リラックス感がおしゃれ。ワンマイルコーデの作り方

リラックス感がおしゃれ。ワンマイルコーデの作り方

“リラックス”がキーワードの今夏は、ラフで気負わないワンマイルコーデが人気です。おすすめのアイテムと着こなし例をチェックして、早速実践してみましょう!

山崎 サトシ

2018.07.03

夏の着こなし・コーデ

そもそもワンマイルコーデってどういう着こなし? 

その名の通り、家からワンマイル(約1.6km)圏内の外出を想定したコーデのこと。“ご近所コーデ”と言い換えてもいいかもしれません。昨今ではオーバーサイズアイテムに代表されるリラックステイストが旬なこともあって、ゆるっと楽チンな雰囲気が主流。ワンマイルコーデも同様に、その肩の力を抜いた感じから男女問わず人気を集めています。とはいえ、ただ単にだらしなく見えてしまうのはNG。トレンド感あるワンマイルコーデを作るのに最適なアイテムや、着こなしのポイントを実例を交えてご紹介していきましょう。

ワンマイルコーデにマッチする7つのアイテム

まずは、ワンマイルコーデを作る際におすすめのアイテムをピックアップ。どれも抜け感たっぷりな雰囲気が持ち味で、着こなしをリラクシングなムードへと導いてくれます。

アイテム1本命中の本命といえばビッグT

袖を通すだけで肩の力が抜けた雰囲気を演出できるビッグシルエットTは、ワンマイルコーデの大本命アイテム。こちらは『ビームス』が手掛けた1着で、太番手糸を使って超高密度に編みあげることにより、硬度とウェイト感を兼備したタフな風合いに仕上げています。

■合わせて読みたい:
気になるトレンド。ビッグシルエットのトップスの着こなし方を徹底解説

アイテム2表情豊かな鹿の子Tも注目アイテム

リラックステイスト流行の追い風を受け、旬素材の1つとなっているのが表情豊かで着心地も軽い鹿の子素材。今季はポロシャツだけにとどまらず、Tシャツでも同素材を使ったアイテムが散見されます。『シップス』が『マンシングウェア』に別注をかけた今作は、シンプルなルックスでロンTとのレイヤードもGOOD。

■合わせて読みたい:
マンシングウェアならスポーツもタウンユースも両立できる

アイテム3くつろいだ顔つきのオープンカラーシャツ

シャツといえばきれいめトップスの代表格。ですが、首元の開いた開襟タイプに関しては休日っぽいくつろぎ感ある風貌で、脱力系スタイルの良き相棒になってくれます。オリエンタルな竹モチーフの総柄があしらわれた『ローター』の1枚は、ひらひらと涼しげなレーヨン100%素材。

アイテム4洗いざらしでも絵になるリネンシャツ

シワが付いても良い味となるナチュラルなリネンシャツは、洗いざらしでも着られる楽さが特徴。気負わないスタイリングにもってこいです。夏らしい陽気なカラーリングも魅力的な写真の逸品は『アヴィレックス』のモノ。袖をくるっとロールアップすれば、レイドバックしたイメージを加速できます。

■合わせて読みたい:
リネンシャツの着こなし方とおすすめのブランド10選

アイテム5ボトムスの注目候補筆頭はワイドパンツ

ワイドパンツはワンマイルコーデにおける鉄板ボトムス。ジーンズやカーゴパンツなどその種類は多種多様ですが、大人っぽくはきこなすならトラウザータイプがイチ推しです。『ジョンブル プライベート ラボ』の1本は、肌の表面温度を快適に保つアウトラスト素材を使っておりコンフォートなはき心地。

アイテム6スポーティさを主張するリブパンツ

フットワーク軽く動けて、なおかつスポーティさも訴求できるリブパンツも味方につけておきたい有力株。ただし、リブパンツに関してはワイドなシルエットだと部屋着っぽく見えてしまう懸念があります。この『ハムネット』のモデルのようにすらりと細身のデザインを選ぶのがベターです。

アイテム7ノーストレスなコンフォートサンダルを足元に

快適な着用感を追求して作られたコンフォートサンダルは、楽チンなワンマイルコーデの足元におあつらえ向き。なかでも推奨したいブランドの1つが、チェコに自社工場を構える『トリオプ』です。新型サンダルであるAPIは、クッション性に秀でたミッドソールと伸縮自在なストレッチアッパーがポイント。

■合わせて読みたい:
巷で流行中。コンフォートサンダルってどんなサンダル?

真似したい。おしゃれなワンマイルコーデの参考例

最後は、ゆるい雰囲気をまとわせながらもあか抜けた印象の、大人のワンマイルコーデをご紹介。理想の着こなしを見つけて、今夏らしいリラックススタイルを構築しましょう。

コーデ1リネンシャツを羽織って涼感たっぷりに!

軽快なショーツスタイルにリネンシャツをさらりと羽織って、涼感&抜け感をさらに促進。ボトムス&スリッポンをブルーでまとめて、夏に必須な爽やかさを後押ししているのもキモです。着こなしが幼く見えないよう、サイズ感はスマートに徹していますね。

コーデ2楽チンスタイルをモノトーンでスッキリ見せる

『ビルケンシュトック』のコンフォートサンダルや『スティルバイハンド』のリブパンツを用いた楽チンスタイル。ストレスフリーなアイテムを中心としつつもコーデが大人顔に帰結しているのは、全体をモノトーンカラーでまとめたおかげ。スタイリング巧者ぶりが光ります。

コーデ3上下をワイドアイテムでリンクさせトレンド感をアピール

ビッグTシャツ×ワイドパンツと、上下ともにゆったりしたアイテムで呼応させてトレンド感を色濃く打ち出しています。ユニークなデザインのベストが絶妙なアクセントとして機能。ベージュを基調としているので、クリーンさも満点です!

コーデ4シルエット&柄、ダブルで主張したスタイリング

ルーズなフォルムとなったカットソー&ボトムスで旬なビッグシルエットを構築。しかも、トップスはストライプ柄がしっかり効いており、着こなしの主張度は申し分ありません。ブラックの小物を使った引き締めもきちんと意識しているので、野暮ったさはゼロ!

コーデ5タイトな装いでもリラックス感は創出可能!

細身のアイテムで統一したスマートな着こなしですが、ボトムスにリブパンツをピックアップしているためリラックス感が漂います。オーバーサイズな着こなしが苦手な人も、こんなワンマイルコーデなら挑戦しやすいはずです。足元はサンダルの素足履きもアリ。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK