ナイキの人気スニーカー20選。最新作とおすすめのラインアップ

ナイキの人気スニーカー20選。最新作とおすすめのラインアップ

老若男女を問わず多くのファンを獲得している『ナイキ』のスニーカー。最新モデルから定番まで、いま入手できるモデルから選抜した20のおすすめを紹介します。

本間 新

2019.06.26

ナイキ(NIKE)
スニーカー

誰もが愛する『ナイキ』のスニーカー。2019年はこんなモデルがイチ推しです

『ナイキ』のスニーカーは、カジュアルからシックまで、豊富なデザインのラインアップが魅力。1980年代以降、多くの名作を次々と生み出してきた事実は誰もがご存じのはず。昨今では過去のアーカイブを現代へと蘇らせた復刻に加え、最新のテクノロジーをMIXさせたハイブリッドモデルも充実しています。そんな新旧が織り交ざった懐かしくも新しい注目モデルを軸に、まずは今押さえておくべき最新15モデルをピックアップしました。

アイテム1エア マックス 720

『ナイキ』が誇る鉄板シリーズ、エア マックスシリーズの最新モデルで、『ナイキ』史上最も厚みのある大型エアユニットを搭載しています。全方位に対して高いクッショニングを発揮してくれるので、かなりフカフカな履き心地に。とにかく疲れにくいスニーカーをお探しの方はこちらがおすすめです。

アイテム2エア マックス テイルウィンド 4

オリジナルモデルが誕生してから20周年を記念し、あの『シュプリーム』とのコラボアイテムが発売されて話題となった本作が、『ナイキ』からインラインモデルとして登場。初代モデル発売当時ならではのパンチの効いたデザインが印象的で、90年代スタイルの足元に好相性です。

全部知りたい、把握したい。名作ナイキエアマックスの魅力

全部知りたい、把握したい。名作ナイキエアマックスの魅力

常にファッション好きの心をくすぐり続ける『ナイキ』エアマックス。歴史をひも解きながら、今の着こなしにフィットするおすすめモデルを紹介します。

橋本 裕一

アイテム3ダンク HIGH プロ

『ナイキ』が誇るバッシュの代表的モデル「ダンク」をベースに、ソールにズーム エアユニットを、シュータンにはパッドを内蔵させ、スケートボードに適した機能性が加えられています。2020年東京オリンピックでの正式採用が決まって盛り上がりを見せるスケートボードゆえに、各シューズブランドがスケートシューズへと注力している今日この頃。ブレイク必至といわれているので、トレンド重視のスタイリングにうってつけです。

過去と現在の融合。ナイキの名作、ダンクがアップデート

過去と現在の融合。ナイキの名作、ダンクがアップデート

『ナイキ』のダンクといえば、同ブランドの人気作。そのシンプルなルックスとクッション性にファンの絶えない1足が、より“今らしく”アップデート! その詳細に迫ります。

編集フカザワ

アイテム4エア ハラチ ラン EXT

定番の「ハラチ」をベースにしつつ、通気性の高いメッシュと伸縮性の高いネオプレンのコンビアッパーでアレンジ。さらにシューレースを省いたファスナー式で、どことなく近未来的なデザインに仕上がっています。いつものスポーツMIXにハイテク感でエッジを効かせてみては?

一度履いたらクセになる。エアハラチ徹底解説

一度履いたらクセになる。エアハラチ徹底解説

抜群のフィット感と立体的なデザインが特徴で90年代のハイテクスニーカーブームをけん引したエアハラチ。名作シューズとして今尚高い人気を誇るエアハラチの魅力をご紹介。

大中 志摩

アイテム5リアクト エレメント 55

80年代に誕生したランニングシューズの名作「インターナショナリスト」のデザイン&フォルムを感じさせる表情。そんな中、通気性の高いテキスタイルアッパーと、弾力のあるラバー製の突起をアウトソール前部&ヒールに配置した最新のリアクトソールを搭載してアップデートされています。アッパーに散りばめられたリフレクターにより夜間でも高い視認性を確保。街向けはもちろん、ナイトランニングにも重宝します。

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

Freeamericanidol編集部

アイテム6M2K テクノ

昨年からますますヒートアップするダッドシューズの中で、ひと際熱い視線を浴びているのが同モデル。表革やヌバック、ファブリックといった複数素材のコンビネーションによって、ダッドならではボリューミーなフォルムを形成しています。

アイテム7エア ヴェイパーマックス 2019

従来のエア マックスシリーズの集大成として、2017年に発表された「エア ヴェイパーマックス」。2019年モデルとなる本作では、アッパーを伸縮性に優れたウーブン素材でアレンジすることにより、足を包み込むような高いフィッティングへとアップデート。シャープなシルエットに仕上げられているので、足元をスマートに見せられます。

アイテム8エア マックス 270 SE

真横や真後ろはもちろん真上からもエアのビジブル化を実現した、超特大なマックス エアユニットを搭載。高反発のクッショニングを発揮してくれます。アッパーはまるでソックスのようにフィットするブーティー構造となっているので、足とシューズの一体感を求めている方におすすめです。

アイテム9エア フォームポジット 1

ハイテクスニーカーブームが席巻する1997年に、高反発のクッショニングを発揮するズームエアテクノロジーを搭載してデビューした「フォームポジット 1」の復刻モデル。昆虫を連想させるようなシームレスなアッパー、とても20年以上も前のモデルとは思えないほどのエッジィなデザインで、カジュアルはもちろんきれいめやモード系の着こなしにも意外なほどにすんなりとハマります。

アイテム10エア マックス 720 サターン

ナイキ エア マックスシリーズの最新モデルとしてデビューした「エア マックス 720」をベースに、『ナイキ』の伝統的バッシュをオマージュして制作された派生モデル。ダッドなフォルムとファスナーを用いたモダンなディテールワークが魅力です。これまでのダッドシューズのような復刻モデルではなく完全な新作なので、他のダッドシューズと差をつけたいならコレ!

アイテム11エア マックス 270 ボウフィン

先述の特大マックス エアユニットを搭載した「エア マックス 270」をベースに、凹凸が深いトラッドパターンのラグソールと、肉厚なテキスタイル&合成皮革のコンビネーションアッパーを搭載して、より一層タフな仕様にアレンジ。トレイルシューズとしても使えるので、フェスやキャンプといったアウトドアのアクティビティでも活躍してくれます!

アイテム12エア ヴェイパー マックス プラス

90年代のハイテクスニーカーブームが成熟した1998年に、アメリカの大手スニーカーショップ『フットロッカー』での販路限定で発売された「エア マックス プラス」。“マップラ”の愛称で多くのファンを獲得する名品です。そんなマップラのアッパーに、「エア ヴェイパー マックス」のソールをドッキングさせたハイブリッドモデル。90年代のハイテク感は、スポーツMIXコーデのアクセントに最適です。

アイテム13リアクトプレスト

“Tシャツのように履くスニーカー”というキャッチコピーで2000年に登場した、『ナイキ』を代表するモデルの1つである「エア プレスト」。そんなプレストをオマージュし、同ブランドが誇る最新の高反発クッショニングソールであるリアクトを搭載し、現代版として生まれ変わりました。モダンな中にどこか懐かしさもある、そんな絶妙なバランス感に惹かれます。

アイテム14エア マックス 2 ライト

デザイン性の高さから、1994年の発売当時に爆発的人気を誇った名モデルの25周年を記念した復刻モデル。本作はオリジナルのデザインはそのままに、メッシュ素材と合成皮革のオーバーレイを配して、より一層快適でタフな作りにアップデートされています。クラシックモデル好きにはもちろん、エア マックスシリーズの中ではかなりマニアックな存在なので、他人との被りを避けたい方は要チェックです。

アイテム15ハラチ E.D.G.E. TXT

抜群の軽量性と高いフィッティングが魅力のハラチをベースに、通気性と伸縮性に優れたメッシュアッパーでより快適にアレンジした進化形モデルです。ミッドソールのサイドに配されたラバーポッドがシューズの形状をキープしてくれるので、長い距離のウォーキングなどでも足元の安定感を高めてくれます。

最新作だけじゃない。『ナイキ』のスニーカーは往年のド定番モデルも見逃し厳禁

革新的なスニーカーを次々と生み出してきた『ナイキ』ですが、今なお色褪せない多くの名作も引き続きリリースしています。ここでは、昔から愛されていて、今でも購入できる往年のド定番モデルを厳選して紹介します。

アイテム1エア フォース 1 '07

1982年にバスケットボールシューズでは初めてのナイキ エア搭載モデルとして登場し、コートに革命をもたらした伝説的名品です。NBAでモーゼス・マローン氏らが愛用したことで一気に人気に火が付き、ヒップホップカルチャーの中心的存在にもなりました。そのデザインの完成度は極めて高く、発売当時とほとんど変わらないスタイルで現在でも毎シーズン展開されています。

ナイキラバーの大定番。エアフォースワン最新事情

ナイキラバーの大定番。エアフォースワン最新事情

『ナイキ』を代表するエアフォースワンの“今”を総特集。エアフォースワンの最新情報や、最旬のメンズの着こなし方やコーディネートのサンプルまで一挙にお届けします。

平 格彦

アイテム2クラシック コルテッツ

コルテッツは、『ナイキ』の生みの親、ビル・バウワーマン氏が手がけた最初の傑作シューズ。当時、他のどのシューズにも負けない軽量性を追求してデザインされ、世界最速ランナーの足元を飾ったのをきっかけに、瞬く間に全米で最も人気の高いトレーニングシューズとなりました。一目でそれとわかるこのアイコニックなシューズは、1972年の誕生以来、ランニングシューズのスタンダードとして揺るぎない存在となっています。

レトロな雰囲気がドンズバ。ナイキのコルテッツが今の気分にハマる!

レトロな雰囲気がドンズバ。ナイキのコルテッツが今の気分にハマる!

『ナイキ』のコルテッツが、最近また注目の的に。その理由をひも解きながら、おすすめモデルからコーデまでコルテッツの良さを深掘りします。

近間 恭子

アイテム3エア マックス 95 ND

スニーカー史で欠かせない1足といえば「エア マックス 95」。通称“イエローグラデ”こそ、90年代を席巻したスニーカーブームの火付け役といえます。同モデル以降も96、97、98と次々と後継モデルがリリースされましたが、ブーム以降もスニーカーヘッズたちから熱い支持を獲得。マイナーチェンジを繰り返して今でもリリースされ続けています。

アイテム4エア プレスト エッセンシャル

2000年の発売当時には非常に軽快な履き心地から“足のためのTシャツ”と呼ばれた「ナイキ エア プレスト」。時代を先駆けるデザインのランニングシューズとして注目の的になりました。もちろん今でもその存在感と人気は色褪せず、ここ最近だとカリスマ的な人気ブランド『オフホワイト』や『アクロニウム』とのコラボレーションを実現。熱い注目を浴び続けているスニーカーの1つです。

アイテム5エア ジョーダン 4 レトロ

“バスケットボール界の神”ことマイケル・ジョーダン氏のシグネチャーモデル「エア ジョーダン」シリーズの4作目として、1989年に登場した名作中の名作「ナイキ エア ジョーダン 4」の復刻版。本作は多くのジョーダンファンが待ちに待ったオリジナルカラーと、当時のディテールを忠実に再現した超スペシャル仕様。発売されたら即完売の希少モデルゆえに若干のプレ値も付きますが、気になる方はチェックしてみてください!

人気継続。エアジョーダンの代表モデルと着こなし

人気継続。エアジョーダンの代表モデルと着こなし

『ナイキ』のエアジョーダンは、数多くの名作モデルを輩出し続けてきた歴史あるシューズです。なかでも人気のモデルとその着こなしをチェック。復刻モデルも必見です。

高嶋 一行

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    何が違う? コンバース オールスターのMADE IN JAPANに熱視線

    時代を超越して愛される『コンバース』のオールスターに仲間入りしたMADE IN JAPANモデル。発売以来支持される、同モデルの魅力をリサーチしました。

    Freeamericanidol編集部

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    温故知新の1足。ナイキのインターナショナリストとは?

    1980年代に誕生した『ナイキ』のインターナショナリスト。その人気ぶりと背景にある魅力を中心に、同モデルについて掘り下げて紹介します。

    Freeamericanidol編集部

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    ニューバランス574てどんな靴? ブランド入門モデルが持つスペック

    『ニューバランス』にはいくつもの人気なモデルがありますが、本記事では574に注目。どこが魅力なのか、その特徴と多角的にチェックします。

    Freeamericanidol編集部

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    黒キャップは大人コーデと好相性。何を、どう被るのがおしゃれ?

    キャップは春夏の定番小物。特に、大人コーデと好相性のいいブラックのキャップは重宝します。コーデ実例やおすすめ品を参考に、黒キャップをおしゃれに取り入れましょう。

    ai sato

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    安さと機能を両取り!ワークマンで賢くおしゃれになるならこの10点

    職人の作業着を扱う「ワークマン」ですが、その勢いはカジュアルシーンにも拡大。圧倒的な安さに加え、今っぽいデザインと機能性を兼備した逸品は大人の日常にもマッチ!

    山崎 サトシ

    BACK