5大時計大国から探す、人気腕時計ブランド15選

5大時計大国から探す、人気腕時計ブランド15選

例えば日本人はまじめ、イタリア人は陽気などと言われるように、その国民性はさまざま。同様に、実は腕時計も製造国によって性格が大きく異なるんです。

夏目 文寛

2018.03.23

腕時計

時を知る“道具”である腕時計には、お国柄が出やすいもの

「信頼の◯◯国製」「◯◯国製ならではの官能的デザイン」など、生産国によって商品の特徴をアピールすることってよくありますよね。腕時計はその地に根付いた伝統産業であることから、お国柄が顕著に出るアイテムなんです。とくに腕時計は実用性もさることながら、所有することを感じられる嗜好品。だから生産国の文化的側面や哲学を含めて腕時計選びをすると選ぶ愉しみが増えるし、製作の背景を知ると何より愛着が湧きますよね。5大製造国に絞って、それぞれのお国柄をチェックしていきましょう。

▼スイス:歴史に裏打ちされた、品格と技術

腕時計超大国といっても過言ではないくらい、スイスは世界に冠たる存在感を誇っています。その強さを一言で表せば、伝統。スイスには「スイスネス法」という法律があり、腕時計でいえば製造コストの60%以上がスイス国内で発生しないとスイス製と謳えません。それほど国家がスイスメイドという伝統を大切に守っているのです。では、その伝統とは何かといえば、400年にも渡って職人たちが守り続けてきた技術と、長年築き上げてきた信頼にほかなりません。とくに、ゼンマイで動く伝統的な機械式腕時計の製造において、職人の質・量ともに他国を圧倒しているのがスイスなのです。

スイスブランド1『ロレックス』圧倒的な知名度を持つ高級腕時計の巨人

『ロレックス』は創立から110年あまりと、スイスの中では比較的新しいブランド。現在、これほどまでに名声を得ているのは、先進機能を他社に先駆けて開発し腕時計を真の実用ツールにしたことにあります。たとえば、ゼンマイを自動で巻き上げる仕組みは同社「パーペチュアル機構」で初めて実用に足るものになりましたし、日付表示が瞬時に変わる機構も同ブランド発。そして、水に強い腕時計を作ったのも『ロレックス』です。その象徴がこの「サブマリーナー」。同モデルは、機能やデザイン面で以後登場するあらゆるダイバーズウォッチのお手本になった歴史的モデルです。

合わせて読みたい:
実用性と“格”を手にできる手始めのロレックス

スイスブランド2『オメガ』信頼のスイス製を象徴するビッグネーム