どのブービーバードがお好き? 今年も豊作なチャムスTシャツ

どのブービーバードがお好き? 今年も豊作なチャムスTシャツ

キャッチーなデザインで男女問わず人気が高い『チャムス』。今年も遊び心あふれる“アレンジブービー”のTシャツが豊富にラインアップされています!

編集カク

2018.07.04

トップス
Tシャツ

『チャムス』のTシャツは他ブランドにない“ゆるさ”が魅力

アウトドアブランドのTシャツが積極的に街着に落とし込まれている今、選択肢の1つに『チャムス』を加えてみてはいかがでしょう。クールでミニマルな表情のアイテムが多いアウトドアブランドのなかで、他とはひと味違う“ほっこりする”デザインが散見されるのが『チャムス』のTシャツの魅力です。

男女問わず人気。“まぬけ”だけどかわいいブービーバードが立役者

ほっこりとした印象を与えている1番の要因は、アイコニックで1度見たら忘れられない、マスコットキャラのブービーバード。実はコレ、ペンギンじゃないんです。正式名称は「カツオドリ」で、中南米の海岸線を中心に生息する海鳥。「ブービー(=booby)」は“まぬけでかわいい”という意味で、警戒心が弱くフレンドリーですぐに船乗りたちに捕まえられてしまうことから名付けられたそうです。そんな愛らしさのあるブービーバードには、「多くの人に愛されるブランドになりたい」との創業者の思いが込められています。

ブービーバードのアレンジが多彩!『チャムス』のTシャツと選び方

ブランドロゴがプリントされたシンプルなモノはもちろん、ブービーバードを多様にアレンジしたユーモアあふれるデザインが豊富に揃うのが『チャムス』Tシャツの魅力。シーズンごとにたくさんリリースされるので、きっとお気に入りの1枚が見つかるはずです。ここではTシャツに重要なサイズ感を解説しつつ、定番から新作まで、今年の夏におすすめの15枚を紹介します。

▼01 まずはサイズ選びのご参考に

身長168cm、体重55kgのモデルがMサイズを着用したときのサイズ感。トップスにややゆとりが見られます。ボトムスに膝上丈でボリュームが抑えめなショーツをもってきているので、トップスはややビッグサイズを選ぶことで上下のバランスが良くなります。

こちらは身長174cmのモデルがSサイズを着用したとき。ボトムスがカジュアル度の高いゆったりめのスウェットパンツなので、Tシャツはジャストサイズを選んで丈感を短めに。そうすることでラフすぎない印象に仕上げています。

▼02 まず押さえておきたい、Tシャツの2大定番

アイテム1ロゴTシャツ

定番中の定番“CHUMS”ロゴがプリントされたTシャツ。生地も同ブランドで最もベーシックなコットン素材を使用した、最初の『チャムス』としてもおすすめの1枚。白ボディ×赤ロゴを筆頭に、シーズンごとに豊富なカラーを展開しています。プライスも控えめなので、カラバリで手に入れても楽しいモデル。ヘビーウェイトなコットン素材はしっかりとした生地感で、型崩れしにくいのもポイントです。

アイテム2ブービーフェイスTシャツ

もう1つの定番はブービーフェイス×チャムスロゴのこちら。ロゴからブービーバードがひょっこりと顔を出した、かわいらしいデザインです。こちらもシーズンごとに豊富なカラーを展開しており、ボディとロゴの組み合わせは多種多様。ポップな色も充実しているので、街着用とアウトドアシーン用で使い分けるもの良いですね。

▼03 アイディアの多彩さに脱帽。ブービーバードアレンジTシャツ

アイテム3ブービーカヌークラブTシャツ

毎年登場するコスプレブービーTシャツ。今年はカヌーを楽しむブービーが描かれています。『チャムス』は1人のリバーガイドによって創られたブランド。つまり、カヌーはブランドのルーツとも言えるんです。チャムスロゴをボートに見立て、オールで漕ぐブービーの姿がお茶目。帽子部分にデニム生地を使うなど、遊び心とこだわりが見られる1枚です。

アイテム4ブービーミーツブービーTシャツ

サングラスをかけたブービーとアフロヘアのブービーがハイタッチをしているデザイン。よく見るとチャーミングかつちょっとシュールな画ですが、1色使いのプリントなのでシックさもあり大人顔。色柄のバランスが絶妙な、街着に活用したい1枚となっています。コットン100%でしっかりとしたボディが特徴です。

アイテム5オールドブービーロゴTシャツ

定番のチャムスロゴTシャツの裾にオールドブービーを描いたタイプ。リテイナー付きサングラスをかけていたり、2匹描かれていたりと、かつてのブービーロゴデザインが再現されています。現在の姿に至るまでの変遷が垣間見えるデザインは、『チャムス』好きにはたまりません。生地はやや厚手のコットン100%。型崩れのしにくさはTシャツ選びで重要なポイントの1つです。

アイテム6カタカナロゴTシャツ

こちらは斬新にもカタカナで「ブービーバード」と書かれたデザイン。こういった遊びも『チャムス』らしいポイントです。それでいてレトロな雰囲気の独特なフォントはどこかおしゃれ。グレーのボディに白のテキストを合わせるあたりも、目立ちすぎず落ち着いた空気を漂わせます。カナで「チャムス」と書かれた白Tシャツも展開しています。

アイテム7ブービーロゴTシャツ

巨大なブービーロゴを背負ってみるのはいかがでしょう。実はコレ、前面ではなく背面のプリントなんです。前面は右胸に小さな英字ロゴが入っているだけ。究極にシンプルな1枚かと思いきや、後ろを見ると良い意味で期待を裏切るデザインが。ブービーロゴをアレンジなしで投入しているTシャツは意外と少ないので、コレはコレで貴重です。

▼04 今年も豊富! 新作モデルを一挙公開

アイテム8ライクサーフTシャツ

こちらは太陽の下でサーフィンを楽しむブービーが描かれています。夏を感じさせるデザインとカラフルな色使いは、海をはじめアウトドアシーンに着たい1枚。サーフボードの上でGOODポーズを決めているブービーのすました顔がかわいらしく、コレをまとっていれば女性ウケも良さそうです。

アイテム9ティックラインプリントTシャツ

シンプルなバイカラーTシャツも今年らしさを表現できる1枚。胸元にはラインと同色の英字ロゴが入っており、右下の裾にはブービーロゴがさりげなくワンポイント使いされています。旬なブロックカラーなので、今どきの着こなしを作り上げてくれること間違いなし。軽やかで着心地の良いコットン100%の生地は、しなやかな肌触りが魅力です。

アイテム10アイムノットアペンギンクールTシャツ

「I'm Not A Penguin」。つまり「ぼくはペンギンじゃありません」と書かれたユーモラスな1枚。ペンギンに間違われがちなブービーバードからの強いメッセージが込められているのだとか。内容はふざけていますが、生地には吸汗速乾と紫外線反射機能を搭載したトライクール素材を使用。フェスや登山などの汗をかくシーンでも快適な着心地を持続してくれます。

アイテム11ノーINAPポケットTシャツ

人気が続くポケットTシャツタイプも登場しています。ボーダー柄を採用し変化を付けた胸元のポケットからは、蝶ネクタイ姿のブービーがひょっこりと顔を出しています。ポケットをうまく活用した遊びのあるデザインは、『チャムス』らしさ満点。オーガニックコットンを使った、環境に配慮した1枚です。

アイテム12アコースティックブービーTシャツ

定番のチャムスロゴとアイコンのブービーをマッチアップさせたデザイン。野外でウクレレを弾くブービーの姿はなんとも平穏で、見ているだけでほっこりします。やや生成りがかった生地色のこちらは、着込むほどに風合いが増すコットンリネン素材を使用。コットンTシャツよりも速乾性に優れており、着たときにわかる清涼感やタフさが魅力です。

アイテム13アンクルブービーポケットTシャツ

こちらもポケットTシャツタイプ。胸ポケット部分にはセットアップスーツにハットをかぶった紳士風のブービーが。ぽっこりお腹はご愛嬌です。着心地が軽やかなコットン100%の生地で、しなやかな肌触りを保証してくれます。

アイテム14ホテルTシャツ

外国の看板をイメージしたポップなデザインが印象的です。「チャムスホテル」と書かれているところもユニークさたっぷり。アメリカンな印象なので、アメカジスタイルにマッチすること間違いなし。青や赤、ネイビー、ホワイトなど豊富なカラーを展開していますが、夏のアメカジには断然、ビタミンカラーの黄色がおすすめです。

アイテム15ノオオオ!Tシャツ

ブービーバードがギターをへし折りながら、「ぼくはペンギンじゃない!」と叫んでいるファンキーな1枚。けれど持ち前の愛らしさが滲み出ており、どうも憎めないキャラですね。勢いのあるデザインとは対照的に、ボディは自然由来のコットンリネンを採用。着込むほどに増す風合いと、夏にはうれしい清涼感が魅力です。ダークすぎず程良い落ち着きを醸す茶色は、タウンにもアウトドアにもなじみます。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK