上品さと温もりのある男に。ハリスツイードで作る大人の装い

上品さと温もりのある男に。ハリスツイードで作る大人の装い

ツイード生地の代名詞である「ハリスツイード」。100年以上もの歴史があり、高級生地として高い知名度があります。その魅力をおすすめアイテムや着こなしとともに解説。

近間 恭子

2018.01.09

ハリスツイード(HARRIS TWEED)
ブランドまとめ

英国伝統の生地、「ハリスツイード」とは

スコットランドのアウター・へブリディーズ諸島発祥のツイード生地である「ハリスツイード」。そもそもツイードは紡毛糸を用いて織られた粗っぽい表面感の毛織物のことで、暖かくて防寒性が高いので秋冬の代表的な素材として広く浸透しています。「ハリスツイード」は数あるツイードのなかでもとくに品質が高く、丈夫で発色が美しいのが特徴。ゆえにその名は世界中に知られており、さまざまなアイテムに活用されています。

「ハリスツイード」特有の固くてゴワゴワした風合いをマイナスに捉える人もいるかもしれません。でも、その独特な風合いは他の生地にはないノスタルジックな味わいがあり、さらには武骨で男っぽい雰囲気を醸してくれます。また、弱撥水性と優れた耐久性を持ち合わせているので、きちんとメンテナンスをすれば約20年は着用できるのも特筆すべき魅力です。

上品さと温もりを演出。「ハリスツイード」を取り入れた着こなし

さまざまなブランドのアイテムに採用されている「ハリスツイード」。ここでは同素材を使ったおすすめの着こなし方を、アイテム別に紹介します。

▼「ハリスツイード」のジャケットはストリートMIXで今どきに着る

「ハリスツイード」のジャケットは、その素材感から古着っぽくも見える可能性が高いアイテム。でも、キャップやロンTなどのストリートテイストなアイテムを合わせれば、そんな心配はありません。むしろ、グンと今っぽい雰囲気に仕上がります。足元はスニーカーというのもマストな選択です。

着こなし1「ハリスツイード」が際立つブラックワントーンコーデ

「ハリスツイード」の武骨で男っぽい風合いを引き立てるべく、そのほかのアイテムをブラックで統一。あえてキャップやロンTといったストリート色の強いアイテムをセレクトし、絶妙にカジュアルダウンしています。ジャケットのライトグレーが映える配色もポイントです。

着こなし2英国カントリースタイルを小物使いで今どきに

「ハリスツイード」のセットアップ×コーデュロイパンツは、英国カントリースタイルの王道の組み合わせ。それでいて今っぽく見えるのは、キャップとスニーカーでストリートMIXスタイルに仕上げているから。ゴールドメタル素材を使ったラウンドフレームのメガネも程良く渋みを出しています。

おすすめアイテム1『ビームスプラス』

重厚感あるルックスはそのままに、フェザーウェイトと呼ばれる軽量な「ハリスツイード」を使用することで軽快な着心地を実現。着回し力の高いベーシックなデザインなので長く愛用でき、ツイードならではの表情豊かな風合いを楽しむことができます。

おすすめアイテム2『エディフィス』

厚手でざっくりとした風合いの「ハリスツイード」を使った、上品で大人なテーラードジャケット。モダンなテーラリングに定評のある『エディフィス』らしく今どきのスマートなシルエットに仕上げているので、どこか洗練された印象も与えます。同素材のベストやパンツとセットアップで着用するのもおすすめ。

▼「ハリスツイード」のコートは無彩色でクリーンに着こなす

英国カントリースタイルの象徴ともいえる「ハリスツイード」は、その重厚感ゆえに、ともすると野暮ったく見えることも。着こなした際に面積の大半を占めるコートで取り入れるとなると、なおさら注意が必要です。そんなときは、ブラックやグレーなどの無彩色で全体をクリーンにまとめると、都会的に着こなすことができます。

着こなし1センスの良さが光る巧みな柄合わせ

ゆったりとしたシルエットで今どきに仕上げているのもポイントですが、注目すべきは柄合わせのテクニック。コートやインナー、さらにはパンツまでトーンの近いチェック柄で揃えています。それでいてうるさくならないのは、ベースの色みをグレーやベージュといった無彩色で落とし込んでいるから。格子幅が狭いのも、柄が主張しすぎず好バランスに仕上がる要因です。

着こなし2濃淡を駆使したモノトーンコーデ

クラシカルな「ハリスツイード」製コートに、アウトドア色の強いフリースジャケットをレイヤード。相反するテイストながらも着こなしに溶け込んでいるのは、シャツやパンツまでもモノトーンで揃えているからです。ともするとのっぺりとしがちですが、そこは「ハリスツイード」とフリースの生地感がしっかりサポートしています。足元は軽快なホワイトで重くなりすぎないように。

おすすめアイテム1『ビームスライツ』

「ハリスツイード」ならではの肉厚な生地感が、オーソドックスなチェスターフィールドコートを立体的な表情に演出。細身のすっきりとしたシルエットで、全体のバランスが取りやすいというのもポイントです。オン・オフで活躍する優秀作。

おすすめアイテム2『タリアトーレ』

ガンクラブチェックのハリスツイードを採用したバルカラーコート。英国感の強いクラシカルなモデルですが、ラグランスリーブなので今どきなリラックスした雰囲気も醸し出せます。ベルトの結び方により、シルエットを変えて多彩な表情で着こなせるのも魅力。

▼「ハリスツイード」のベストはレイヤードスタイルのスパイスとして活用

「ハリスツイード」製ベストは見た目のウォーム感が高まるだけでなく、着こなしの洒落度アップにも効果的。独特な風合いによって存在感もあるので、レイヤード感をより強調できるのです。アウターから見える面積を調節すれば、シンプルコーデのアクセントにもうってつけです。

着こなし1ラフなスタイルをシックに格上げ

レザージャケット×フリースパンツの合わせに、「ハリスツイード」のベストをプラス。それによってウォーム感だけでなくツイード素材が生み出すシックさまでもアップさせています。白・黒・グレーのシンプルな色合わせにより、テイストをMIXさせつつもバランス良くまとめあげているのもお見事。

着こなし2ベストのチラ見せで巧みなスパイス使い

Gジャンのボタンを上2つだけ留め、「ハリスツイード」のベストを効果的に、かつバランス良くチラ見せした技アリなコーデ。Gジャンを挟むことで程良いカジュアルさを加えつつも、「ハリスツイード」のベストで全体的にクラシカルなテイストを損なわないよう調整しています。落ち着いたトーンに鮮やかなイエローソックスを挿したのも上級テク。

おすすめアイテム1『ビームスプラス』

60年代初頭のテーラリングベストのシルエットを再現した1着。着用時には身体に沿ったきれいなシルエットが楽しめます。フェザーウェイトと呼ばれる軽量ツイードを使用しており、軽快な着心地と着込むほどに増す風合いが魅力です。

おすすめアイテム2『ハリスツイード』

襟つきのデザインがカジュアルさを加速させる、記事と同じブランド名をかかげた1着。ボックスシルエットによりワークベストのような武骨な雰囲気をまといつつも、くるみボタンがノスタルジックな印象を醸します。今季トレンドのトラッドテイストにもハマることでしょう。

▼「ハリスツイード」のキャップで着こなしをおしゃれに格上げ

「ハリスツイード」を小物で手軽に取り入れるなら、帽子がおすすめ。定番型のベースボールキャップは、どんなコーディネートとも相性が良い万能選手です。キャンバス地のモノよりさらに男らしく、こなれた雰囲気を作り出してくれます。

着こなし1「ハリスツイード」のキャップでスポーツコーデを大人っぽく

モノトーンでまとめたモダンなスポーツスタイルに、「ハリスツイード」のキャップをコーディネート。さらにクラッチバッグも「ハリスツイード」をチョイスすることで、着こなしにより統一感をもたせています。足元はレザーシューズで大人な印象に。

着こなし2「ハリスツイード」ならキャップの後ろ被りもサマになる

やんちゃで子供っぽい雰囲気になりがちなキャップも、「ハリスツイード」ならどこか大人っぽく、かつ小洒落た印象を与えられます。オーバーサイズのコートにパーカを合わせた都会的なカジュアルスタイルとも好マッチ。

おすすめアイテム1『ニューエラ』

千鳥格子柄の「ハリスツイード」を採用したMLBニューヨークヤンキースモデル。スポーティなデザインとクラシカルな生地とのミスマッチさが目を引くキャップです。コーディネートのハズしとして取り入れるのもおすすめ。

おすすめアイテム2『ビームスライツ』

クラシックなヘリンボーン柄と表情豊かな風合いが引き立つキャップ。バックストラップに採用したレザーと「ハリスツイード」との素材のコントラストも目を引きます。シンプルなデザインなので、どんな着こなしにも取り入れやすいはず。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK