人気のキューバシャツを今年こそ着こなしたい

人気のキューバシャツを今年こそ着こなしたい

昨今の開襟シャツ人気を追い風に、大ブレイクを果たしているキューバシャツ。今夏こそ取り入れてみようかと思案中の人に、コーデ術とおすすめアイテムをお届けします。

山崎 サトシ

2018.07.20

トップス
シャツ
開襟・オープンカラーシャツ

そもそも論。キューバシャツってどんなモノ?

蒸し暑い気候においても快適に過ごせるように作られたキューバ発祥のシャツ。同国における伝統服であり、冠婚葬祭で着用されるなど正装としても認識されています。基本的には開襟仕様で、最大の特徴となるのはフロントに付く4つのポケット。これは、収穫した農作物をできるだけ多く入れるために生まれたディテールなのだそう。生地感は総じて薄手で、肩から裾にかけて刺しゅうやプリーツが施されたモデルも多く見られます。

最高に今季らしいシャツだけに、取り入れないのは損!

リラックス感のあるリゾートスタイルがビッグトレンドとなっているこの夏、キューバシャツは今っぽさを演出するにあたって最適なアイテムと言えるでしょう。リゾート感漂う軽快な開襟仕様に加えて、フロントに配されたポケットや刺しゅうが南国の雰囲気をアシスト。さらりと着るだけで、今季顔の抜け感たっぷりな装いが完成します!

■合わせて読みたい:
開襟シャツの人気が継続中。注目の着こなし&ブランドをピックアップ

日本の街に馴染む。キューバシャツの大人な着こなし方

リゾートムードが魅力的なキューバシャツですが、街着として採用するなら大人っぽくこなれた感じで着こなすことが肝要! そのヒントを探るべく、洒落者たちの取り入れ方をチェックしてみましょう。

コーデ1モノトーンを基調としてスマートに

キューバシャツ×ショーツのラフなコーディネートも、上下ともモノトーンに徹すればスマートに見せられるという好例! インナーに取り入れた鮮やかなカラーをチラ見せして、重たく映らないように配慮しているのも高ポイントです。

コーデ2ホワイトを選んで爽やかさを助長

リネン使いのキューバシャツ&ストローハットで涼しげな夏スタイルをメイク。クリーンな白のキューバシャツであれば、夏らしく装いつつ大人っぽさもきちんとキープできます。黒のボトムスで引き締めれば一層街っぽさが向上!

コーデ3旬度の高いワイドパンツとのマッチアップ

キューバシャツにワイドパンツという、トレンドアイテム同士のコンビネーション。ゆるいサイズ感が生み出すくだけた着こなしの足元には、スニーカーが好相性です。シャツに配された大胆な刺しゅうが目を引き、シックな色味ながらアピール度は充分!

コーデ4ロンTとの組み合わせでメリハリを出すのも良手!

長袖Tとのレイヤリングでストリート系のテイストに仕上げたコーデ。シャツは黒、ロンTは白と、色のコントラストを生んで奥行きを出しているのも技アリです。重ね着した分、足元には軽やかなサンダルをピックアップして重さを中和。

コーデ5淡めのカラーリングで涼感たっぷりな装いを形成

サックスブルーのキューバシャツに、ライトベージュの膝上丈ショーツを合わせた着こなし。どちらのアイテムも淡いカラーなので、涼感漂うスタイルに帰結しています。ハットとシャツ、スニーカーとショーツでそれぞれ色をリンクさせて統一感を出しているのもキモ。

キューバシャツのおすすめ10選

一大トレンドということもあって、今季は各ブランドからこぞってリリースされているキューバシャツ。そのなかでも特に大人におすすめの逸品をレコメンド! シンプル系から機能派、さらにはアイキャッチ効果抜群なモデルまで幅広くお届けします。

アイテム1『ジャーナルスタンダード』キューバシャツ

どんなボトムスとも合わせやすいオールホワイトの1枚。刺しゅうも同色で施されているので、ミニマルなイメージです。ボリュームを削ぎ落とした美しいシルエットや、コットン100%ならではのさらりと心地良い肌触りも大きな魅力です。

アイテム2『ベイフロー』リネン開襟キューバシャツ

ドロップショルダー仕立てのゆるっとしたキューバシャツ。シワが付いても気になりにくく、なおかつ肌触りの軽やかなリネン素材を駆使して仕立てられています。あえて刺しゅうを配さず、4つポケットのみで仕上げたプレーンな1枚は汎用性も◎。

アイテム3『ジョイントワークス』CRキューバシャツ

落ち着いたボルドーカラーの生地に、思わず目を引くホワイトのライン刺しゅう。そのコントラストが絶妙です。なお、この刺しゅうは背面にもしつらえられています。ボディはコットン×レーヨンのミックス素材で、アロハシャツのようにテロンと柔らかなタッチ。

アイテム4『シップス ジェット ブルー』キューバシャツ

清々しいライトグリーンカラーで彩られた1枚は、シワに強くイージーケアなポリエステル製。それなのに、まるで天然繊維のようなナチュラルな風合いも備えています。フロントにあしらわれたプリーツが程良いアクセントとして作用。

アイテム5『グラム』バックリーシャツ

前面の4つポケットや、肩から裾に縦断するプリーツといったキューバシャツならではの意匠を生かしつつも、『グラム』らしいアレンジも加えたバックリーシャツ。プリーツのセンターに織り交ぜられたオレンジステッチや、パイナップルジャガードの生地が個性を主張します。

アイテム6『ジャーナル スタンダード レリューム』キューバクラフトシャツ

アフリカンテイストの刺しゅうがアイキャッチとなったモデルは、くつろぎ感あるオーバーシルエットでも魅了します。さらに、コットン×リネンのインド製ファブリックはヴィンテージのように味わい深いニュアンスを有しています。

アイテム7『ディッキーズ』クールマックス 半袖キューバシャツ

4ポケットではなくあえて2ポケットスタイルを採用した『ディッキーズ』の新作。薄手のツイル生地は吸湿速乾性に秀でたクールマックス素材がブレンドされていて、汗ばむような日でも着心地はコンフォートです。

アイテム8『ネイタルデザイン』キューバ ドライ3

ブルゾンを思わせるウエストポケットがユニークなこちらは、MADE IN JAPANで折り紙付きのクオリティです。シックな色みなので、スラックスやテーパードパンツのようなきれいめボトムスにもハマります。機能的な速乾生地というのもうれしいかぎり。

アイテム9『マージン』コットン オープンカラーキューバシャツ ショートスリーブ

風合いの良いコットン素材を製品洗い加工でフィニッシュ。着込んだような洒脱な表情を最初から楽しむことができます。前面に入るオリジナル刺しゅうのおかげで、1枚で着用してもサマになりますが羽織りものとしても有能!

アイテム10『バックヘッド』キューバシャツ

ゆったりとしたシルエットに仕上げられた『バックヘッド』の1枚は、タッチの軽いコットン×リネン素材。使うほどに味が深まっていくので、じっくり育てていきたいところです。季節感ある爽快なカラーリングもGOOD。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    大人のTシャツコーデ25選。シンプルなのにこなれた着こなし見本

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    履き心地満点の“山街両用”。キーンのジャスパーがとにかくすごい

    大ヒット中の「ユニーク」が代名詞の『キーン』ですが、他にも秀作が多数。特に2018年に10周年を迎えた「ジャスパー」は機能も見栄えも◎なアクティブ派必携の1足です。

    山崎 サトシ

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    ショートパンツを着こなすために。意識したい3つのトピックス

    いよいよ本格的にショートパンツの季節が到来。選び方やブランドなど3つの視点から、大人に似合うショートパンツの着こなし方をしっかりナビゲートします。

    山崎 サトシ

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    大人コーデの定番。白シャツをグッとおしゃれに着こなすヒント

    白シャツは季節問わず大人のワードローブに欠かせないアイテム。ベーシックで定番ゆえに着こなし方ひとつで表情は無限大に。白シャツをおしゃれに着こなすヒントとは?

    小林 大甫

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    必見。白Tシャツの着こなしをおしゃれに見せる方法

    Tシャツは着回しやすい白が鉄板。ただし白Tシャツは王道なだけに、周りとのかぶりやマンネリが気にかかる。そんなときに思い出してほしい、おすすめコーデをピックアップ。

    菊地 亮

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    BACK