選

アウトドアシーンをより実りあるものへと導いてくれる、機能性に優れたマリンシューズをご紹介。どれもスタイリッシュなデザインを兼ね備えており、なかにはスニーカーとして街で活用しても遜色ないモノも。用途やスタイルに合ったモデルを選んで。

アイテム1『ナイキ』アクアソック360

1980年代に発表された「アクアソック」の復刻版。ソックスのように薄手のアッパーと、360度曲がるしなやかなアウトソールのおかげで、履き心地は非常に軽やか。しかも、ヒールカウンターによって耐久性も確保しています。『ナイキ』らしいクールなデザインも大きな魅力。

アイテム2『コロンビア』ベントスリップ3

アッパー&インソールともにメッシュ素材となっており、湿気をコントロール。ミッドソールにはラバーの使用を最小限に抑えて軽さを追求したテックライトを使用しています。自宅でまるっと水洗いできるシューズなので、衛生面も安心です。

アイテム3『ザ・ノース・フェイス』ライトウェーブ フロー レース

かかとを踏んでサンダル代わりに履くこともできる、便利な2WAY仕様の水陸両用シューズ。シームレスとなったオープンエアーメッシュアッパーは、通気性と水はけが良いだけでなくフィット感も抜群です。さらに、アウトソールにはビブラムソールを用いており、ハイレベルな強度を誇っています。

アイテム4『アディダス』クライマクール クロベ

通気性&速乾性に秀で、さらにはクーリング機能まで備える独自のクライマクール素材を使用。おかげで着用感はコンフォートそのものです。アウトソールのグリップ力も非常にパワフルで、滑りやすい場所でも安心して履くことができます。また、ストレッチ性も良好で着脱が非常にイージー。

アイテム5『メレル』テトレックス ラピッド クレスト

フットベッドにあしらわれた水抜き用の穴と速乾性に優れたメッシュ素材のアッパーのおかげで、ウォーターアクティビティにおいて活躍すること必至。人工皮革×メッシュのコンビネーションアッパーは発色が効いていて、コーデのアクセントとしてもおあつらえ向き。

アイテム6『キーン』クリアウォーターCNX

水や汚れに強いポリエステル製アッパーに加えて、ウォッシャブルシューズなのでお手入れも実にイージーです。土踏まずに合わせて立体成型されたポリウレタンミッドソールやしっかりと“地面をつかむ”ノンマーキングラバーアウトソールなど、スペックの高さは本格派ブランドならでは!

アイテム7『モンベル』アクアソック

日本が誇る老舗アウトドアブランドより登場したマリンシューズ。アッパーには水はけの良いメッシュ生地を採用し、アウトソールには濡れた岩場であっても抜群のグリップ力を発揮するアクアグリッパーを採用。甲のベルクロでフィット感を調整できる優れモノ。

アイテム8『サロモン』クロスアンフィビアンスウィフト

ランニングソールを採用した、水陸両用のスニーカー型ウォーターシューズ。カヤックやラフティングなどの水辺アクティビティからトレイルランまで、幅広く対応してくれる頼もしい1足です。アッパーはメッシュとナイロンの組み合わせが特徴で、これにより通気性と耐摩耗性を両立しています。

アイテム9『ラプアカーマ』アクアネットスパイダー

蜘蛛の巣を思わせるメッシュアッパーと取り外せるインナーソックスがセットになったレイヤードスタイルの1足。履き口には擦れを防止するパッド、かかとには衝撃を緩和する低反発素材を用いるなど、細部までこだわって仕上げています。

アイテム10『ボディグローブ』メンズ ウォーターシューズ

柔らかで伸縮性にも優れたアッパーは、鮮やかなカラーリングもひときわ目を引きます。インソールとアウトソールに水抜き穴が開いており、街履きのときには空気を循環させる働きをしてくれます。ソールがつま先とかかとの両方を包み込む設計になっているので、水辺でのケガ防止にも心強い1足。

アイテム11『ラスティ』メンズシューズ

ネオプレンとメッシュを巧妙に組み合わせた、水場はもちろん街でも快適な逸品。シックなブラック基調の1足ですが、マルチカラーのフィンガーループとドット柄のヒールカウンターが絶妙なアクセントになっています。ラバー製のアウトソールには適度な厚みを持たせ、海の岩場や川で遊ぶときにも安心かつ快適。

最後に。靴擦れ予防にマリンソックスも便利

ここで紹介した11アイテムは、どれも肌に触る部分の素材が柔らかく、柔軟にフィットするモノばかり。しかし、なかには堅めのラバー素材が直接肌に触れるモデルもあります。靴擦れが気になるようであれば、マリンシューズと同じく水中に対応したマリンソックスを一緒に履くと良いでしょう。普通のソックスと比べて厚みがあるので、着用を前提とするならシューズはハーフサイズ程度アップしたチョイスを。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    アディダスのサンダルが街使いでも人気。おすすめ10選とおしゃれな履き方

    アディダスのサンダルが街使いでも人気。おすすめ10選とおしゃれな履き方

    スポーツMIXが浸透してきた最近は、おしゃれとして取り入れる人も増えている『アディダス』のサンダル。なかでも人気の「アディレッタ」を中心に、おすすめモデルを紹介!

    ai sato

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    BACK