引き続き両手フリー生活。冬のサコッシュは季節感を意識

引き続き両手フリー生活。冬のサコッシュは季節感を意識

季節が変わっても継続的な人気を誇るサコッシュ。春夏に支持されていたナイロンタイプも魅力的ですが、いまゲットするならば、より“冬顔”のデザインがおすすめです。

伊藤 千尋

2017.11.23

バッグ
ショルダーバッグ
サコッシュ

小物の素材感で冬らしさを演出しよう

小物の素材感で冬らしさを演出しよう

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

春夏に引き続き、今季も大注目を予感させるこちらのサコッシュ。軽くて邪魔にならないコンパクトさから、近年まれに見る大ヒットを記録しています。

■参考: サコッシュって何?選び方とおすすめブランドを徹底レクチャー

コンパクトながらコーデのアクセントにも最適というサコッシュは、まさに一石二鳥のアイテムともいえるでしょう。

小物の素材感で冬らしさを演出しよう 2枚目の画像

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

春夏は、スポーティなナイロン素材が人気でしたが、今季ゲットするならレザーやスエード、ツイード素材などがおすすめ。使用される素材さえ意識すれば簡単に季節感を打ち出せます。いわゆる“冬顔”のサコッシュを探してみましょう!

“冬顔”をセレクト。ライターも欲しい15選はコレだ

あらゆるブランドからリリースラッシュが続くサコッシュ。なかでも私的に気になる15点をピックアップしてみました。

アイテム1『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

『ビューティー&ユース ユナイテッドアローズ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

マットな光沢感が魅力のこちら。素材にレザーを使用することで、スポーツ気質なアイテムでありながらも上品な見た目に仕上げています。ストラップを外すことで2WAYでポーチとしても使用可能。

アイテム2『ザ ショップ ティーケー』×『ハリスツイード』

『ザ ショップ ティーケー』×『ハリスツイード』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

冬の代表的な素材『ハリスツイード』を使用したこちらは、パッチワーク風の切り替えデザインがポイント。一見、フラップタイプのクラッチバッグに見えますが、付属のショルダーテープを使用すればサコッシュとしても使える2WAY仕様。ちなみに、上部にファスナーを採用しているため、荷物がこぼれる心配もありません。

合わせて読みたい:
バッグも手袋も。ハリスツイードの小物で季節感を取り入れる

アイテム3『パロットキャンバス』

『パロットキャンバス』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

2つのファスナーポケットをレイアウトし、整理しやすいよう設計したこちらのサコッシュ。素材にはしっとりとしたコーデュロイを使用しているため、触り心地、季節感ともにGOOD。普段のスタイルにプラスするだけで簡単にトレンドスタイルが可能になります。

アイテム4『イッカ』

『イッカ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

昨シーズン大好評だった『イッカ』のサコッシュですが、今季は全面にボア素材をあしらってバージョンアップ。存在感のあるカラフルなルックスですので、コーデの主役にもなってくれます。ガイロープのアウトドアな雰囲気も魅力的です。

アイテム5『アルファ インダストリーズ』

『アルファ インダストリーズ』

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

同ブランドといえば、MA-1などのフライトジャケットで有名ですが、こちらのような小物シリーズも人気のひとつ。ジャケット同様、ナイロン素材をあしらったサコッシュは非常に男らしく、さらに程良い光沢感も特徴ですので品のある見た目も演出してくれます。まさに、大人のためのサコッシュです。

アイテム6『コンバース トウキョウ』

『コンバース トウキョウ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

『コンバース』のアパレルラインとして、2015年に登場した『コンバース トウキョウ』。ブランドを象徴する昔ながらの“スターロゴ”をフロントに、今季大注目のボアをまとわせることで、歴史性と時代性を同時に感じさせてくれます。非常にキャッチーなデザインですので、シンプルコーデに合わせたいですね。

アイテム7『レボ』

『レボ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらの柔らかな起毛感は、アクリルニット素材によるもの。ロールトップを採用した斬新なデザインが印象的で、ストラップを外せばクラッチバッグとしても使える優れものです。

アイテム8『アッソブ』

『アッソブ』

Amazon.co.jpAmazon.co.jp

お気に入り追加

希少な防水スエード(牛革)を使用した『アッソブ』のサコッシュ。止水ファスナーを採用し、内装も防水性&強度に優れていますので悪天候でも問題なく活用できます。ちなみに、こちらのようなレッドは今季のトレンドカラーです。

アイテム9『フリークスストア』

『フリークスストア』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

シボ感のあるピッグレザー(豚革)を使用したこちらのサコッシュ。オイルワックス仕上げですので、肌触りが非常にしっとりとしており、見た目も上品な仕上がりに。シンプルで使いやすいデザインですので、幅広く活躍してくれます!

アイテム10『ディケイド』

『ディケイド』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

まるでヴィンテージを思わせる『ディケイド』のサコッシュ。これは、ブランド独自のアンティーク加工(高圧熱プレス)によるもので、光沢感にあえてムラ感表現しています。ショルダーベルトを外してクラッチバッグとして使うのもおすすめです。

アイテム11『タケオキクチ』×『タスティング』

『タケオキクチ』×『タスティング』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

カモ柄が目を引くこちらのサコッシュ。グレインレザーというシボ感のあるレザーを採用することで、カモ柄のカジュアル要素に上品な雰囲気がプラスされています。ちなみに、『タスティング』とは英国の高級靴ブランドにレザーを供給する歴史の長いタンナーのひとつです。

アイテム12『コーエン』×『グラミチ』

『コーエン』×『グラミチ』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらは、『コーエン』からリリースされる『グラミチ』別注アイテム。全面にボアをあしらった冬仕様のルックスは、カジュアルなスタイルにもスポーティなスタイルにも幅広くマッチしてくれます。マチなしのシンプルな形状ですが、外側にポケットを付けることでしっかりとした収納力を確保しています。

アイテム13『コーエン』×『ペンドルトン』

『コーエン』×『ペンドルトン』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらも『コーエン』の別注シリーズ。『ペンドルトン』を象徴するネイティブ柄をアクセントに、温かみを感じさせる起毛感がポイントです。これからのシーズンに最適なサコッシュです!

アイテム14『ポーター』×『グッドオル』

『ポーター』×『グッドオル』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

中綿が入っているため、スマホなどのデバイスを入れても安心して使えるこちらのサコッシュ。キルティングによるミリタリーなルックスが印象的ですが、実はリバーシブル仕様になっており、裏面は『イケア』のショッピングバッグを思わせるポリプロピレン素材。スポーツテイストをお好みの方、また急な雨への対応には、耐水性も兼ね備えた裏面がおすすめです。

アイテム15『マスターピース』

『マスターピース』

ZOZOTOWNZOZOTOWN

お気に入り追加

こちらは、『マスターピース』のサコッシュ。水はじきが良く、浸透しにくい防水スエードを使用しているため、急な悪天候にも対応してくれます。また、バイカラーに仕上げたのもポイントで、上品なスエードアイテムにカジュアルなルックスをプラス。メイド・イン・ジャパンのバッグブランドだけあって、やはりここは外せません!

    KEYWORD関連キーワード
    RECOMMENDEDあなたにおすすめの記事
    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    傑作ビジネスバッグ20選。大人顔の人気ブランドをセレクト

    ビジネスマンの相棒であるビジネスバッグは、毎日使うからこそデザインや収納力、ブランドなど細かい点までこだわりたいもの。選ぶ際の基本や人気の逸品をお届けします。

    Freeamericanidol編集部

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアブランドのパンツを街ではく3つのポイント

    アウトドアのボトムスはアクティブ性能が信条だ。しかし、街ではくとなればちょっとした場違い感が出かねない。そんな懸念点をクリアしたアイテムと着こなしを紹介しよう。

    菊地 亮

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    マウンテンパーカー傑作選。ファッションライターが推す25ブランド

    アウトドアアイテムの人気は衰え知らず。とくに街から外遊びまで自在に着回せるマウンテンパーカーは、1着押さえておくべき筆頭です。おすすめブランドを厳選しました。

    山崎 サトシ

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    使い勝手抜群。カーディガンをおすすめしたい10のブランド

    Tシャツ1枚は少し早いけど、上着を着るほど寒くもない……。気温が曖昧な時期にさらりと羽織れるカーディガンは必携です。人気ブランドを、しっかり把握しておきましょう。

    山崎 サトシ

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に活躍する6つのライトアウターとその着こなし方

    季節の変わり目に気をつけたいのが寒暖の差。そこで、サラッと羽織れて荷物にもなりにくいライトアウターこそ渡りに船。さらに旬もアピールできたら大いに助かるはず。

    菊地 亮

    BACK