日々進化する北欧生まれの上質ウォッチ、クロナビー

日々進化する北欧生まれの上質ウォッチ、クロナビー

スマートウォッチは気になるけど、スマホやパソコンに囲まれる生活の中で腕時計だけでもアナログに……、と思う人にこそおすすめしたい“コネクトウォッチ”があります。

Freeamericanidol編集部

2018.01.19

クロナビー(KRONABY)
腕時計
スマートウォッチ

大手ブランド出身のエキスパート集団が作り上げた、次世代の腕時計

2017年3月に開催された腕時計の祭典「バーゼルワールド」において、取材陣からひと際注目されていた腕時計がありました。それが、デザイン大国、スウェーデン発祥のコネクトウォッチ専業ブランド『クロナビー』。ただでさえあらゆるものが電子化していく現代において、腕元に新たにスクリーンを付けることに疑問を抱いた大手モバイルブランド出身の技術者たちが立ち上がり誕生したブランドです。

彼らが生み出したものが、時分針を備えた昔ながらのアナログウォッチにスマートフォンと繋がる機能を搭載した「コネクトウォッチ」です。近未来感、デジモノ感が先行するハイブリッドウォッチと呼ばれるジャンルにおいて、アナログウォッチ愛好家も納得のハイクオリティなケースとルックスを備えた腕時計は異色の存在。2017年4月からスカンジナビアを中心に展開が始まった『クロナビー』は、瞬く間に欧州や日本を含めた400店舗以上で販売されるビッグブランドに成長しました。ハイブリッドウォッチが気になるけれど、まだ抵抗がある……、そんなハイブリッドウォッチ難民にこそ知ってほしい、『クロナビー』の魅力を紐解いていきましょう。

『クロナビー』がこれまでのハイブリッドウォッチと異なる3つのポイント

日本ではまだそこまで知られていない『クロナビー』。ですが、デザインウォッチの聖地である北欧最大の腕時計専門店「クロックマスター」でも大きな売り上げを達成しています。目の肥えた大人たちにも『クロナビー』が響く理由とはどこにあるのでしょうか。

ポイント1見た目は大人のライフスタイルに似合う高品質なアナログウォッチ

デザイン的に優れているのは大前提として、『クロナビー』が腕時計愛好家にも受け入れられている理由のひとつに高品質な素材の選定があります。同ブランドでは現在4シリーズ全24型で展開している商品すべてのケースに金属アレルギーになりにくいサージカルステンレス316Lを、ガラス(風防)に加工が難しく傷に強いサファイアクリスタルを採用しています。前者は高い硬度と耐腐食性を持っており、シリアスなスペックが求められる医療現場においても使用されている素材です。

また、モデルによっては塗装に比べて透き通るような青さが売りの青焼き針、エイジングが美しいイタリア製レザーストラップを装備。自社開発のムーブメントも含めて、そのすべてがモノにこだわりを持つ大人にふさわしい風格を腕元にもたらしてくれます。正直な話、コネクト機能を除いたこれだけの要素でも、お値段分の元が取れてしまうほどこだわりが詰まっています。ちなみに、『クロナビー』は充電式ではなく電池による駆動方式を採用。スマホにタブレットにイヤホンに……、と充電するものが増えがちな昨今、うれしい仕様ですよね。

ポイント2自社開発アプリと連携し、3つのボタンで直感的な操作が可能

App Store、Google Playで配信されているオリジナルアプリ「Kronaby」と連携することで、『クロナビー』はコネクトウォッチとしてのさまざまな機能を使用することができます。その設定は至って簡単で、アプリ画面上部に表示されている愛機のボタン部分に下部からお好みの機能を当てはめるだけ。ひと目で理解できる北欧らしいフラットなデザインで、初心者でも直感的に操作できます。あとは、日々の生活の中で愛機のボタンを押して機能を呼び出せばOK。他のハイブリッドウォッチと同用に、針の位置で今必要な情報を提示してくれるはずです。

ポイント3ユーザーの希望をスピーディーに汲み上げて、アップデートに反映

『クロナビー』を持つ最大のメリットが、これかもしれません。同ブランドでは驚くべきことに、ムーブメント、アプリ、クラウドサービスのすべてを自社内でまかなっています。もともとこだわりの強いエンジニアの集まりらしいといえばらしいのかもしれませんが、これによりかゆいところに手の届くアップデートを迅速に行えるという利点が生まれるのです。開発者たちは常にユーザーがどのような機能を求めているのかをリサーチしており、数か月に一度の配信でそれを反映しています。毎日使えば使うほど、使用者とともに機能的に成長していく腕時計、それが『クロナビー』です。

幅広いニーズに応える、個性豊かな4つのシリーズ

『クロナビー』ではテイストの異なる4つのシリーズで、メンズレディースを問わずさまざまな要望に応えるデザインを発表しています。それらの中からおすすめを1本ずつピックアップして、紹介していきましょう。

シリーズ1ビジネスシーンにもぴったりのスポーティなアペックス

視認性、耐久性に重きを置いてデザインされているのがこのアペックスです。アラビアインデックスが並ぶ、43mm径の迫力ある黒文字盤は日々のスーツスタイルをワンランク上の装いに仕上げてくれるはずです。6時位置のサブダイヤルにより、よりスポーティな印象を与えてくれます。マットなブラックカラーも用意されているので、お好みで。

シリーズ2男女問わずハマるシックなデザインのセイケル

古き良き伝統的な腕時計をモチーフにしたシリーズがこちら。シリーズ名の由来となっている“Century”が示すように、飽きることなく長く愛せる普遍的なデザインが特徴です。放射状に光を反射するサンレイ文字盤が美しいですね。主にカジュアルなスタイルで力を発揮するセイケルですが、昨今のクラシックトレンドに乗っかってツイードのジャケットなどと合わせても、味のある大人の着こなしを楽しめるはずです。43mmに加えて38mm径のモデルも発表されているので、シンプルな2針モデルを探している方にはそちらがおすすめ。

シリーズ3無駄を削ぎ落とした北欧ブランドらしい入門機、ノード

クリーンなデザインがオフにマッチするノードは、女性にも人気が高いモデル。およそデジタル感を匂わせないデザインながら、搭載されている機能は他のシリーズと変わらないところがユニークでもあります。やや小ぶりな38mm径での展開に加えて比較的お値段も抑えめなので、これまでアナログウォッチに慣れ親しんできた男性にも一度検討してほしいですね。

シリーズ4ドレスシーンにも最適な優雅さが魅力のキャラット

鮮やかなPVDコーティングにより、名前の通り腕元で輝く宝石のようなラグジュアリーさを漂わせているキャラット。ケースはイエローゴールドとローズゴールドが展開されており、そのどちらも華美すぎない落ち着いたドレス感をたたえています。柔らかなベジタブルタンニングレザーのストラップも良いですが、きらびやかなメッシュベルトで大人のパーティースタイルのお供に選んでほしい1本ですね。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    “伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

    “伝説の鋼”が囁く、腕時計の本質

    腕時計は実用的な道具である以上に、ロマンの塊だ。時刻を知るだけなら、実はスマホで十分。むしろそれ以上の魅力、つまりはブランドの哲学やチャレンジングな姿勢、モノ…

    増山 直樹

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    チュードルからチューダーに。進化し続ける老舗の腕時計

    2018年の時計界のビッグサプライズといえば、『チューダー』の日本正規展開である。長年に渡るユーザーの期待に応えるコレクション。改めて、その魅力を解き明かす。

    ワダ ソウシ

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    ダントンといえばウールモッサ。洗練された名作アウターは大人コーデと相性抜群!

    シンプルな見た目とスマートなサイズ感、さらには高い保温性を誇る『ダントン』のウールモッサ。今季も要注目の素材ならではの魅力や、同素材のアウターを一挙ご紹介。

    Freeamericanidol編集部

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    それいいね! おしゃれと思われる腕時計20選

    おしゃれは、自己満足で終わることなく、他人に認められてこそ。“しゃれ者”として認められるには、大いに目立ち、「いいね」と言ってもらえる腕時計こそが必要なのです。

    黒野 一刻

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    グランドセイコー20傑。男が持つべき名作を厳選

    国産時計の雄『セイコー』が1960年に生み出したハイエンドコレクションが『グランドセイコー』です。スイス時計を超越する高精度のジャパンブランドに迫ります。

    黒野 一刻

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    本場にも負けない。日本発の腕時計ブランド10選

    腕時計の本場といえば、スイス。それは否定できない事実です。しかし、実用性では日本が世界一。その理由と、日本が誇る腕時計ブランドを語り尽くします。

    黒野 一刻

    BACK