男の定番服、ミリタリージャケットを春らしく着こなす方法

男の定番服、ミリタリージャケットを春らしく着こなす方法

ライトアウターが気になる季節は、男らしく装えるミリタリージャケットが気になる季節でもあります。真冬とは異なる、この時期の着こなし方を考えてみましょう。

山崎 サトシ

2018.01.31

アウター
ジャケット
ミリタリージャケット
春の着こなし・コーデ

定番のミリタリージャケット。春はどう着こなす?

男らしくて機能的なミリタリージャケットは、大人のワードローブとして不可欠な存在。ミリタリートレンドはこの春も継続しますし、引き続き活用していきたいところです。とはいえ、冬場と同じニュアンスで着るのは少し重たい……というのが本音。どんなふうに着こなすべきか、そしてどのようなモデルを選ぶべきかを当記事でレクチャーしていくので、ミリタリースタイルを春らしくブラッシュアップしましょう。

ミリタリージャケットをクリーンに着こなすための3つのヒント

春らしく“ミリジャケ”をコーディネートするために必要なのは、ずばり“クリーンさ”。その要素を着こなしに落とし込むためのヒントをここでご紹介していきます。どれも挑戦しやすいテクニックなのでぜひ実践してみましょう。

ヒント1白ニットとのレイヤードで品の良さにアプローチ

ミリジャケをクリーンに着こなすのであれば、ニットの品良さに頼るのが手っ取り早い選択。中でも清々しさを振りまくホワイトカラーに照準を定めましょう。なお、首元の形状はクルーネックがおすすめ。タートルネックタイプも旬なのですが、デザインにボリュームがあるため春先にミリタリージャケットとレイヤードすると少し重たく見えてしまいます。

▼コーデ1:武骨感あるM-65ジャケットをスマートに料理!

ミリタリーアウターの代表格たるM-65ジャケットが主役の装い。それなのにハードなイメージに映らないのは、インナーに挿した端正なホワイトニットのおかげ。大人っぽいウインドウペンのパンツもスマートさに拍車を掛けます。

▼コーデ2:淡いトーンで全体をまとめ、春らしさをアピール

薄めのカラーを中心にコーディネートして、ミリタリースタイルにありがちな重々しさを見事に払拭。インナーのホワイトニットがクリーンなイメージを、ジャージーパンツがリラックス感をさらに強めます。それでもだらしなく見えないのは、ラウンドタイプのメガネや革靴など、小物でかっちりと固めているため。絶妙なバランスです。

ヒント2クロップドのスラックスで上品さ×軽快さをMIX

ボトムス選びの妙でミリタリージャケットの重さを解消してあげるのもひとつの手。おすすめしたいのは、上品な面持ちのスラックス。中でも軽やかさを併せ持ったクロップドタイプなら、即座に春っぽさを入手できます。今季らしくソックスのチラ見せをしても良いですし、素足履きでの肌見せで軽快さを一段と強調するのもアリです。

▼コーデ1:カモフラアウターの骨太さをボトムスでいなす

迷彩柄がレイアウトされたMA-1は男くささ強めのアイテムですが、トラッドなグレースラックスならばその骨太感をいなしてくれます。クロップド丈×スニーカーのコンビネーションで、軽やかさを強調したのもキーポイントです。

▼コーデ2:足元の肌見せで抜け感をさりげなく創出!

ダークトーンのクロップドスラックスでミリタリーコーデに落ち着いたニュアンスを加味。ローファーを素足履きすることにより、ひとさじの軽快感も落とし込んでいます。このさりげない感じが、装いにこなれ感を生んでくれるのです。

ヒント3すっきり見せるならバンドカラーシャツも◎

台襟のみが配され、折り返しの襟羽がないバンドカラーシャツは、ミリタリージャケットにすっきりとした印象を付加してくれる優秀アイテム。ニットと並び、インナーとして有力候補です。カジュアルな総柄デザインのバンドカラーシャツも多くリリースされていますが、クリーンさを狙うならば王道の無地タイプを狙うと良いでしょう。

▼コーデ1:肩の力を抜いた今どきなミリタリーコーデ

がばっと被れるプルオーバー仕様のバンドカラーシャツが、着こなしにラフなクリーンさを演出。さらに、袖をロールアップしたことによりリラックス感のある強まっています。着こなしのゆるさに合わせて、足元にはホワイトソールのスリッポンをピックアップ。

▼コーデ2:ロングシャツ&薄青デニムで気負いなくスタイリング

インに挿したバンドカラーデザインの無地シャツは、今季らしいロング丈仕様。ヴィンテージ風ジーンズとのマッチアップで、気負いないコーデをかなえています。着こなしの軽さを損なわないように、M-65ジャケットはシャツライクな薄手素材のモデルをセレクトしました。

今選びたい、ライトなミリタリージャケット

コーディネート術も当然大事ですが、ミリタリージャケットのチョイスも同じくらい肝要。カラーリングや素材感で春らしさを描き出した、今選びたい秀逸なアイテムを最後にお見せしていきます。

■参考: 男らしさ満点。ミリタリージャケットを種類別に解説!

ミリタリーの重鎮ブランドが送り出すフードジャケットは、素材にクールマックスを使った機能派。さらっと袖通りも軽い、ノンストレスな着心地が魅力です。各所のディテールでミリタリーテイストを残しつつ、春らしいホワイトカラーで爽やかに着こなせるのもポイント。袖のステンシルプリントが効いています。

オーバーサイズのM-65の、腰から下を大胆にカットした技ありのデザインが光ります。腰のスピンドルコードによりシルエットの調節ができるほか、両胸部分のポケットはサイドからも手が入れられるユーザビリティーに満ちたデザインも魅力。バイオウォッシュ加工により表れた、パッカリングの具合も見事です。

アウターとしてもインナーとしても使い回しが効く、ハリのあるオックス素材を使用したユーティリティーシャツ。製品洗いをかけることで、色ムラや生地のネップ感を出したヴィンテージさながらの見た目に仕上げています。本気の作りながら、『エディション』ならではのモダンなサイジングもうれしい限り。

目の細かいギンガムチェック柄を採用したMA-1は、色のトーンを抑えることで見た目にもすっきりとした印象に仕上がっています。吸水速乾機能に優れたシアサッカー素材により、夏場も使えるため3シーズンアウターとして活用できる、コスパの高い1着です。しわになりにくい素材のため、バッグの中に忍ばせておくのもおすすめです。

打ち込みの良いコットンツイル生地を使ったシャツジャケットタイプの1着。縫製後、ストーンウォッシュ加工でフィニッシュすることで、パッカリングなどヴィンテージライクなニュアンスを描き出しています。程よく薄手の仕立てなので、肌寒い日はインナーとしても活躍してくれそうです。

ライトタッチのコットンポリエステル素材を駆使したモッズブルゾン。2017年秋冬に好評だった人気モデルをベースに、左袖のポケットをシガレットポケットからシャープな片玉縁ポケットに変更し、より都会的に昇華しています。春先にも軽やかに羽織れる、コンパクトなショート丈も好印象。

本来はヘビーなナイロンツイルが使われることが多いMA-1ですが、こちらは着心地の良い裏毛スウェット素材でアレンジ。ミリタリー感とスポーティーさが共存した、現代的な顔立ちです。シルエットは程よく肩が落ちたゆるすぎないサイズ感で、大人めの着こなしとも難なくマッチします。

思わず目を引く鮮やかな発色で、着こなしの主役となってくれるM-65。ボディーは密に織り上げた上質なツイル生地。ポリウレタンをブレンドすることで、ストレッチ性を与えているのもポイントです。なお、ウォッシュ加工を施しているため、最初から長年着こんだようなこなれた風合いを味わえます。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事

    BACK