47 Brand(フォーティーセブンブランド)のキャップが大人コーデと好相性

47 Brand(フォーティーセブンブランド)のキャップが大人コーデと好相性

おしゃれな大人から注目されている『フォーティーセブンブランド』のキャップ。同ブランドの特徴や多くのしゃれ者たちを魅了しているキャップの魅力について紹介していく。

大中 志摩

2018.02.14

帽子
キャップ

MLB(メジャーリーグ)公認『フォーティーセブンブランド』とは

1947年にアメリカ・ボストンにて双子の兄弟であるアーサー氏とヘンリー・ディアンジェロ氏が前身となるブランドを設立。現在ではメジャーリーグをはじめとするアメリカ4大プロスポーツとパートナー契約を結び絶大な人気を集める『フォーティーセブンブランド』だが、設立当初はボストン・レッドソックスの本拠地であるフェンウェイパーク周辺でのワゴン販売からスタートした。

『フォーティーセブンブランド』は、おしゃれな大人も御用達

シンプルなものからウィットに富んだものまで、幅広いデザインを展開している『フォーティーセブンブランド』。細かなディテールにこだわった上質な仕上がりのため、スポーツ観戦時だけでなくファッションアイテムとしても重宝されている。豊富なカラーリングでベースボールキャップながらもスポーティすぎない遊びの効いたデザインが特徴。自分好みのデザインを見つけやすいこともあり、日本でもおしゃれな大人から支持されているキャップだ。取り入れ方のサンプルを見ていこう。

全体的にリラックス感のあるアイテムでまとめた着こなし。カーキやベージュなどアースカラーをメインにインナーとシューズでアクセントをプラス。キャップでネイビーを取り入れることでシックな雰囲気を加え、カジュアルさと大人っぽさのバランスを整えた。

存在感の強いカモ柄のアウターを主役にスポーティなアイテムでコーディネート。アウター以外をブラックでまとめ、クールな印象に。キャップのロゴやインナーなどホワイトをさりげなくチラつかせることで重くなりすぎない。ロゴ付きのキャップが着こなしのアクセントの役割も果たしている。

MA-1とブラックジーンズで作るシンプルな着こなしは、オールブラックのキャップを取り入れることでスタイリッシュな仕上がりに。インナーにグレーを差し込むことで柔らかな印象をプラス。シンプルな組み合わせだが、絶妙なカラーリングで大人っぽくまとめた。

定番シルエットはキャプテンとクリーンナップ

『フォーティーセブンブランド』から展開されているキャップの定番シルエットは、キャプテンとクリーンナップの2モデル。以下ではそれぞれのシルエットやディテールの違いについて解説。細かな部分へのこだわりも人気を集めているポイントだ。

存在感のあるフラットバイザーが印象的なキャプテン

キャプテンはネイビーやグレー、グリーンのコンビネーションカラーを用いたモデル。クラウンはやや浅めのクラシカルな仕上がり。フロントにはニューヨーク・ヤンキースのロゴが立体刺しゅうであしらわれ、アクセントに。

キャプテンの特徴は何といっても四角形のフラットバイザー。存在感を出しつつも直線的なデザインが入ることでスマートな印象に。うしろはスナップバックタイプになっているので頭の大きさに合わせてサイズ調整が手軽に行える。

オーセンティックなカーブバイザーのクリーンナップ

定番人気を誇るクリーンナップの中でもとくに人気の高いミニロゴデザイン。単色のシンプルなデザインにカラフルなチームロゴが映える。ツバの裏にはグレーの配色が施されており、さりげないアクセントとして主張してくれる。ベーシックな仕上がりで使い勝手も抜群。

カーブバイザータイプのクラシカルなデザイン。厚みのあるコットン生地を採用したボディで浅いクラウンが特徴だ。カーブバイザーが採用されているので頭の形に沿ってフィットしてくれるのでかぶり心地も良い。アジャスターベルトがうしろに配されており、サイズ調整も可能。

『フォーティーセブンブランド』のおすすめキャップ7選

数あるブランドがベースボールキャップを展開する中でとくに注目しておきたい『フォーティーセブンブランド』。クラシカルなデザイン性だけでなく、豊富なバリエーション展開も魅力のひとつ。今大人におすすめしたいモデルを厳選して紹介する。

アイテム1別注47 GLR NY CLEANUP MF キャップ

『グリーンレーベル リラクシング』が別注をかけたクリーンナップ。通常ボディーと同素材が使用されるアジャスターベルトにレザーを採用し、高級感を演出。ベーシックなデザインに鮮やかなブルーのミニロゴがアクセントになっている。

アイテム2Cubs Hard Wach '47 CLEAN UP

ハードなウォッシュがかかったデニム生地を使用したモデル。ムラのある色落ち感がこなれた雰囲気を演出してくれる。フロントの立体刺しゅうとサイドのブランドロゴはホワイトで清涼感をアップ。着こなしのスパイスとして活躍する。

アイテム3MVP

クリーンナップ同様にカーブバイザーが採用されたモデルのMVP。うしろ側はアジャスターベルトではなくベルクロが配されておりサイズ調整がよりスムーズに行える。ボディーには厚みのあるアクリルウールが採用されており、コットン素材とは違ったハリのある仕上がりが楽しめる。

アイテム4Yankees Dropper‘47 CLEAN UP

深みのあるダークグリーンのボディが大人っぽさを演出。フロントのロゴは刺しゅうではなくフェルトが縫い付けられている。ボディーの素材もウールを使用しているので落ち着いた印象。アジャスターにはブラウンのレザーがあしらわれている。

アイテム5Giants Double Backer '47 CAPTAIN RF

キャプテンをベースにフロントのロゴを廃してクリーンな印象にまとめたモデル。フロントロゴがない分スナップバックの両サイドにチームロゴとエンブレムがあしらわれている。インパクトのあるカラーリングながらもまとまりのあるデザインに仕上がった。

アイテム6Yankees Sure Shot Two Tone'47 CAPTAIN

クラウン右側に野球のアメリカンリーグエンブレムがあしらわれたキャプテンのSure Shotモデル。エンブレムは小ぶりなサイズ感で程良いアクセントに。ボディーにはアクリル混の素材を使用しているのでしっかりとしたハリのあるかぶり心地。

アイテム7Mets Baserunner '47 CLEAN UP

こちらのクリーンナップはフロントのエンブレムとサイドのブランドロゴステッチの色が違うのでやや遊びの効いた仕上がりに。ウォッシュ加工が施されたボディが味わい深い表情を演出。ミニロゴならば、うるさくなりすぎず大人でも取り入れやすい。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    マリメッコのリュックを解説。男性には、この4アイテム

    『マリメッコ』と聞くと、女性ブランドのイメージが強い方も多いはず。しかし今や男性の使用者も急増中。定番の「バディ」や「メトロ」を中心に人気リュックを紹介します。

    山崎 サトシ

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    15度ならこんな服装で。肌寒さ感じる気温にも悩まない着こなしテク

    季節の変わり目は服装やコーディネートに悩むもの。気温15度前後に適した服装を考えながら、快適に過ごすためのアイテム選びや着こなしテクニックを紹介します。

    平 格彦

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    ニューバランス996が人気の理由。ロングセラーモデルを徹底解剖

    『ニューバランス』には数多くの型番が存在しますが、とりわけ996シリーズはブランド内でも人気の銘柄。当記事では、そんな996をがっつりと深堀りしていきます!

    山崎 サトシ

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    春コーデ決定版! 大人が春服を楽しむための10のポイント

    30代にふさわしい春のメンズファッションを総特集。定番アイテムの活用術や旬の着こなし、さらにはセンス良く見せるテクニックまで、幅広く春服コーデを解説します。

    平 格彦

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    日常の良き相棒。ワークパンツを上手に着こなそう

    タフなワークパンツはメンズの定番服。しかし、ワークパンツにはチノやカーゴなど多彩なタイプがあり、それぞれ持ち味も違います。適材適所で上手に取り入れましょう。

    山崎 サトシ

    大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

    大人顔を厳選。メンズキャップの人気ブランド10選

    キャップはカジュアルコーデに好相性な小物として、きれいめな着こなしのハズし役として重宝するマストハブ。より大人に馴染むブランドと各アイテムを厳選しました。

    編集フカザワ

    BACK