ダウンベストの人気ブランド&おすすめモデル【2018】

ダウンベストの人気ブランド&おすすめモデル【2018】

ダウンベストは秋冬の頼れる相棒。豊富なラインアップから選ぶのが難しいという方のために、ダウンベストの実力派ブランドと代表アイテムを厳選しました。

Roaster

2017.10.01

アウター
ダウン
ダウンジャケット

応用力が高い万能着。ダウンベストを手に入れよう

ダウンベストとは、文字通りダウンが詰まったベストのこと。ダウンジャケットとは異なり袖がないのでレイヤードコーデに活用でき、さまざまなコーデに合わせられるのが魅力です。とくに、ここ数年の新作は、軽量なモノばかり。気軽に羽織ることができ、夏以外の3シーズンにも対応できる多様性から、メンズの万能アイテムとして毎シーズン人気のアイテムなんです。

少し肌寒いけど、ヘビーアウターを羽織るにはまだ早い……。そんな時期こそダウンベストの出番ですよね。ニットやパーカーなど、秋冬の代表的なトップスとの相性も抜群です。色や柄、素材のメリハリでバリエーション豊富なスタイリングを可能にする点もダウンベストならでは。

ここ数年で定番化したインナーダウンのチラ見せコーデは、ダウンベストでも応用可能。もはや、秋から冬にかけてのコーデには必須の着こなしとも言えるでしょう。メインアウター1枚では厳しい冬でも、インナーとしてダウンベストを挟むだけで保温性は段違い。クラシックなコートとの組み合わせで異なるテイストをMIXさせるのもおしゃれです。

初心者もダウンベスト好きも大歓迎。ダウンベストの人気ブランド徹底紹介

春・秋・冬に使える汎用性の高いアイテムとして、各ブランドが力を入れ開発に取り組んでいるダウンベスト。とにかくたくさん種類があり、いったいどれが自分に合うのか見つけるのは困難なもの。そんな悩みを打破すべく、ここからはおすすめのブランドと代表アイテムを一挙にご紹介します。

アイテム1『ロッキー マウンテン フェザーベッド』×『ブリーフィング』×『ビームス』

ダウンベストといえば、『ロッキー マウンテン フェザーベッド』の商品を外すことはできません。こちらは『ブリーフィング』、『ビームス』との共同制作アイテム。肉厚のデザインと最高峰のアウトドア製品技術、そしてミルスペックの機能美の組み合わせというパーフェクトな逸品です。ポケットのジップ部分など、ところどころにバッグのディテール的要素が隠れているのも魅力的。

アイテム2『カナダグース』×『フリークスストア』

メイドインカナダにこだわる老舗ブランドの『カナダグース』。南極やエベレスト登山隊への商品提供を行っている彼らが作るそのダウン商材は、もはや説明不要の人気アイテムです。

そんな『カナダグース』のラインアップの中でも、よりタウン向けに着こなしやすく調整されて作られたのが『GARSON VEST』。『フリークスストア』が別注をかけたアイテムは、ダウンのボリュームを適度に調節しているところがポイント。2017年こそは『カナダグース』を、と考えているあなたはダウンベストも候補に入れてみては?

アイテム3『レミレリーフ』

古き良き時代のアメリカを背景に、2008年に立ち上げられた『レミレリーフ』。“HIGH QUALITY OF LIFE”をコンセプトに掲げ、むだを省いた質の高い服作りが魅力のブランドです。

『66ナイロン切替ダウンベスト』は、サイドにアジャススタブルボタンがあしらわれた珍しいデザイン。古着をつなぎ合わせたかのような表地、洗いのかかったナイロン加工が施されたダメージ具合はヴィンテージ好きにはたまらないディテールですね!

アイテム4『ベイフロー』

上品さ、清潔さ、ヘルシーさ、大人っぽさを掲げ、2014年にデビューしたライフスタイルブランド『ベイフロー』。

文字通り、インディゴ染めが施された『インディゴダウンベスト』は、着ぶくれ感の出ないすっきりとしたシルエットの1着。胸部分にはコーデュロイの切り替えがあしらわれています。デニム×デニムスタイルに挑戦してみてはいかがですか?

アイテム5『タトラス』

『タトラス』は、イタリア・ミラノを拠点に活動するアウトフィットレーベル。「機能的」、「洗練された」、「唯一無二の」という普遍的テーマと素材の特徴を生かしきる姿勢で、ファッション業界から一目置かれる存在です。

ミニマルな落ち着いたデザインのダウンベスト『PANARO』は、非常に保温性に優れたアイテム。ダウンの反発のレベルを表すフィルパワーは、通常500フィルパワーが最高質とされていますが、『タトラス』のダウンは驚くべきことに800フィルパワー。「極上を着る」感覚を味わってみませんか?

アイテム6『ザ・ノース・フェイス』

アウトドア用品や衣類、登山用具の制作や販売を手がけるアメリカのアウトドアブランド『ザ・ノース・フェイス』。

『ザ・ノース・フェイス』を代表するNUPTSE VESTはナイロンリップ・クロスを使用。断熱・保温性に優れる600フィルパワーのダウンを中綿に使用しており、とても丈夫で軽量です。

アイテム7『オーシバル』

マリンTシャツからスタートした、フランスの老舗ブランド『オーシバル』。バスクシャツのイメージが強い『オーシバル』ですが、それ以外の商材も魅力のあるモノばかり。

同ブランドのダウンベストは、温かみのあるウールフランネル素材を表地に採用。中綿には非常に軽量で柔らかいダウンフェザーを採用することで、着用のストレスを限りなく少なくしている点もポイント。

アイテム8『ヒューストン』

40年以上前に国内初となるオリジナルのフライトジャケットを制作し、販売した、日本を代表するミリタリーブランドである『ヒューストン』。

ミリタリーベストには、通常のダウンの2倍近い保温機能を発揮するシンサレートの中綿を採用しております。フラップポケットを4つ、スラッシュポケットを2つ、さらに内ポケットが2つの計8つのポケットが搭載されたユニークなデザインも必見です。

    KEYWORD関連キーワード

    BACK