秋冬はさっぱりがカッコいい。最新メンズショートヘアカタログ

秋冬はさっぱりがカッコいい。最新メンズショートヘアカタログ

ワードローブを秋冬仕様にシフトしたら、ヘアスタイルも秋冬らしくチェンジしましょう。今シーズン注目のショートヘアの中からおすすめの髪型をご紹介します。

橋本 裕一

2017.10.25

ヘア
ヘアスタイル
ショートヘア

意外と知らない。春夏と秋冬でヘアスタイルを変えるべき理由

季節が変われば装いも変わり、それに伴い気分も変化してきます。ヘアスタイルにおいても、ファッションや季節感との親和性を考慮して、その時期にふさわしいものに変えていくのが大人のたしなみです。

もちろん堅苦しく考えるのではなく、いつもの髪を切るタイミングでなじみの美容師さんとのカウンセリングで話をするだけでOK。そのときの気分やこれから買おうとしているアウターなど、何気ない会話の中から最適なスタイルが見つかるはずです。

長らく続くファッションのシンプル至上主義は、この秋冬も継続傾向。髪型に関してもこれまでと同様に、シンプルな着こなしとの親和性を考慮した「ベーシック+ひとさじの個性」を表現したスタイルが主流となりそうです。

つまり、シンプルなカットベースに動きや質感の変化をつけることが、季節感をともなったヘアスタイルのカギ。これから紹介する髪型を参考に、この秋冬にトライすべきネクストワンを探してみてください。

これが好サンプル。今トライしたいメンズショートヘア16選

それでは、秋冬のファッションにもマッチする季節感を加味したメンズのショートスタイルを紹介していきましょう。

重めマッシュとパーマのコラボは秋冬に最適な組み合わせ。前髪は長めに設定していますが、耳回りをすっきりさせることで清潔感はしっかりキープ。ゆったりと揺れ落ちるウェーブがリラックスした空気感を漂わせます。

髪型を秋冬仕様にシフトする術の1つに、スタイル自体の雰囲気を高めることがあります。大人が実践するには、重く仕上げた前髪が好適。マッシュの重さを逆手に捉えてフロントを重厚に作りつつ、サイドとバックをすっきりと。バランスの足し引きがこのスタイルの重要なポイントです。

定番マッシュにモードなエッセンスを加えたい人におすすめなのが、前下がりのシルエット。ヘアを即座にセンスアップさせる即効性があるので、装いを秋冬にシフトするタイミングでトライするとより効果的です。刈り上げを自然に仕上げることで、フロントの雰囲気のある毛流れが引き立ちます。

「コンパクト」ということもシンプルコーデに合うヘアに重要な要素。動くというよりも自然に落ちてくるようなトップからの毛流れが洗練されて見えるのは、この収まりの良いシルエットのおかげ。髪がコンパクトにまとまっているので、小頭効果があり、スタイルアップ効果も期待できます。

微量の空気を含んだようなエアリーな質感は、旬なエフォートレスな雰囲気に直結。サイドとバックをすっきりとさせれば、大人でも実践可能なヘアとして成立します。黒髪でも軽快な雰囲気に見せることができるので、リラックスしたオフの着こなしに合わせる髪型として最適です。

メンズの王道といえる毛束ではなく、面で見せるアプローチにも注目。スリークなタッチによって上品さが備わり、シンプルな着こなしをワンランクアップさせてくれます。目力アップを狙った目の位置ギリギリの前髪は、隙間を作って軽さを演出したのが隠れたポイント。

ランダムに行き交うトップの動きやフロントのラフな毛流れがこのヘアの生命線。定番のマッシュのディテールを崩すことで、今っぽいニュアンス作りに必須な抜け感をゲット。躍動感に加え、軽快さも申し分ないので、黒髪でも十分に実践できるのが大人にはうれしいところ。

リラックス、エフォートレス、抜け感というワードに軸を置く際に有効といえるのが前髪の透け感です。ナチュラルな毛流れのマッシュヘアには、額が透けて見える程度に前髪を軽く仕上げることで前述の要素を満たすことができます。これによりマッシュならではの重さも払拭可能。

前髪の隙間はもちろんパート分けというアプローチでも有効です。マッシュショートの仕上げに隙間をワンポイント加えることで、マッシュの重厚さが和らぎ抜け感がプラスされます。目の真上に分け目を設定することで目力アップという、うれしい副産物もゲットできます。

毛束1本1本がしっかりと動きを主張する強めパーマ。マッシュを軽快に見せるアプローチに加え、ロックマインドを感じさせるディテールとしても効果を発揮します。もちろんしっかりと日常化したうえでのデザインなので、あくまでさりげなく楽しむことができます。

セミウェットな質感は今季ぜひとも取り入れたいディテールのひとつ。シンプルなマッシュにプラスするだけで新鮮な印象を見る人に与えることができ、同時にヘアの洗練度を高めることができます。黒髪でもツヤ感により、軽さを演出できるのがポイントです。

シンプルな着こなしをワンランク上へと導くヘアといえばセンターパートです。前下がりのシルエットとのコラボによってモードなニュアンスが漂います。毛先に弾むようなカール感を加えると、軽快さが加わり、初心者でもトライしやすいヘアにシフトします。

センターパートにたっぷりと動きを加えたスタイルも、シンプルな着こなしに抜群にフィット。毛先がラフに躍動するカールは、ややウエットな質感に仕上げることで毛束の1本単位で存在感を主張し、周りと差別化を図れるポイントに。大人なニュアンスをアピールするのにも最適です。

ラフでラギットなスタイルの象徴ともいえるサイドパートとアップバングのコラボヘアも、ゆったりとした毛流れと毛先の動きを駆使することで、シンプルコーデと絶妙にリンクします。タイトには仕上げずにアンニュイな動きを意識することで、秋冬に最適なニュアンスに満ちたスタイルに着地。

サイドパート×アップバングは、毛先を自由に遊ばせても今っぽい着こなしにフィット。前下がりやセミウェット感など、旬の要素をしっかりとマーしながら仕上げることで、現代のスタイルとして成立。前髪を下ろしても対応可能なアレンジ力の高さも魅力です。

次に「来る」といわれているウルフヘア。サイドをしっかりとシェイプして自然な毛流れで仕上げれば、セクシーさと清潔感を兼備した大人にこそふさわしいスタイルに。えり足が少しあるだけでヘアに奥行きが生まれて小顔にも効果テキメン。今後注目したいスタイルです。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK