はじめてのフレグランスは、世界のロングセラーから!

はじめてのフレグランスは、世界のロングセラーから!

デイリーに香水を取り入れてみたいけど、何を選んでいいかまったくわからない。失敗すると痛いことになりそうだし…。だったらまずは世界のロングセラーから始めよう!

村上 朋子

2015.05.28

香水・フレグランス

香水を選ぶ前に知っておきたい知っておきたい! 香水基本のき

世界のロングセラーと言われるフレグランスを紹介する前に、知っているようで知られていない、香水の基本を紹介。正しい使い方をマスターして、香らせ上手を目指そう。

香水を選ぶ前に知っておきたい豆知識1:香水はどこにどの程度つけるのがいい?

TPOに合わせて場所を変えよう

TPOに合わせて場所を変えよう

ほのかに香らせる時は、ウエストやももの内側、足首が◎。香りを印象づける時はうなじや肩につけて。2〜3か所にワンプッシュずつが適量。ほか、耳のうしろや手首など、体温が高いところにつけても効果的。

香水を選ぶ前に知っておきたい豆知識2:香水をつけないほうがいいシーンって?

香水を選ぶ前に知っておきたい豆知識2:香水をつけないほうがいいシーンって?

生ものの食材を扱う料理屋や、繊細な味を楽しむ和食屋では避けたほうがベター。また病院といった香りによって気分が悪くなる恐れがある場所も控えて。

香水を選ぶ前に知っておきたい豆知識3:香水をつけ過ぎた場合はどうしたらいい?

水でささっと洗い流して

水でささっと洗い流して

香水をつけ過ぎてしまった箇所を水で洗い流せば問題なし。洋服につけるとスグに落とすことは困難なので、香水をつける時は洋服を着る前にしたほうがベター。

基本を押さえたら香水選び! やっぱり使える超定番フレグランスをお届け

フレグランス慣れしていない日本人にもなじみやすく、さらにオフィスでもプライベートでも、幅広く使えるものをセレクト。どれもブランドを代表するド定番のフレグランスだけあり、多くの人に愛される香りだ。

Item1ビギナーは、まずここから。『ブルガリ』 プール オムのハズさなさ!

ロングセラーのフレグランスのなかでも、初心者にやさしい定番品。女性の愛用者も多い。ウッディフローラルムスクの香りはオリエンタルな雰囲気でセクシーながら品がよく、幅広いシチュエーションで受け入れられる。

Item2定番の香り『アランドロン』 サムライ が日本人に合わないわけがない!

伝説の美男俳優アラン・ドロンが、日本にインスピレーションを得てプロデュース。甘さも漂いながら、柑橘系が際立つさわやかな香りで、年齢、性別問わず幅広い層にウケがよい。ボトルは侍の袴をイメージしている。

Item3好感度高ッ!『カルバンクライン』 エタニティはオフィス使いもOK

クールな印象のトップノートから、温かみを感じるラストノートまで、多彩な表情を見せるため飽きずに使える。世界中でロングセラーとなっているのも納得だ。オフィスでも悪目立ちしないオールマイティさも大きな魅力。

Item4お茶の香り『エリザベスアーデン』 グリーンティー の癒し効果は絶大

フレッシュレモン、オレンジ、ベルガモットなどが配合され、品よくさわやかでありながら、日本人になじみ深いグリーンティーをベースとしているため心が落ち着く。ユニセックスな香りで、カップルで一緒につけられる。

Item5個性的でありながら難しくない『シャネル』 エゴイスト プラチナム

『シャネル』が誇る天才調香師の作品だけあって、スパイシーで個性的な強い香料が多く使われていながら、さわやかさも感じさせるバランスのいい香り。香りが長時間持続するのもうれしい。セクシーさを演出するのに最適!

    KEYWORD関連キーワード

    BACK