2017年秋冬のトレンドカラー。レッド、オレンジ、アビスブルーの攻略術

2017年秋冬のトレンドカラー。レッド、オレンジ、アビスブルーの攻略術

2017年秋冬のトレンドカラーは、レッド、オレンジ、アビスブルーの3色。寒さが増す時期は落ち着いた色でまとめがちですが、周りと差をつけるならカラーコーデが得策です!

伊藤 千尋

2017.10.22

冬の着こなし・コーデ

2017年秋冬のトレンドカラーに挑戦してみない?

秋冬はブラウンやブラック、ベージュなど、落ち着いたカラーアイテムが活躍し始めます。2017年はトラッドスタイルが注目されていることもあり、例年以上にシックな色みのアイテムが増えるでしょう。しかし、“定番で取り入れやすい”ということは、逆を言うと誰もがすること、つまり“他人とかぶりやすい”ということでもあります。

他人とかぶらないために、また普段のコーデと違う雰囲気を打ち出すために、本記事ではカラーアイテムの採用を提案。今季は、レッドやオレンジなどのパキッとした色が注目されています。1点取り入れるだけで他人とかぶらないコーデが可能になるほか、トレンド感もアップ。これは挑戦しないわけにはいきません!

トレンドカラーはこの3色。取り入れるポイントとは?

トレンドカラーと言っても、毎シーズン数多くの色が発表されます。なかには「この色は使いにくそう」というのもあったりもしますが、今回紹介するのは本当に使えて、なおかつ大人も挑戦しやすい3色。実際にトレンドカラーを取り入れた着こなしサンプルとともに、取り入れる際のポイントをご紹介します。

トレンドカラー1レッドを使ったカラーコーデ

春夏から徐々に人気を獲得していたレッドは、秋冬でさらに注目度が増しています。毎年この季節になるとレッドに近いワインレッドなどが人気ですが、今季は赤の色みが強く“いかにも真っ赤”というカラーがトレンドです。

他アイテムを落ち着いた色みで構成すれば、一見カジュアルな赤ニットでも大人っぽく着こなすことができます。普段だと白ニットを合わせたくなるところですが、このように赤ニットを採用するだけで一気にトレンドコーデに仕上がりますよ。

トレンドカラー2オレンジを使ったカラーコーデ

オレンジと言えば蛍光色に近い色みもありますが、それだと夏っぽくて季節外れを助長するようなもの。深い色みのオレンジか、もしくはちょっぴり黒みがかったダークオレンジが今季的です。

オレンジの有効活用は、トレンド感はもちろん、季節感もゲットできるのがメリットです。とはいえ、大胆な色であることや定番色でないという点から、抵抗もあるでしょう。そんな方は、まずは小物で取り入れることからトライしていきましょう。たとえば、オレンジのサコッシュをチョイスすれば、控えめながらトレンドスタイルを主張できますよ。

トレンドカラー3アビスブルーを使ったカラーコーデ

聞き慣れない色かもしれませんが、アビスブルーとは深海のような深みのある藍色のこと。別名・クラシックネイビーと言われるほどシックな色合いで、カジュアルなコーデも上品に見せることが可能です。

たとえばアビスブルーを採用したワントーンルックもこなれ感があっておしゃれ。特にアビスブルーはジーンズとの相性が良く、異なるブルーの組み合わせが簡単におしゃれな雰囲気を演出してくれます。

最後に、トレンドカラーを取り入れる際の注意事項!

レッドとオレンジ、アビスブルーの3色は今季取り入れたいカラーリングの筆頭候補。とはいえ、レッドとオレンジのように彩度が強い色みは、過度に若々しい印象を与えてしまうことも……。そのため、レッドやオレンジを採用するならば、その色みのアイテムは1点使いするのがベターです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK