ヘルスニットのカットソーが欲しい! マストハブの秀作をレコメンド

ヘルスニットのカットソーが欲しい! マストハブの秀作をレコメンド

ヘビーアウターを脱ぎ去る季節の本格到来に伴い、活用頻度が高まるカットソー。質実剛健な実力派ブランド『ヘルスニット』の逸品なら、ヘビロテにも余裕で対応できます。

山崎 サトシ

2018.03.19

ヘルスニット(Healthknit)
トップス
カットソー

古き良き時代から愛される米国の老舗『ヘルスニット』

『ヘルスニット』は西部開拓時代が終わりを迎えた1900年にテネシー州のノックスビルでは産声をあげた老舗ブランド。ここの代名詞といえば、何といっても頑強かつ着心地の良いカットソーでしょう。デニムやダンガリーシャツと並ぶワーカーの定番アイテムとして古くから米国で愛され続け、今では世界的なスタンダードウェアとなっています。

『ヘルスニット』の魅力といえばクオリティの高さ

ブランドがここまで支持される最大の理由は、やはりその高水準なクオリティにあります。原料の選定、紡績、ソーイングまで厳しく一貫して生産管理されており、その品質は数多く存在するカットソーブランドの中でも指折り。カットソーと聞くと消耗品のイメージがあるかもしれませんが『ヘルスニット』の手掛けるそれは質実剛健な仕立てで長く愛用していけます。

また、ブランドのアイコン的なアイテムであるヘンリーネックカットソーを筆頭に、いずれのプロダクツもベーシックで着回しの利く大人好みのデザイン。暖かい日はトップス、ちょっと肌寒い日はインナーにと縦横無尽に活用してくれます。タフで使い勝手の良い『ヘルスニット』のカットソーは、何枚クローゼットに入っていても困りません! しかも、上質なUSA産コットンを使っているため、着込むほどに味が出るというメリットも。

秀作揃い。『ヘルスニット』のカットソー

ワードローブの中心となってくれる『ヘルスニット』のカットソーをピックアップ。どれもフルシーズン愛用できるアイテムなので、コストパフォーマンスは良好です。何枚かまとめて押さえておくのもいいでしょう。

アイテム1半袖ヘンリーネックTシャツ

『ヘルスニット』を象徴するアイテムであるヘンリーネックT。特殊ミシンを使用して4本針縫いを実現しています。一般的な縫製と比べ非常に手間の掛かるこの4本針縫いですが、縫い目が平らに仕上がるためチクチクとしない快適な着心地です。また、サイドに縫い目のない丸胴ボディも着心地を高める一因に。袖から出ている糸は「空環」と呼ばれるもので、ヴィンテージのカットソーに散見される意匠。確かなコンフォートさとクラシカルなムードを兼備した1枚は、こだわり派の大人にもぴったり。

アイテム2ワッフル長袖Tシャツ

がっしりとした肉感のコットンワッフル素材で仕立てた、武骨な顔付きのロンT。アメカジ・ワーク・ミリタリーといった男らしいコーディネートと抜群の相性を見せてくれる1枚です。フロントにあしらわれたVガゼットや長めに設定した袖丈など、レトロなディテールも大きなポイントに。なお、生地はエイジング加工でフィニッシュされているため、最初から長年着込んだような奥深いニュアンスを楽しめます。

アイテム3ワッフル長袖Tシャツ

がっしりとした肉感のコットンワッフル素材で仕立てた、武骨な顔付きのロンT。アメカジ・ワーク・ミリタリーといった男らしいコーディネートと抜群の相性を見せてくれる1枚です。フロントにあしらわれたVガゼットや長めに設定したそで丈など、レトロなディテールも大きなポイントに。なお、生地はエイジング加工でフィニッシュされているため、最初から長年着込んだような奥深いニュアンスを楽しめます。

アイテム4ヴィンテージフライス ヘンリーネック 長袖Tシャツ

ヴィンテージアーカイブから見つかった1940年代のヘンリーネックがデザインベース。配色切り替えとなった前立てが目を引きます。ボディには現代では希少なものになった丸胴のフライスを起用。さらに、袖口のリブはヴィンテージモデルと同様、横編み機で1つずつ丁寧に編み立てました。そういった古き良き時代のデザインを受け継ぎつつも、シルエットは今日的にブラッシュアップしているので野暮ったさは感じさせません。

アイテム5『アメリカン ラグ シー』別注 半袖ポケTシャツ

人気セレクトショップによる別注品。『ヘルスニット』の定番である丸胴ポケットTにピグメント染めを施し、ユーズドライクな色ムラ感を演出しています。5.6オンスのボディは少しざらつきのあるタッチで、ベタつかず夏でも快適。鮮やかな色みを生かし、主役として着こなしたいところです。なお、この別注カットソーはサイズ感も特徴。通常のモデルよりもワンサイズ大きめとなっており、旬なビッグシルエットを楽しめます。

『ヘルスニット』はカットソー以外のアイテムも充実

カットソーが揺るぎない代名詞となる『ヘルスニット』ですが、実はその他にも負けず劣らずなグッドアイテムが顔を並べます。大人に味方する見逃せない良作たちをここで紹介していきましょう。どれもカットソースタイルと合わせやすいものばかり!

アイテム1スウェットパンツ

12.7オンスのヘビー裏毛スウェットの内側に、6.5オンスのワッフル生地をあしらった耐久性が魅力の1本。はき込むほどに柔らかなタッチになっていくので、育てる工程も楽しめます。しかも、スウェットパンツにありがちなルーズシルエットではなく、すっきりとした大人っぽいフォルム。そのため、シャツコーデやジャケットコーデといった品良いスタイルとの親和性も良好です。内側にはユニオンチケットをモチーフにしたタグをセット。

アイテム2スウェットパーカー

セレクトショップの『フリークスストア』がWEB限定でラインアップするパーカー。1940〜1950年代にかけて使われていた「トンプキン」というアメリカ製の編み機で編み立てた裏毛スウェットを素材に使用しています。ポケットデザインも当時のモデルを忠実に踏襲しており、ヴィンテージムード漂う1着に。フードがきれいに立ち上がるよう、ファスナーをフードまで走らせるなど細かなディテールまで及ぶ気配りにも脱帽!

アイテム3クルーネックスウェット

ベーシックなクルーネックのスウェットは、多種多様なスタイルに落とし込める頼もしいオールラウンダー。脇をリブ素材で切り替えることで運動性を確保しているから、リラクシングな着心地です。また、仕上げに洗い加工を施して着古したニュアンスを描き出しています。オーセンティックな顔立ちながらシルエットはスマート仕様のため、テーパードパンツをはじめとしたシュッとしたボトムスにだって難なくマッチ!

アイテム4ワークキャップ

小物もさまざまなアイテムを展開している『ヘルスニット』。打ち込みの良いツイル生地を用いたこちらのワークキャップは、サイドに同系色で配したロゴ刺しゅうがさりげないアクセントとして作用しています。そのうえ、バックにはゴムを内蔵しているのでフィット感良好。ちょっとブリムを短めに設定したトレンド感あるデザインも好印象です。暖かくなって着こなしがさっぱりとするこれからの時期は、被りモノで差別化を図るのが良手!

アイテム5セットラインソックス

異なるカラーリングで彩られた、3足セットのソックス。色みの効いた3本ラインが、着こなしの絶妙なアイキャッチとなってくれます。とくにショーツ×スニーカーの旬な90’s風ストリートスタイルとの相性は抜群! 3足セットのおかげでローテーションもイージーです。加えて、柔らかな肌触りと程良い厚みのおかげで快適性も文句なし。コストパフォーマンス・デザイン・はき心地が完璧に揃った優秀小物はマストハブ!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    人気ブランドから探すロンT。大人が手に取るべき16枚

    人気ブランドから探すロンT。大人が手に取るべき16枚

    “ロンT”と聞くとストリートのイメージが付きまといます。ですが、選び方次第では大人の日常着としても活用可能。春から初夏にかけては主役として役立つこと必至です。

    山崎 サトシ

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    気温20度の日の服装とベストなコーディネートを考える

    メンズファッションにおいて、多くの方が悩む春秋シーズンの服装。持っておくと便利なアイテムと、気温20度前後の季節での最適なコーディネートを紹介していきます。

    Hiroshi Watanabe

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    意外と簡単。ワイドパンツのタイプ別に大人の着こなしを解説

    ワイドなパンツは着こなしが難しいと思われがちですが実は簡単。ルールさえ守れば、こなれ感のある大人のカジュアルスタイルを築くことができます。そのポイントをご紹介。

    平 格彦

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

    カジュアル着の定番であるジーンズと、誰もが認める『グラミチ』。弱点が見当たらない、“大人の好物”を合わせた1本をご紹介します。

    編集フカザワ

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    カーゴパンツをはこう。押さえておきたいコーデ&おすすめブランド

    ミリタリーアイテムのなかでも人気のカーゴパンツ。なかなか知ることのないその歴史や着こなすコツ、大人になじむ1本まで、カーゴパンツにまつわる情報を網羅します。

    Freeamericanidol編集部

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    BACK