アメリカへの憧憬を日本で表現。ジャックマンで揃える大人の日常着

アメリカへの憧憬を日本で表現。ジャックマンで揃える大人の日常着

アメリカンな香りを漂わせつつ、ベーシックなデザインで人気の『ジャックマン』。ジャパンブランドが注目されている昨今、その急先鋒となる同ブランドの魅力に迫ります。

MASAFUMI YASUOKA

2018.06.23

ジャックマン(Jackman)
アメカジファッション

大人のカジュアルスタイルに。『ジャックマン』とは

「アメリカンスポーツ好きのワードローブ」をコンセプトに、アメカジをベースとしたカジュアルウェアを展開する『ジャックマン』。そのナチュラル&ベーシックなデザインは、まさしく今どき。しかしブランド背景を探ると、長い歴史と確固たるモノ作り精神に基づく事が分かる。その出自を遡ると、辿り着くのは1949年の福井県。わずか3台の編み機を置く小さな製作所を開いた田辺 貢氏が、日米親善野球試合で米国選手の履くストッキングに感化され、製造を始めたのがきっかけです。その後、タナベメリヤスとしてユニフォームの製造も手がけ、いくつもの特許を取得。それら技術を用いて、自らのブランドを立ち上げたのが『ジャックマン』なのです。

素材と、デザイン。『ジャックマン』の魅力を読み解く

半世紀以上の歴史と、高い技術力を備えるファクトリーがスタートさせたファッションブランド。その魅力と実力に、より具体的に迫ってみましょう。

魅力1着心地満点の素材使いに定評あり

柔らかく肌触りの良いスウェットが、とくに評価の高い『ジャックマン』。それは、ベースボール用のストッキングに端を発する、メリヤス編みの高い技術力の賜物です。創業者の田辺氏は、日本初の一体型ベースボールストッキングを開発した人物。その後、ミシンの改良など新たな技術を開発し、メリヤス製品の発展に多大な貢献を果たしています。『ジャックマン』の製品は、当時から続く自社の縫製ファクトリーによって作られており、同ファクトリーでは今も現役でユニオンスペシャルといった希少なミシンが活躍しています。

魅力2アメリカンベースボールに根差したデザイン

ブランドコンセプトの根底にあるのは、ベースボールを基軸としたアメリカンスポーツスタイル。実際にベースボールユニフォームを手がけていたとあって、製品としてのクオリティは確かです。また、カスタムオーダー体制をいち早く採用した実績から、デザイン性の高さにも定評があります。とはいえ、あくまでナチュラル&ベーシックを基本とするデザインは、トレンドに左右されない不朽の魅力を放つものばかり。そのため、ファンの年齢層は実に幅広く、またヴィンテージ好きからも熱烈に支持されています。

ワードローブに揃えたい、『ジャックマン』の人気アイテム10選

1着持っておくと、必ず重宝する。ナチュラル&ベーシックな『ジャックマン』のアイテムは、その高いクオリティとともに、長く愛用することができるはずです。トップスからソックスまで、バリエーション豊かにピックアップしました。

アイテム1アメリカンコットンポケットTシャツ

昨今人気を集めるポケT。ペイント加工を施したボタンが付いたフラップに、オールドアメリカンな雰囲気が漂います。注目は生地。さらりとドライな質感の生地は、アメリカンコットンによるものです。また、負荷のかかる部分のかんぬき留めといった自社ファクトリーならではの手の込んだ補強など、洗濯を繰り返してもヨレヨレにならない耐久性の高さも魅力でしょう。

アイテム2ヘンリーネックTシャツ

オールドアメリカンなTシャツといえば、やはりヘンリーネックでしょう。ともすればアンダーウェアな印象のあるヘンリーネックですが、襟ぐりのプラケットを1つボタンにすることで、洗練された印象にアップデートしています。素材はドライな肌触りが魅力のアメリカンコットンを採用。ネックに見返し布を当てることで、伸び知らずで開放感のある着心地を実現しています。

アイテム3アメリカンコットンリブTシャツ

スウェットの完成度の高さに、絶大な支持を集める『ジャックマン』。さらりとした肌触りと適度な厚みのある生地がもたらす柔らかさはもちろん、針抜きリブの3つ巻きバインダーネックやVガゼットなど、ヴィンテージなディテールデザインもその理由に。ゆったりとした身幅と長めのアームは旧き良き時代のプロダクトをほうふつとさせますが、現代のトレンドにもマッチします。

アイテム4スウェットトラウザー

スウェットシャツと並び、ブランドのアイコンモデルとなるスウェットトラウザー。素材はアメリカンコットン。アメリカンヴィンテージな杢グレーは、撚糸の段階からオリジナルで開発したもの。腰回りや太ももにはゆとりを持たせつつ、ひざから下はテーパードを掛けることで、街着として成立するシルエットを実現しています。裾リブもないため、スッキリとしたシルエットに。

アイテム5ソック

『ジャックマン』設立以前から展開し続けているソック。ソック“ス”でないのは、片方ずつ販売しているからです。左右で足の大きさが違うベースボール選手が、それぞれの足に適したサイズを買えるようにとはじまったこのシステム。色柄やイニシャルのバリエーションが揃うことから、最大で1600通りもの組み合わせを楽しむことができます。

アイテム6スウェットパーカー

まさにアメカジの代名詞であり、持っておいて損のない1着です。厚手ながらふわりと柔らかいヘビーウェイトスウェット地は、裏面を起毛させないことで3シーズンでの着用に対応。アームはフロントがセットイン、バックをラグランにすることで、動きやすさを確保しています。また、フードをヴィンテージスタイルの後付けにするなど、ツウが喜ぶ要素も満載です。

アイテム7ロッカーローブ

アメリカンコットンならではのドライな質感を活かしたローブ。2ボタン付きのいわゆるカーディガンタイプで、着込むほどに生地が馴染み味わいを増すのが見どころです。デザインはシンプルそのものですが、前身ごろの小ぶりなパッチポケットがアクセントに。裾のステッチワークは生地収縮による裾の跳ね上がりを防ぐ役割を果たすなど、シンプルななかにも計算された作りが光ります。

アイテム8ワッフルミッドネック

空気をたっぷりと含んだ軽く柔らかなワッフル生地は、歴史あるファクトリーなればこその特殊な編み機を使ってゆっくりと低速で編み上げられたもの。素材はコットンなので、スウェットライクにカジュアルに、またはニットのようにきれいめに着るのもありです。さらりとした肌触りは、インナーやアウターとの組み合わせにより3シーズンで活躍してくれます。

アイテム9ストレッチトラウザー

街にも馴染むスウェットパンツを。そんなコンセプトで提案されたこの1本は、生地こそ柔らかくストレッチ性の高いコットンカットソー地ですが、スラントポケットやベルトループなどを採用することでスラックス感覚ではける1本に仕上がっています。伸縮性を生かしたスリムストレートなのも、その要因。生地感にハリを持たせることで、ひざ抜けが起きにくくなっているのもうれしいポイントです。

アイテム10度詰めショートパンツ

柔らかなスウェットとは裏腹に、こちらのショーツはハリの強いしっかりとした生地感が魅力。吊り編み機で編み立てつつ極限まで度詰めすることで、耐久性の高い天竺生地に仕上げています。大型のパッチポケットとともに、これからの季節アウトドアで活躍してくれることでしょう。一方、ウエストはベルトループを備えつつシャーリング仕様を併用し、快適性を備えています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春アウターどれにする? 即戦力ライトアウター10ジャンル

    春の着こなしのメインはライトアウター。主役となるアイテムはいち早く確保するのが賢明です。この春らしいアウターの手掛かりとおすすめ品を解説するので、ぜひ参考に。

    平 格彦

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    BACK