コートがすっきりと着られて暖かい。“シンダウン”って一体何モノ?

コートがすっきりと着られて暖かい。“シンダウン”って一体何モノ?

冬アウターとして人気のダウンですが、暖かさは確保しつつもスマートに着られる“シンダウン”が注目されています。その特徴とおすすめをサクッと解説しましょう。

編集フカザワ

2018.01.10

アウター
ダウン
ダウンジャケット

それダウン!? スマートに見せられるシンダウンが話題沸騰中

どうも、編集フカザワです。下記記事にて公表しましたが、ついに、ようやくダウンジャケットを購入しました。

■参考: 最高です。セールで発掘したアンダー20,000円の良質ダウンジャケット

おかげさまでこれからの冬コーデはロングTシャツ+ダウンジャケットという楽チンスタイルで過ごせそうです。スーツを着用することが滅多にない私はそんなのんびりとした格好ですが、社会人と言えばやはりスーツ。冬アウターとしては、それに合うきれい目のコートを多用している方が多いでしょう。

ですが、チェスターコートやステンカラーコートといったスーツにベストマッチするデザインでありながら、ダウン的な暖かさも欲しい……と誰もが1度は思ったことがあるはず。そんな方にうってつけなのが、今回レコメンドする“シンダウン”を採用したコートなんです。

シンダウンとは、何か。 “THINDOWN ” という言葉が指すとおり、薄手のダウンということが最大の特徴。ダウンと言えばキルティングされた、モコモコされたモノを思い浮かべると思いますが、これらの製品はダウンパックと呼ばれる仕切りにダウンが封入されています。しかし、シンダウンは薄いシート状になったダウンですから、仕切る必要がなくなるって話なんですよ。まさに “新ダウン ”とも呼べるかもしれませんね。

仕切る必要がなくなったダウン。このシンダウンはイタリアのニピ社が開発したモノで、いまでは、その形状を生かしたスマートなコートがセレクトショップでの取り扱いを増やしています。着膨れの心配無用で着られるうえにダウンならではの暖かさも確保されているため、ビジネスマンにとっては「待ってました」と言わんばかりのハイスペックアウターとして注目されています。

冬のビジネスコーデをアシストしてくれるのはもちろん、休日のカジュアルコーデの大人らしさをフォローしてくれるのもシンダウンを採用したアウターの良さ。オンオフ問わず着られるモノというのは、どんなシーズンでも重宝しますよね。

数々の長所を押さえたところで、シンダウンを採用したコートをピックアップしてご紹介しましょう!

アイテム1『エディフィス』シンダウン ウールフーデットステンカラーコート

『エディフィス』らしい都会的なシルエットが光る、大人顔のステンカラーコート。フード付きのため程良くカジュアル感も演出できるので使い勝手は抜群です。

アイテム2『ユナイテッドアローズ』シンダウン ステンカラー コート

フライフロントのスナップボタン仕様により、ミニマルなルックスに仕上げたのは『ユナイテッドアローズ』。周囲とかぶらない、かつ使いやすいグレーの色み がスーツ姿に洗練された表情を加えてくれるでしょう。

アイテム3『ジャーナルスタンダード』シンダウン コート

『ジャーナルスタンダード』のフーデットコートは、表地にコーデュラ(R)ナイロンを採用。防寒性だけではなく耐久性をも兼備したスペックながらも、シンダウンによるスマートな印象はきちんとキープしています。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK