雨の日に差がつくレインシューズのすすめ

雨の日に差がつくレインシューズのすすめ

雨の日って靴選びが大変ですよね。濡れるのを我慢して普段と同じ靴を履く人も多いはず。今回は雨でもおしゃれを楽しめるレインシューズをタイプ別に分けて紹介します。

大中 志摩

2015.06.04

レインシューズ

1足は持っておきたい定番のロングタイプ

まずは、定番のロングタイプのレインブーツを紹介。カラーによっては、少々キレイめなスタイルでも違和感なく愛用できる。すっきりとしたボトムを合わせた、ブーツインスタイルなら野暮ったくならない。

合わせて読みたい: 着こなし別に提案。梅雨対策に重宝するレインシューズ

『ハンター』のオリジナルトール

1856年にスコットランドで誕生した『ハンター』。機能性とデザイン性を兼ね備えたレインブーツは高い人気を誇る、英国王室御用達のレインブーツメーカーだ。こちらは、『ハンター』を代表するオリジナルトール。28パーツを使用し、手作業によってていねいに作り上げられている。独自のラストを採用し、フィット感も抜群。

『コロンビア』のラディ

『コロンビア』は、アメリカのオレゴン州ポートランドで1938年に誕生したアメリカで最大級の規模を誇るアウトドアメーカーだ。そんな『コロンビア』が展開しているのがこのラディ。足あたりが良く、スリムなシルエットで歩きやすい。素材には肉厚で耐久性にすぐれたラバーを使用している。履き口のパイピングもおしゃれ。

持ち運びに便利なパッカブルタイプ

コンパクトに折りたためて、携帯できるパッカブルタイプを紹介。持ち運びが非常に楽になるのでアウトドアシーンなどにも最適だ。

バードウォッチング用長靴

『日本野鳥の会』のバードウォッチング長靴。バードウォッチング用に開発されているので一般的なレインブーツよりも脱げにくく、非常に動きやすい。ライニングには柔らかい素材を採用している。履き口には調整コードがついているので縛ることが可能。携帯に便利な収納用の専用袋も付属している。

『ハンター』のオリジナルツアー

オリジナルツアーは、ロングタイプで紹介した『ハンター』のオリジナルトールをより軽量に仕上げたアレンジモデル。サイドに配されたベルトなどオリジナルトールのデザインをそのまま採用している。収納用の袋が付属。

雨の日でも履けるスニーカー

レインブーツにどうしても抵抗があるという人にはこれ。スニーカーなので、普段のスタイルにも取り入れやすく、天気に左右されることなく愛用できる。

『ムーンスター』のオールウェザー

福岡県久留米市にある創業140年を超える老舗シューズメーカーの『ムーンスター』。海外でも注目度の高い『シューズライクポタリー』を展開するブランドとしても有名だ。キャンバス生地にラバーを張り合わせたオールウェザーは、名前のとおり全天候に対応できるスニーカー。カモ柄がさりげなく主張してくれる。

『パラディウム』のパンパ パドル ライト WP

1920年にフランスで創業された『パラディウム』。特徴的な形状と上質な素材を使ったアイテムは世界中の人々に愛されている。このパンパ パドル ライト WPは非吸水処理を施したメッシュ素材をアッパーに使用。防水性のブーティを内蔵し、アッパーの縫い目にもテープ処理を施しているので完全防水仕様となっている。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK