大人の定番がそろう。マッキントッシュフィロソフィーの指名買いアイテム

大人の定番がそろう。マッキントッシュフィロソフィーの指名買いアイテム

『マッキントッシュフィロソフィー』といえば、英国の老舗『マッキントッシュ』のセカンドラインとしておなじみ。その精神を受け継いだプロダクツは上質さに満ちています。

山崎 サトシ

2018.01.13

マッキントッシュフィロソフィー(MACKINTOSH PHILOSOPHY)
ブランドまとめ

まずは知りたい。『マッキントッシュフィロソフィー』とは?

1823年にチャールズ・マッキントッシュ氏が設立した、英国が誇る老舗名門ブランド『マッキントッシュ』のセカンドラインとして2007年よりコレクションがスタートした『マッキントッシュフィロソフィー』。同ブランドは日本の大手アパレルメーカーである三陽商会が手掛けています。30代男性をメインターゲットとした、Freeamericanidol世代にぴったりのブランドです。

クラシックとモダンが共存したコレクションが魅力

メインラインの『マッキントッシュ』が備えるクラフトマンシップを受け継ぎながら、現代的な要素も随所に落とし込んだコレクションが『マッキントッシュフィロソフィー』最大の持ち味。温故知新のアイテムは、コーディネートの格上げにおあつらえ向きです。ウェアから小物に至るまでトータルでラインアップする振り幅の広さも強みのひとつ。

大人の着こなしと文句なしでハマってくれる!

クラシックさと今っぽさがバランス良く共存する『マッキントッシュフィロソフィー』のプロダクツは、こなれた大人の装いと好相性です。たとえば、このあか抜けたジャケットスタイルでは同ブランドのテーラードジャケットを着用。ダークトーンのマドラスチェック柄は、存在感がありつつも実にスマートな雰囲気です。

『マッキントッシュフィロソフィー』の今買えるアイテムをチェック

いま買える同ブランドの最新アイテムをピックアップ。5つの主要カテゴリ別でおすすめの品を紹介していきます。

▼カテゴリ1:仕立ての良さに定評があるコート

『マッキントッシュフィロソフィー』の代表アイテムといえばコート。生地&シルエットにこだわり抜いた、仕立ての良い逸品です。この時期のコーデの主役となること請け合い!

コットンボンディング ステンカラーコート

ブランドの顔ともいえる人気モデルの「ウェリントン」。英国らしさを追求したシャープなAラインシルエットが持ち味です。ボディは間に特殊フィルムを挟み込んだ機能性に優れる三層ボンディング素材。さらに、取り外し式のライナーも付属しています。

■こちらの記事もおすすめ: ステンカラーコートを秋冬春とおしゃれに着こなすためにすべきこと

ハイカウントタフタ ダウンコート

フード付きステンカラーコートをデザインベースとして、中に良質なホワイトダックダウンを注入することで防寒性を大幅にアップ。すっきりとしたフォルムのため、ダウンアウターにありがちな野暮ったさは皆無です。表地は撥水性を備える高密度なポリエステルタフタ。

■こちらの記事もおすすめ: ビジネスマン必見。スーツに似合うコートと着こなし方

▼カテゴリ2:端正な見栄えと機能性を兼備するジャケット

品行方正なデザイン性だけでなく、機能性にも配慮した実用本位なジャケットも押さえておきたいアイテム。日常生活をよりコンフォートなものへと導いてくれるはずです。

トロッタージャケット

ビジネスマンが出張を快適に過ごすために開発されたジャケットですが、オン・オフと自在に着回すことができます。表地のジャージー素材はウォッシュブル・耐シワ性・吸水速乾など多彩な機能を有しています。コンパクトに収納できるため、持ち運びもきわめてイージー!

フランネルストレッチ ボックスシルエットジャケット

高品質なラムズウールを使用したフランネル生地のジャケットは、程良くリラックス感のあるボックスシルエット。モダンなステッチレス仕様にすることでエレガンス感も織り交ぜています。ストレッチ素材をボディにMIXして、着心地を向上させているのもポイント。

▼カテゴリ3:パンツはすらりとした美麗シルエットが持ち味

美脚効果に秀でた、すっきりとしたフォルムのパンツも人気。簡単にスタイルアップをかなえてくれる頼もしい存在です。素材への注力も光っており、こだわり派の大人も満足!

ストレッチコーデュロイ テーパードスリムパンツ

製品洗いを施して柔らかなニュアンスを描き出したコーデュロイパンツ。シルエットはスリムテーパードですが、伸縮素材であるポリウレタンをMIXしているので窮屈さは感じさせません。上品なホワイトカラーを生かして、クリーンにはきこなしたいところ。

ストレッチデニム 5ポケットパンツ

バックスタイルをシャープに見せてくれるタイトストレートシルエット。さり気ないテーパードによって脚長効果も演出しています。10.75オンスのデニム生地は日本のファクトリーにて織り上げられた品質の確かなもので、味わい深いエイジングを楽しめます。

▼カテゴリ4:ビジネス&カジュアルどちらでも活躍する万能バッグ

トータルファッションブランドだけに、ウェアだけでなくバッグもラインアップ。使い勝手の良いシンプルデザインのモデルが多く、仕事でも休日でも使えます。もちろん、利便性への配慮も抜かりありません。

■こちらの記事もおすすめ: 知りたいこと、全部。ビジネスバッグの選び方と人気ブランド一挙公開

サフィアーノレザー トートバッグ

品良い表情なうえキズが目立ちにくい、サフィアーノレザーを用いて仕立てたトートバッグ。ハンドルは手持ち&肩掛けのどちらにも対応できます。内部は多ポケット仕様で仕分け力は申し分ありません。B4ファイルがすっぽりと入るサイズ感もGOOD。

■DATA
W42×H28×D15.5cm

ナイロンPVC加工 トロッターバッグ

太番手のナイロン糸で織り上げたヘビーオックス素材をベースに、表面にはPVCコーティングを施して撥水性を向上。内部には便利なラップトップ用の収納スペースが設けられています。なお、ショルダーとしても着用できる2WAYデザインなので、着こなしに応じて使い分けましょう。

■DATA
W38.5×H29×D10.5cm

▼カテゴリ5:スタイリングのラストピースとなる秀逸小物も要注目!

最後に紹介するのは、着こなしをセンス良く彩ってくれる小物群。デザインアクセントとなってくれるマフラーと、ミニマルなルックスと実用性を併せ持つ腕時計をピックアップしました。

ハウスチェック マフラー

『マッキントッシュフィロソフィー』のハウスチェックが配された、アイキャッチ効果の高いマフラー。ウール×アンゴラのMIX素材なので、肌触りがよく保温性にも優れています。質実剛健なMADE IN SCOTLANDという点も大人心をくすぐりますね。

■こちらの記事もおすすめ: 大人の男性におすすめしたい、人気のマフラーブランド13選

ソーラーウォッチ

無駄を省いたストイックなデザインの1本は、どんなコーデともフィット。しかも、ソーラー駆動なので面倒な電池交換が不要なんです。10気圧防水機能も有しているので、多少雨にぬれても問題なし。さらに、風防は強化処理がされておりキズが付きにくくなっています。

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    サマージャケットは夏コーデの救世主。取り入れ方とおすすめ10選

    暑い日でも清涼感を与えられるサマージャケットは、春夏シーズンのマストバイ。選び方や着こなしのポイント、コーディネートの好サンプルまで幅広く解説します。

    Freeamericanidol編集部

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    もはやコーデの一部。ミニショルダーバッグが便利すぎて手放せない!

    サコッシュ人気の流れで、需要が高まっているミニショルダーバッグ。小ぶりながら収納力に優れた逸品たちは、いまやスタイリングのアクセントとしても重要な立場に。

    Freeamericanidol編集部

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    サマースタイルを精かんに。ネイビーTシャツの着こなしとおすすめ9選

    ホワイトTに続き汎用性の高いネイビーTシャツ。爽やかな1枚はどうやって着こなすべきか、そして大人が選ぶべき良質な逸品とは。

    Freeamericanidol編集部

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    BACK