猛暑に必携の1本。サマースラックスで夏も品良く、快適に

猛暑に必携の1本。サマースラックスで夏も品良く、快適に

近年類を見ない暑さから、ショートパンツの需要が急上昇。とはいえ、大人としては夏でも涼しくはけるロングパンツで上品に装いたい。そんなニーズに応える1本を厳選した。

編集フカザワ

2018.07.28

ボトムス
スラックス
夏の着こなし・コーデ

涼しく、品良く。夏でも快適なサマースラックスが重宝する

年々高まる気温と比例し、その人気ぶりに拍車をかけているのがショートパンツ。ひと昔前ならば、大人がショートパンツをはくのは気恥ずかしいという空気もあったかもしれないが、今となっては暑さに耐えかねて手を伸ばすのも無理はない。むしろ「暑い時期には涼しく過ごせるショートパンツを」と、積極的に着こなしに取り入れ始めている。

その一方で、オン・オフ問わずロングパンツを必要とするシーンも少なくない。ビジネスはもちろん、休日であっても知人の集まりや外食などでラフな装いがはばかられることもある。そんなときに厚手のロングパンツを我慢してはいていくのもまた、スマートではない。

そんなとき、夏にも活用できるロングパンツとして提案したいのが、サマースラックス。当記事では、リネンやシアサッカーなど盛夏に馴染みある素材はもちろん、クールマックスを筆頭とする機能的な“涼感素材”も含めてサマースラックスのおすすめをピックアップした。

合わせて読みたい:
クールマックス素材のアイテムがこの夏もマストハブ!

カジュアルにもきれいめにも使えるシルエット選びが重要

サマースラックスにおいて注視すべきはシルエット。カジュアルに着こなす休日用の1本だけならばトレンドのワイドパンツも選択肢に入るが、ビズシーンとの併用も考えているならば程良くテーパードがかったシルエットを選ぶのが得策だろう。欲を言えば、やや裾丈が短めのアンクルカットがベター。足首を出すだけで、見た目も体感温度も涼しくなる。

合わせて読みたい:
大人コーデにはスラックスを。今選びたいのは細身テーパードシルエット

素材感の強いリネンシャツも、ボトムスからクリーンに

テーパードシルエットのサマースラックスならば、休日の着こなしも品良くスタイリングできる。Tシャツ1枚でも、季節感のあるリネンシャツでも大人の品位を損なうことはない。

夏場のビジカジスタイルに、品を落とさず清涼感を加味

ビジネスにおいても、その汎用性の高さが生きてくる。同素材のジャケットとポロシャツという組み合わせならば、見た目に涼しげでもオフィスや外出先においても不快感を与えない着こなしに仕上がるだろう。

猛暑の夏もさわやかに。チェックすべきサマースラックス5選

“涼感素材”かつテーパードシルエット。そんな2大条件を満たすサマースラックスを厳選。ショートパンツと併せて持てば、夏場のどんなシーンにも対応できるはずだ。

アイテム1『ジャーナルスタンダード』

凹凸のある素材感のため肌の接地面が少なく、涼感が得られるシアサッカー素材を採用。さらにはストレッチ性や吸水性、速乾性にも優れているため、汗ばむ季節に重宝する。細身のテーパードシルエットはビズシーンにも適役だ。共地の ジャケット とのセットアップも可能なため、セット買いも視野に。

アイテム2『アーバンリサーチ テーラー』

人気セレクトショップの『アーバンリサーチ』が提案するドレスラインが『アーバンリサーチ テーラー』。同シリーズからリリースされているクールマックスウール素材のスラックスは、透湿性と通気性に秀でた1本。湿度が高い日本ならではの生地使いは、機能的なアイテムを好むFreeamericanidol読者にうってつけだろう。

アイテム3『アダム エ ロペ』

太さがありつつもテーパードがかったシルエットが清潔感と旬度を演出する『アダム エ ロペ』。なお、品格を感じさせる表情は、フレンチリネンを使用したストレッチ素材・ヴァルデマロによるもの。シャリ感とやわらかさを共存させた生地感は、それだけでさわやかさを雄弁に物語る。

アイテム4『フリークス ストア』

白とライトブルーの配色やシアサッカー素材が清涼感を思わせる『フリークスストア』のサマースラックス。こちらはシルエットに定評がある『サージュデクレ』とのコラボ作。洗練された見た目ながら、ウエスト部分がイージー仕様というギャップもうれしいところ。

アイテム5『シップス』

リネンならではの涼しげな印象とナイロンストレッチによる動きやすさを兼備した、ストレスフリーな優れモノ。ゆとりのあるテーパードシルエットも絶妙。セットアップからTイチスタイルまで、ジャンルレスにはきこなせる汎用性の高さもポイントだ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK