グラミチとロックス。2大注目ブランドの冬素材クライミングパンツが“アツい”

グラミチとロックス。2大注目ブランドの冬素材クライミングパンツが“アツい”

もはや説明不要の人気モノ「クライミングパンツ」は、秋冬もマークを。なかでも『グラミチ』と『ロックス』という2大ブランドからそれぞれリリースされる別注モノは必見。

編集フカザワ

2017.10.21

グラミチ(Gramicci)
ロックス(Rokx)
ボトムス
クライミングパンツ

冬も欲しいクライミングパンツ。2017年の冬は素材で差をつけよう

どうも、編集フカザワです。急に冷え込んできましたね……。つい先日まで「暑いんですけど、本当に」とか「汗が止まりません」とか言ってた私ですが、ここ数日の気温にそんな言葉は出るはずもなく。ワードローブも急遽見直して、夏に重宝していた『グラミチ』のハーフパンツを封印することに。

そんなこんなで、「よし。(グラミチの)NNパンツを新調しちゃおうかしら」と画策している私は下記記事で紹介した売れに売れまくっているジーンズを第一候補にしてたんですよ。

■参考記事: グラミチのジーンズを購入しない理由が見つからない

そもそも論ですが、私がクライミングパンツLOVEになったのは機能美に惹かれたから。ウェイビングベルトやガゼットクロッチなど、便利ながらもいつものパンツのデザインに溶け込んでいるトコロが好きです(赤面)。で、写真のジーンズを購入しようとした矢先、今の時期にぴったりのアイテムを見つけちゃったので、その共有が本記事というワケです。

クライミングパンツの名手。『グラミチ』はニットフリースで今らしく

私が発見したクライミングパンツは2タイプ。1本は、誰もが愛する『グラミチ』と『ジャーナルスタンダード』のコラボモデルです。

イイっ。イイですよね? 霜降り感たっぷりのライトグレーや太すぎず、細すぎずの絶妙なシルエット。さすがのデザインに説明以前に食いついてしまった方もいるかもしれませんが、一旦落ち着きましょう。

ナイスタッグが生み出したクライミングパンツの魅力は、素材。っていうか、タイトルからして素材に特徴があるパンツをご紹介するのは間違いないですよね。もったいぶっちゃってスミマセン。

で、何が魅力的かというと、暖かく、やわらかなニットフリースを採用している点。防寒性に優れたパンツは、寒い冬のマストハブアイテムですよね。また、色みが異なる糸を使用しているからこその霜降り感がたまりません。休日だけとは言わず、日々の就寝時もはいていたくなるようなリラックス感ある生地にうっとりです。

うーむ。やはり安定感がありますよね、『グラミチ』は。なんというかタグを見ただけで「僕、良品だよ。買って損ナシだよ」と語りかけてくるほどの説得力があるブランドは、そう多くはないでしょう。でも『グラミチ』に負けず劣らずの急成長を遂げているブランドが、実はあるんです!

大注目の『ロックス』は、人気再燃のコーデュロイで勝負

『ロックス』というブランドをご存じでしょうか? TASCLAPでは、2017年夏にリリースした下記記事で話題を呼んだブランドです。

■参考記事: 2017年夏の傑作コラボ。トリプルネームのパンツが秀逸すぎる

記事内でも説明されいますが、同ブランドは『グラミチ』のマイク・グラハム氏が立ち上げたんですよ。その時点で信頼感がググッと高まりますが、プロダクトも秀逸です。

紹介するのは『ジャーナルスタンダード レリューム』の別注アイテム。コーデュロイを採用したクライミングパンツです。2017年秋冬の注目素材を取り入れている時点ですでに食いつきたくなる1本ですが、程良くテーパードがかったシルエットや短めの丈感にも注目したいところ。

クラシカル志向が高まる今シーズンは、コーデュロイパンツを買わずに何を買うのかと私的には考えておりましてね。そんな気分にガチッとハマる細うねの生地感がグッときております。

ベルトやガゼットクロッチなど、『グラミチ』で培われた機能は『ロックス』にも反映されています。本格派なアイテムを望んでいる方にぜひともプッシュしたいブランドです!

ニットフリースか? コーデュロイか?? どちらも注目のクライミングパンツ

ニットフリースもコーデュロイも暖かく、季節感たっぷりの表情が魅力。いずれも組み合わせるトップスを選ぶことなく着られるので、どちらかは買っておきたいですよね。むしろ、両方欲しいところですが、冬物と言えばダウンも欲しい…。

■参考記事: 今買える15型を一挙見せ! カナダグースのダウン指名買いリスト

■参考記事: 生地がスゴイ! ビューティ&ユースと小松精練のダウンを大解剖

懐事情と格闘しながら冬の買い物を楽しみたいと思う編集フカザワなのでした。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK