本格派のあなたに。おしゃれだけど機能で選んだアウトドアリュック

本格派のあなたに。おしゃれだけど機能で選んだアウトドアリュック

バッグを選ぶうえでデザイン性は気にすべき要素。それでもなお、利便性に重きを置いた本格派志向の大人は多いはず。手にするなら、やはりアウトドア出自の逸品が重宝する。

菊地 亮

2019.03.22

バッグ
バックパック・リュック
アウトドアファッション

ガチなアウトドアリュックを選ぶなら、重視すべきは機能性

バッグは普段からよく身につける“ファッション小物”だけに、デザイン性は重視したい。いつもなら二の足を踏みそうなカラーや柄も、バッグならば思い切ってアプローチできるため、コーディネートのさりげないスパイスになる。

見た目は重視したいが、やはり根本は“道具”。便利で機能的なアイテムがいい! なんて人も当然いるはず。そんな人には、アウトドアブランドのアイテムはちょうどいい。特に活発に動けるリュックがおすすめだ。ならではの優れた利便性が日常を快適にしてくれる。

では、どんな機能に注力したらいいのだろうか? 素朴ながら重要視したい機能を絞って解説する。

機能1あらゆる状況にも物怖じしない頼りがいのあるボディ

アウトドア系バッグの歴史は耐久性への挑戦の歴史といっても過言ではない。街で使う分には、山のようなシリアスなシーンに遭遇することは少ないかもしれない。が、地面に置くこともあれば、荷物の総重量による負荷に苛まれることだってある。経年劣化も気になるところだ。そんな不安を一掃するアイテムが必要だろう。

機能2水に強いおかげで天候の変化にもビビらない

移り気の激しい山の天候とまではいかないが、ゲリラ豪雨や雪など、都市生活のなかでも天候の変化によって被害を受けることは往々にしてある。そんなとき、水が染み込んでしまってはそれがストレスの種に。パソコンなどが入っていては気が気ではないだろう。そんなとき、水への耐性があるバッグであれば安心だ。

機能3大きさ、数、配置…。気が利いたポケットで生活も快適

アウトドアリュックは、ポケットの大きさや位置、数などが実に考えられている。それは、日常で使用するうえで快適さをもたらしてくれる重要なディテール。パソコン用のスリーブやガジェットを収納するオーガナイザーポケットなどはいい例。収納物の探しやすさ、出し入れのしやすさを、アウトドアリュックに実感するはず。

本格派におすすめはこれ。ガチなアウトドアリュック

数多くある優れた機能のなかでどれを重視すべきか。そぎ落としていけば、上記の要素に集約される。それらを踏まえ、普段の生活にもすんなり馴染むアウトドアリュックを厳選。天候にも日常のトラブルにも動じない、安心をもたらすアイテムを手に入れたい。

ブランド1『アークテリクス』

極限の世界へ果敢に立ち向かうアルピニストたちからも信頼の厚いカナダ発の『アークテリクス』。ファッションシーンでもすでにお馴染みで、なかでもこの「アロー22」は知る人も多いだろう。印象的かつデザイン性をも発揮するセンタージップが収納物のクイックな取り出しを実現。止水ジップが高い防水性能を発揮し、斜めにカットされたボトムが背負ったときのフィット感を高めるなど、こだわり抜いた機能の数々が光る。

■DATA
W34×H51×D15p
収納容量22L

アークテリクスのリュックは、都会に映える最先端技術の結晶だ

アークテリクスのリュックは、都会に映える最先端技術の結晶だ

アウトドアMIXスタイルがすっかり浸透した今、火付け役ともいえる『アークテリクス』は気になる存在。今回は特に人気の高い、リュックにフォーカスしてご紹介しましょう。

MASAFUMI YASUOKA

ブランド2『デサント オルテライン』

日本を代表するスポーツブランドのハイスペックライン。登場以降、長きにわたり発表しているのがバッグ専業ブランド、ポーターとのコラボシリーズである。メインコンパートメントは拡張が可能なエクスパンダブル機能を搭載し、着脱が可能なラップトップPCケースも装備するなど、機能も充実。

■DATA
W39×H49.5×D9cm

ブランド3『ザ・ノース・フェイス』

言わずと知れたアウトドアの雄からは契約スノーボードプロライダーとの共同開発により誕生したテクニカルリュックを。トップと背面からメインコンパートメントにアクセス可能で、2気室に分けて使用できる活用の振り幅も心強い。また、バッグの開閉はグローブ着用時も想定して作られているため扱いやすいのだ。

■DATA
W32×H64×D16p
収納容量45L

目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック20選

目的別に紹介。ザ・ノース・フェイスの人気リュック20選

本格派のアウトドアから街使いまで、種類豊富な『ザ・ノース・フェイス』のリュック。3つの需要別に、適切なシーンにハマる一品をレコメンドします。

Freeamericanidol編集部

ブランド4『アンドワンダー』

2011年春夏からスタートした東京発の気鋭ブランド。デザイナーのふたりは、過去にコレクションブランドのデザインチームの一員として活躍していた異色の経歴。デザインチーム時代にアウトドアの魅力に引き込まれ『アンドワンダー』を設立するに至る。その代表的アイテムがバックパック。こちらはインビスタ社のコーデュラナイロンオックス生地を使用し、軽量なうえ劣化にも強い。

■DATA
W39×H51.5×D13p
収納容量30L

見た目も機能も両立。アンドワンダーのバッグの魅力を語り尽くす

見た目も機能も両立。アンドワンダーのバッグの魅力を語り尽くす

アウトドアの環境で求められる機能や耐久性、そして都会的なルックスをも兼ねる『アンドワンダー』のバッグ。リュックやサコッシュなどの人気作と、その魅力を解説する。

大中 志摩

ブランド5『グレゴリー』

アウトドアシーンのみならず、ストリートシーンでも絶大な支持を獲得している『グレゴリー』。なかでもデイパックは名作中の名作。往年のアイテムではあるが、ディテールはアップデートされているため使い勝手は向上している。

■DATA
W39×H45×D19p
収納容量約26L

グレゴリーのリュックが大人に刺さる。定番品からニューフェイスまで

グレゴリーのリュックが大人に刺さる。定番品からニューフェイスまで

2017年に創業40周年を迎えたバックパックの老舗。創業からロングセラーとなっている名品から、現代的な逸品まで、おすすめのモデルを幅広くピックアップしてみました。

MASAFUMI YASUOKA

ブランド6『マムート』

150年以上の歴史を誇るスイスが生んだアルパイン・クライミング用品ブランド。こちらは定番のスキースノーボード、さらにはワンデイトリップにも最適な高性能バックパック。もちろん普段の生活でも、パッドイリゴーグルポーチは小物入れに使えるなど大いに役立つはずだ。

■DATA
W29×H54×D11p
収納容量25L

マムートのリュックは都会的な見た目と使いやすさが魅力!

マムートのリュックは都会的な見た目と使いやすさが魅力!

世界40の国と地域で展開され、多くの本格アルピニストたちにも愛用されている『マムート』のリュック。使いやすく、シンプルなデザインだから街でも活用できます。

八木 悠太

ブランド7『カリマー』

多くの登山家や冒険家からのフィードバックをベースに革新的なアイテムを提案し続けている英国のバックパックブランド。こちらはそのミリタリーラインに位置づけられるカリマースペシャルフォースで、サイドのメッシュポケットや厚みを調整できるストラップなど気の利いた機能が満載。

■DATA
W30.5×H49×D19p
収納容量25L

街でも山でも機能美が映える。カリマーのリュックがいい

街でも山でも機能美が映える。カリマーのリュックがいい

アルピニズム発祥の国、イギリスのアウトドアブランド『カリマー』。ブランド名の由来“Carry more”のとおり、タフで機能的なリュックをご紹介します。

八木 悠太

ブランド8『ホグロフス』

サイドパネル開閉により、出し入れしやすく、中身も一目瞭然。加えてスマートなボックス型のデザインで人気の「コーカー」。アウトドアはもちろんタウンユースにも馴染む洗練されたルックスのため、日常の即戦力として重宝する。

■DATA
W26.5×H48.5×D16p
収納容量約20L

ブランド9『パタゴニア』

フリースに代表されるようにアウトドアとファッションのリンクマンとして確固たる実績を備えている『パタゴニア』。この“アトムパック”からもそんな背景が透けて見える。スリムなボディーは持ち運びしやすく多彩なスタイルにマッチ。クッション性に優れた背面ポケットは13インチのPCも安心して持ち歩ける。

■DATA
W24×H43×D14p
収納容量18L

容量ガイド付き。パタゴニアのおすすめリュック10選

容量ガイド付き。パタゴニアのおすすめリュック10選

優れたデザイン性と豊富なラインアップが魅力の、アメリカを代表するアウトドアブランド『パタゴニア』。今回は同ブランドが手がけるリュックを厳選し、紹介する。

大中 志摩

ブランド10『スノーピーク』

街を意識したファッショナブルなコレクションを展開する『スノーピーク』だけに、バッグもすんなり街へ馴染む。たとえばこちらの4WAYウォータープルーフドライバッグ。TPI加工を施しているため、ゴムのようにしなやかで柔軟かつ強じん。容量に合わせてロールで調節できるのも、ギア好きにはたまらないはず。

■DATA
W32×H57×D20p
収納容量37L

ブランド11『バートン』

1977年に設立されたスノーボードのリーディングカンパニー。ボードやブーツはよく知られるところだが、バッグの性能やビジュアルも実に優秀だ。たとえば“キロパック”は日常使いにも最適。大容量のメインコンパートメントに加え、大小のポケットが内外に。外側のウェビングベルトにはスケボーやシェルジャケットも留められる。

■DATA
W30×H44.5×D15p
収納容量27L

スノーボードウェアだけにあらず。街で着るバートン

スノーボードウェアだけにあらず。街で着るバートン

スノーボード業界で人気を誇る『バートン』。ギアからアパレルまで展開する同ブランドですが、今アウターやリュックなどタウン使いできるアイテムも注目されています。

近間 恭子

ブランド12『クレッタルムーセン』

1984年、スウェーデンで創業された『クレッタルムーセン』は、斜めに走るフロントジップのジャケットや個性的なバックパックで有名。こちらの“アルスビン”を見ればそれも納得だろう。作りはシンプルな1気質だが大柄なフラップがなんとも特徴的。しかも素材には漁業網やカーペットを原料とするリサイクルナイロンを使用しているため、軽くても丈夫。

■DATA
W27×H54×D21p

ブランド13『マウンテンハードウェア』

ウインドストッパーフリースやエクスペディションテント用のテンションシェルフなど、新たな挑戦を続け業界内に新風を吹き込んでいる実力派。こちらは、トレイルランニング用のバックパックだが、カジュアルなデザインは普段の生活にもしっかりフィットする。ボトルなどを収納できるショルダーハーネスや、持ち運びに苦慮しないコンパクトサイズが便利。

ブランド14『ポーラー』

山、サーフ、スケートのライフスタイルをMIXした新感覚アウトドアブランドとしてポートランドに誕生した『ポーラー』。遊びと自由が感じられるビジュアルに、便利な機能を搭載したコレクションが業界内でも評判だ。こちらも同様で、留め具をサイドに配し見た目をすっきりさせて広めに作ったアウトポケットや小物をかけるのに便利なループもいい。

■DATA
W29×H48×D15cm
収納容量 21L

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    テイスト別に紹介。トートバッグのおすすめブランド30選

    テイスト別に紹介。トートバッグのおすすめブランド30選

    タフさと大容量が嬉しいトートバッグ。新たに買い足すならどこを見て選ぶべきかを解説しつつ、カジュアルときれいめの着こなし別におすすめをお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    トレンドのサコッシュ。人気18ブランドをレコメンド!

    一過性のものではないサコッシュ人気。どんな風に使用すればいいのかも合わせて、好みのテイスト毎におすすめブランドをレコメンドしていきます。

    編集ナス

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツ完全ガイド。人気23ブランドから選ぶおすすめの1枚

    Tシャツは2019年の春夏も必需品。23の人気ブランドと、各ブランドのラインアップから厳選した1枚を一挙に紹介します。Tシャツ選びの参考に、ぜひチェックしてください。

    平 格彦

    人気に納得。エアーのバッグは見た目も機能も大人向け

    人気に納得。エアーのバッグは見た目も機能も大人向け

    モダンなデザインに高機能が備わった『エアー』のバッグ。「今の時代にフィットする」と感度の高い大人から支持される、その理由とは。同ブランドの魅力に迫ります。

    近間 恭子

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地だからこそこだわる。ユナイテッドアスレのTシャツ&スウェット

    無地のTシャツをメインに展開する国内ブランド、『ユナイテッドアスレ』。長い歴史に裏打ちされた品質とバリューな価格が両立されたアイテムを紹介していきます。

    平 格彦

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    もはや当たり前。大人に似合う通勤リュック25

    ビジネスマンにとって通勤時のリュックはもはや当たり前。市民権を得たものの、カジュアルやアウトドアで使用するモノとは一線を画す、“通勤仕様”のモノを選びましょう。

    近間 恭子

    BACK