自分に合う1足を。ナイキのランニングシューズ、レベル別早見表

自分に合う1足を。ナイキのランニングシューズ、レベル別早見表

ランニングシューズを狙うならランはもちろん、街使いにも適した『ナイキ』がイチ推しです。その魅力とモデルをランニングのレベル別に分けてご紹介!

山崎 サトシ

2018.08.01

ナイキ(NIKE)
スニーカー
ランニングシューズ

抜群の人気を誇る『ナイキ』のランニングシューズ。その特徴はココ!

レースにも出場するような本気ランナーから街のファッショニスタまで、幅広い層から愛用される『ナイキ』のランニングシューズ。その大きな特徴としてまず挙げておきたいのは、やはりスペックの高さでしょう。抜群のフィット感を誇るフライニットアッパーや高反発のクッショニングを提供するズームエアユニットなど、随所に独自のテクノロジーが反映されています。

合わせて読みたい:
おしゃれな15足をセレクト! おすすめランニングシューズをプレビュー

スペックの点に関しては、他ブランドの追従も言わずもがな。しかし『ナイキ』ならではの特徴が、その高いデザイン性。

ランニングコーデだけでなく、街着と合わせても十分スタイリッシュなモデルが顔を並べます。他ブランドのランシューではあまり見かけないような色使いも大きな魅力。まさしく才色兼備なスニーカーというわけです。

どう選べば良い? 『ナイキ』のランニングシューズ

『ナイキ』のランシューはとにかくラインアップが豊富。走り慣れていない人の場合、どれを選んで良いか迷ってしまうかもしれません。基本的に『ナイキ』のスニーカーは目的に応じたスペックとなっています。

たとえばナイキ フリーシリーズなら脚力強化に向いた作りとなっていて、ナイキ ズームシリーズはその多くがスピード向上を狙った仕様に。気に入ったモデルを見つけたら、どのような目的に向いているかをお店で相談してみても良いでしょう。ただ、軽いジョギング程度であればどのモデルを選んでもほぼ問題ありません。

『ナイキ』のランニングシューズでおすすめしたい10足

今回Freeamericanidolでは先に挙げた3つの目的別に分類、紹介しています。これからランニングを始めると言う方も、ちょっと大会が気になっている……、と言う方もカバーする珠玉の10足をご提案。

▼目的1:まずは足の筋力を鍛えたい

スポーツにおいて、まず大事なのは体作り。それはランニングも同様です。足の筋力強化に適しているのは、主にナイキ フリーシリーズ。まるで素足のような着用感で、人が本来持つ能力を引き出してくれます。普段はあまり使われない筋肉を刺激してくれるのも大きなメリットです。

アイテム1フリー ラン 2018

ナイキ フリーシリーズの中でもベーシックなモデルで、短距離のランを想定して開発されています。柔軟性に特化した高機能なアウトソールにより、まるで素足のようにナチュラルな履き心地を実現。さらに、今まで以上にどんな着こなしにもマッチするよう、ソールデザインがモードな流線型に一新されています。

アイテム2フリー ラン フライニット 2018

上のモデルをベースとして、アッパーにシームレスなフライニットアッパーを採用したのがこちら。柔軟性・通気性が必要な部分はゆったりさせる一方、サポートが必要な部分はきつく仕上げるなど、絶妙にフィットするフライニットアッパーは快適なランの一助に。パッカブルデザインでバッグに収納しやすいのも強みです。

アイテム3フリーラン モーション フライニット2018

トレーニングラン用のスニーカーで、足のコンディションを整えるのに最適。柔軟性とサポート力を兼ね備えたソールが足の動きに合わせて伸縮することで、さらに自然な感触を楽しむことが可能に。加えて、従来のシューレースとは一線を画す2ストラップシステムを駆使することで、甲全体に高いフィット感をもたらしました。

アイテム4フリー ラン コミューター 2018

ランだけでなく多彩なアクティビティーに対応してくれるモデル。ソックスのようにストレッチ感のあるニット素材が足を包み込み、運動を効果的にサポート。着脱も非常にイージーです。 そして、アッパーにストラップを配することでサポート力をさらに強化しました。主張しすぎないロゴ使いで、ワードローブとの合わせやすさも◎。

▼目的2:そろそろタイムの改善も視野に入れて入りたい

走るための筋肉がついてくると、自分のタイムも気になってきます。スピードにこだわるなら、軽量性とフィット感を兼ね備えたモデルを選ぶのが正解。また、いずれも『ナイキ』独自のズームエアユニットを搭載し、高い反発力を備えます。

アイテム5ズーム ストリーク LT 3

フルレングスのクシュロンミッドソールとヒールに内蔵したズームエアユニットによって、軽量性と高反発のクッショニングを両立させた本格的レーシングモデル。そのうえ、ふくらみのあるラバーワッフルアウトソールは耐滑性に秀でています。多種多様な路面&距離に対応してくれる、頼りがいのある1足です。

アイテム6エア ズーム スピード レーサー 6

軽量かつ通気性良好なメッシュアッパーに、高いサポート力を発揮するフライワイヤーテクノロジーを融合。コンフォート性は折り紙付きです。衝撃吸収性に特化したファイロンミッドソールや前足部に配したズームエアユニットなど、ランニングの効率を高めるテクノロジーも数多く搭載します。春コーデにハマる鮮やかな発色も高評価!

アイテム7ズーム オール アウト LOW 2

奇をてらわないシンプルなデザインで、ランから日常生活まで幅広く順応。アッパーのライトウェイトメッシュは通気性に富み、足を常にクールな状態にキープします。 かかと部分が硬めで足をカップのように覆うため、安定感も抜群! ズームエアユニットはかかと〜前足部にわたって配されており、素早いエネルギー反発を生み出します。

▼目的3:いよいよ大会デビュー。“サブ4”を達成したい

ランナーにとって大きな目標のひとつである、サブ4(フルマラソンを4時間で完走すること)。その達成には軽さはもちろん、長時間の着用でも疲れない高いクッション性が重要となってきます。

アイテム8ズーム フライ

ミッドソールに内蔵されたカーボン混ナイロンプレートが、軽快な足運びをアシスト。2種類のフォームを重ねたルナロンクッショニングにより、衝撃吸収性・反発性・安定性を強めているのも利点です。アッパーに用いたフライメッシュ素材は風通しが良く、ランがヒートアップしても不快なムレを防いでくれます。

アイテム9エア ズーム ペガサス 34

フォームクッションとズームエアユニットが連動し、足に高いサポート力を提供。靴底に沿って配されたラバーのストリップも足運びを助けてくれます。アッパーは先ほどのナイキ ズーム フライト同様にフライメッシュ素材。シューズ内に熱がこもりにくいので、長時間のランニングにはうってつけです。

アイテム10エア ズーム ストラクチャー 21

きわめて高い安定性は、足中央部と土踏まずをしっかりと包み込むダイナミックフィットテクノロジーによるもの。幅広なアウトソールと2種類のクッショニングも安定性アップの一因となっています。ほかにも、頑丈なヒール構造や素材のフライメッシュなど、機能への注力が散見。見た目も非常に洗練されていて、ランニング時のテンションを上げてくれます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    暖かく心地良い。冬サンダルで着こなしに抜け感を

    暖かく心地良い。冬サンダルで着こなしに抜け感を

    温かみのある素材で楽に履ける便利な冬サンダルが続々登場。ワンマイルにアウトドアにとあらゆるシーンで取り入れられています。そのコーデ術とおすすめアイテムをご紹介!

    ai sato

    日常使いから本格派まで。着膨れしない防寒インナー10選

    日常使いから本格派まで。着膨れしない防寒インナー10選

    寒い時期に必須の防寒インナーは、着膨れを防止してくれるスマートなアイテムを選びたいもの。日常使いから、ウインタースポーツなどに対応する本格派までご紹介します。

    近間 恭子

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    ドクターマーチンの3ホールが、どんな服装とも相性抜群

    『ドクターマーチン』は誰もが知るシューズブランドの名門。数多くの傑作を世に送り出してきた同社ですが、とくに大定番の3ホール(1461)は大人の日常にピッタリです。

    山崎 サトシ

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    ノース・フェイスのグローブなら、アウトドアもタウンユースも頼りになる

    デザイン性と機能性を両立させたアイテムに定評がある『ザ・ノース・フェイス』。それはグローブもしかり。その魅力をおすすめのモデルとともにお届けします。

    近間 恭子

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    ナイキエアの注目作。エア ヴェイパーマックスは見た目も機能も最先端

    『ナイキ』が誇るエアマックスを、より進化させたエア ヴェイパーマックス。同ブランドらしい最新テクノロジーを掘り下げつつ、今購入できるラインアップに迫る。

    小林 大甫

    BACK