スポーツMIXの大定番。アディダスのTシャツはやっぱり頼れる

スポーツMIXの大定番。アディダスのTシャツはやっぱり頼れる

人気継続中のスポーツMIXスタイル。やはり重宝するのは定番スポーツブランドの一品だ。今夏おすすめの『アディダス』Tシャツとその着こなし方をご紹介。

大中 志摩

2018.07.29

アディダス(adidas)
トップス
Tシャツ

『アディダス』のTシャツ1枚で王道スポーツMIXが完成

スポーツブランドの雄『アディダス』。スポーツMIXスタイルの人気が今季も継続しているなか、もちろん同ブランドのTシャツにも熱い視線が集まっている。なかでも手軽にスポーティさを醸し出してくれる定番のトレフォイル(三つ葉)とジャージなどでお馴染みの3本ラインモチーフのモノが2大巨頭。これらはスポーツMIXはもちろん、ストリートな着こなしにも活用できる汎用性の高さが魅力だ。

■合わせて読みたい:
おさえておきたい定番品。スポーツブランドのロゴT着こなし30選

夏コーデの即戦力。『アディダス』Tシャツ10選

数あるなかから、1枚で着てもサマになる夏におすすめの『アディダス』Tシャツを10枚ご紹介。王道から遊び心のあるデザインまで、大人の着こなしにハマるモノをピックアップした。ヘビロテできるTシャツを探しているなら、候補に加えてみてはいかがだろう。

アイテム1トレフォイルTシャツ

時代を超えて愛される大定番ロゴ、トレフォイルを存在感抜群のラバープリントで表現した1枚。ブルーとホワイトのコントラストが爽やかさを演出してくれる。豊富なカラーリングも同モデルの魅力のひとつ。

アイテム2トレフォイルTシャツ(タイダイ)

こちらは直営店限定展開のトレフォイルT。日本の伝統的な染色技術にインスピレーションを受け、ロゴの中にはタイダイ柄があしらわれている。左腕に配されたTOKYOの文字も見逃せないポイントだ。ボディはホワイトとブラックの2色が展開されている。

アイテム3ワッペンTシャツ

シンプルなデザインを探している人におすすめしたいのがこちらのモデル。胸元にあしらわれたフェルトのトレフォイルがさりげないアクセントに。ボディにはコットンジャージが使用されているので柔らかく、着心地も抜群。

アイテム4オーバーサイズTシャツ

定番のトレフォイルデザインTをオーバーサイズにアレンジした旬顔の1枚。ビッグロゴによりスポーティさを備えながらも、ボックスシェイプのシルエットがストリートな雰囲気を醸し出してくれる。

アイテム5スリーストライプスTシャツ

トレフォイル同様に人気の高いストライプデザイン。袖口はラグランスリーブを採用し、ボディはスリムシェイプで現代的にアップデート。クラシカルなデザインと現代的なシルエットを見事に融合させた1枚だ。

アイテム6グラフィックTシャツ

ブランド初期のプレスリリースをボディ前面にデザインしたグラフィカルな仕上がり。シルエットはすっきりとした細身を採用しているが、柔らかなコットン素材なのでストレスなく快適な着心地を与えてくれる。単調になりがちな夏スタイルのアクセントにぜひ。

アイテム7タンゴ モックネック Tシャツ

『アディダス』タンゴシリーズのロゴが全面に織り込まれたサッカーテイストな1着。吸湿性に優れたクライマライト素材を使用しているので、夏でもドライな着用感を持続してくれる。特徴的なリブ仕上げのモックネックパターンは、さり気なく上品な印象を首元に宿してくれる。

アイテム8ハンドドローT

こちらはヴィンテージのシュータンラベルにインスピレーションを受けたグラフィックを採用。ペンシルで書いたかのような味のあるタッチが魅力的だ。ボディにはソフトな肌触りがクセになるコットンニットを使用している。

アイテム9カモ ラベル グラフィックTシャツ

ハンドドローTのバリエーション違い。シュータンラベルにカモ柄を組み合わせたアイコニックなデザインだが、モノトーンなので落ち着きも併せ持つ。さり気なく存在感を発揮してくれる主役級の1枚。

アイテム10SOLID BB TEE

ブラックバードロゴをストレートに落とし込んだモデル。定番のトレフォイルTシャツとはまたひと味違った、スタイリッシュな印象が楽しめる。トレフォイルが好きだけどちょっと変化が欲しい、そんな人におすすめの1着。

サイズ感にも注目。『アディダス』Tシャツで作るスポーツMIXコーデ

この夏の参考にしたい『アディダス』Tシャツの着こなし術を紹介。大人っぽくて爽やかなスポーツMIXスタイルを厳選した。また、Tシャツのサイズ感によってその印象も大きく変わってくるので、その妙にも触れながら読み解いていこう。

着こなし1ビッグサイズでもスタイリッシュに着こなすならブラックで

身長173cmで、肩の稜線が落ちるほどのオーバーサイズを着用。黒地のトレフォイルTをメインに小物もブラックでまとめつつ、ベージュのパンツで上品さをプラスしてあくまで大人っぽく仕上げている点は見事だ。パンツをロールアップすることで抜け感を出し、夏にふさわしい軽やかさを加えているのもポイント。スポーティなコーデにローファーを合わせるのも、大人の着こなしには真似したいコツだ。

着こなし2スタイリッシュな細身シルエットを白挿しで味付け

細身の体型を生かし、身長169cmでXSをセレクト。ジーンズもスキニーライクな極細シルエットを合わせることで洗練されたシャープなスタイリングにまとめ上げた。ともすれば単調になりそうな着こなしを、黒Tの裾から覗くインナーの白を差し色として奥行きを与えるなどの小技も光っている。スニーカーとのブランドリンク、カラーリンクも絶妙。

着こなし3ロゴの存在感を生かすシンプルコーデはジャストで

存在感の強いロゴを主役に置いたシンプルかつまとまりのあるコーディネート。オールブラックにフロントロゴのブルーがアクセントになり、クールな仕上がりだ。そんな着こなしの完成度を高めているのは、サイジングの妙。178mの細身でMサイズを着こなすことで、ゆるすぎず、タイト過ぎず、こなれた空気を作り出している。スラックスやチノパンではなく、ジョガーパンツを合わせて軽快さをプラスしている点も今どき。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK