ブルーデニムとTシャツこそ、ベーシックの原点

ブルーデニムとTシャツこそ、ベーシックの原点

男も30を過ぎたら、引き算したスタイルが一番。自分の型にぴったりハマるブルーデニムとTシャツさえあれば、夏のおしゃれの準備はばっちりだ!

AI

2015.05.31

ボトムス
ジーンズ
Tシャツ

僕たちの憧れ、ジェームス・ディーンが物語るTシャツとデニムのかっこよさ

旬のアイテムを着るのも楽しいけれど、酸いも甘いも経験した大人ならデニムとTシャツが似合う男になりたい。スクリーンの中のジェームス・ディーン。彼は『リー』の101ライダースにホワイトTシャツだけで、こんなにも男らしくなれることを教えてくれる。さぁ、この夏は、ブルーデニムとTシャツコーデを攻略しよう。

目指したいのは、こんな感じです

ブルージーンズは、好きな色合いのものを。そして、シンプルだけどシルエットにこだわったホワイトTを合わせて、色とシルエットでベーシックを楽しむ。

シャツとTシャツでもいい感じ

Tシャツとシャツのレイヤードとブルーデニムのシンプルスタイルもおすすめ。デニムもTシャツもシャツも、サイズ感にこだわって選ぶこと。ぴったりすぎず、ゆるすぎずの自分バランスを見つけて。

そう、このくらいシンプルなのが正解

ワンウォッシュのブルーデニムにまずに合わせたいTシャツは、1にも2にもホワイトの無地T。それも、クルーネックがベストだと思う。ブルーとホワイトって、それにしても最高の清潔感。

ジーンズ1きれいめな『リー』×『ビームス』ワンウォッシュジーンズ

人気ブランドのコラボアイテムは、互いの長所がかっこよさの相乗効果を生む。1950年代に『リー』が世界で初めてジーンズにジッパーを採用したことでも知られる101Zを現代風にアップデート。スリムなシルエットと浅めの股下が特徴。

ジーンズ2デニムの永久定番、『リーバイス』501がベースの501CT

『リーバイス』501をベースに、ウエストを従来より1サイズアップし、股下から細くアレンジしたモデル。501特有のシルエットはキープしながら、独自のテーパードシルエットにしたことで、オリジナルの魅力はそのままに、今っぽく着こなせる工夫が施されている。

ジーンズ3カウボーイ&ウェスタンがコンセプトの『ラングラー』も見逃せない

カウボーイ御用達のブランドとして成長していったブランド『ラングラー』も、ベーシックなデニムブランドとして忘れてはいけない。ノンウォッシュで上品な色合いなのに、どこか無骨でワーク感が強いブーツカットスリムフィットデニムパンツ。

ジーンズ4『ユナイテッドアローズグリーンレーベルリラクシング』のカジュアルデニムが優秀!

老舗ブランドのデニムに負けない位、人気セレクトショップのオリジナルブランドのデニムも品質が良い。しかも、プライスまで良心的なもんだから、もう言うことがないのです。こちらは、ロウデニムならでは、履きこむうちにアタリを楽しめるアイテム。

ジーンズ5『アクネストゥディオズ』のデニム

ここ数年、ファッショニスタの指名デニムとしてすっかり定着した『アクネストゥディオズ』のデニム。お値段は多少張るけれども、一度履いたらヤミツキになる美しいシルエットと履き心地。本物志向のベーシックを手に入れたいならこのブランド!

Tシャツ1ゆるっとしたテーパードデニムには五分袖Tを

はんぱな五分丈でこ慣れた雰囲気のあるホワイトTは、ゆるい雰囲気のテーパードデニムにON。春から夏に向かうこれからの季節にもぴったりのアイテム。

Tシャツ2『ラコステ』のクロコダイルでインパクト勝負!

男っぽい『ラングラー』のデニムには、シンプルながらガツンとインパクトのあるこんなTシャツはどうだろう? クロコダイルがガバッと口を開けて「超クール!」って言っているみたい。

Tシャツ3男もたまには、おちゃめ心!

『ビームスT』には、カジュアルなデニムにぴったりのTシャツがたくさん。見ているとほっこりしちゃうスケボープリントTシャツとデニムのコーデは、彼女もきっと気に入ってくれるはず。

Tシャツ4あえてのスポーツブランド投入で引き算

安定の憧れブランドである『アクネストゥディオズ』に、チャンピオンのTシャツを合わせてグッとスポーティに寄せてタウンユースに。袖に小さく入ったブランドロゴがポイント。

ベーシックなブルーデニムとベーシックなTシャツの夏コーデ。自分が着こなしているイメージはできた? この夏、「これだ!」と思うブルーデニムとの出会いを手繰り寄せて、現代のジェームス・ディーンになっちゃおうぜ!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    タフな1枚。グッドオンのTシャツが“10年着られる”秘密とは?

    デイリーユースできるTシャツは、着用頻度が高いからこそタフなモノが好都合。そこで、毎日のように着用して洗ってもヘタれない『グッドオン』のTシャツを紹介します。

    那珂川廣太

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    ジーンズをおしゃれに着こなすための5大法則とコーデサンプル

    タイムレスな日常着であるジーンズ。だからこそコーデ次第では周りに埋もれてしまうことも。今どき感を演出するための法則を押さえ、一歩先の装いを目指しましょう。

    山崎 サトシ

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    ブラックデニムはオールシーズン使える! 季節別のコーデ法と選び方

    通年使えるブラックデニム。とはいえ、季節ごとにおしゃれに見せるポイントは異なります。そこで、ブラックデニムの選び方やシーズンごとの着こなしを徹底的に解説します!

    まつお ありさ

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    シンプルだけどこなれてる、大人のTシャツコーデ25

    春夏のワードローブに必須のTシャツ。つい定番を選ぶゆえに、コーデがマンネリになってしまう人も多いはず。おしゃれな人のコーデから着こなしのヒントを探りましょう。

    CANADA

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    夏に着たい白Tシャツは、ビッグサイズで一つ上の男に

    これまで幾度となく夏は訪れてきたが白Tは常に主役を担ってきた。同時にマンネリ打破の命題とも付き合ってきたわけだが今季はどうやらサイジングにその解答があるようだ。

    菊地 亮

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    今、大人がはくべきデニムブランド20選。一生付き合える理想のジーンズに出会う

    あらゆるボトムスのなかで、一度手に入れたらもっとも長い付き合いになるのがジーンズ。それゆえ、確かなモノ作りを行うブランドをしっかり押さえておくことが重要だ。

    那珂川廣太

    BACK